非エンジニアでもプログラミング知識を習得したい!無料体験ありのITスクール

スポンサーリンク

現代の日本は、

AIなどのIT技術の飛躍的な進歩

少子高齢化による労働人口の減少による、業務の効率化の必要性

などに伴い、ITエンジニアの需要が高まっています。

そのため、ITエンジニアの採用に力を入れている企業も非常に多い状況です。

AIやIoTへの注目の高まりとともに、IT企業の人材獲得競争が激しさを増している。国内ではエンジニアが不足する中、各社が外国人人材の採用に力を入れている。

引用:FNN PRIME「過熱するIT人材争奪戦!「ベトナム」に熱視線」より

そんな状況ですので、

非エンジニアの方でも、日頃の業務などでエンジニアとコミュニケーションをとる機会がある方も非常に多い

のではないでしょうか?

今回は、非エンジニアとエンジニアのコミュニケーションなどに関する話題です。

非エンジニアとエンジニアのコミュニケーションについて

冒頭でも触れましたように、ITエンジニアの採用に積極的な企業は非常に多いです。

そのため、非エンジニアとエンジニアがコミュニケーションをとる機会というのも非常に多くなっている状況です。

エンジニアの方とのコミュニケーションで、不愉快な経験をしたことはありませんか?

ところで、非エンジニアの方で、

エンジニアと上手くコミュニケーションを取れない

だけならまだしも、

上手くコミュニケーションをとれない挙げ句、エンジニアの方からなめられる

などいった、不愉快な経験をした事のある方も多いのではないでしょうか?

職場の雰囲気が悪くなる事も多い

これは個人的な主観も入りますが、エンジニアの方って、

人とのコミュニケーションが苦手な方

ちょっと(あるいはかなり)変わった方、ストレートに言えば変人

も少なくないように思います(笑)

それでいて、エンジニアの方は、非エンジニアにはおそらく難しいであろう専門用語や、理屈でごり押して来る方も多く、

全く話がかみ合わない挙句、雰囲気が悪くなる

という状況もよく見受けられるように思います。

エンジニア側の気持ちも分かる

とはいえ、エンジニア側の気持ちも分からなくもないです。

もちろん人にもよりますが、

非エンジニアの方からの提案や要件って

曖昧だったり

雑だったり

考え抜いていなかったり

という場合も少なくないように思います。

プログラムは、書いた通りにしか動かない

当たり前ですが、

プログラムは、書いた通りにしか動きません。

「さじ加減」みたいなものは基本的にありません。

成功処理からエラー時の処理まで、全てしっかり書かないと動かないです。

例えばエクセルあたりで言いますと、関数がエラーになった際にどのようなエラーか分かるように表示されるのは、開発者がそのようにプログラムを書いてくれているからであって、何もプログラムが無ければ何も起こりません。

しかし、その事を認識している非エンジニアの方って意外と少ないのではないかと思います。

そういった意味で、

全てを考え抜かないとならないエンジニア

考えているようで考えきっていない非エンジニア

の間に溝が出来やすいのかなと、個人的に感じる事もあります。

非エンジニアにプログラミング知識は必要か?

ところで、

本当に非エンジニアにプログラミング知識は必要なのか?

という点についてですが、下記の記事によると、非エンジニアがプログラミングを学ぶべき理由として、

・プログラミングの「考え方」が身につく

・プログラミングで「できる」ことを知れる

・エンジニアとのコミュニケーションが円滑になる

の3点が挙げられており、

・重要なのは「使える」ではなく「知る」こと

という言葉で締めくくられています。

これについては私も全く同感でして、やはり何事においても、まずは「知る」努力をするというのは非常に大事な事であるように思います。

業務レベルでプログラミングを使いこなせるのがベストではありますが、それよりも重要なのは「プログラミングでできることを知る」こと。

基本的な知識をいれておくだけでも、エンジニアとのコミュニケーションが円滑化し、自身の作業も大きく効率化できます。

使うことがないからとプログラミングを敬遠している方は、ぜひプログラミングを学んでみてください。きっと活きる機会があるはずです。

引用:ビヨンドNEWS「非エンジニアが「プログラミング」を学ぶべき3つの理由」より

非エンジニアがプログラミング知識を身につけるには?

ちょっと変わった方も少なくないエンジニアですが、やはりそれ相応に努力を積み重ねて知識やスキルを習得しています。

もちろん、非エンジニアの方が努力をしていないという事ではないのですが、冒頭でも触れましたように、現代日本はIT社会の真っ只中です。

先ほどご紹介した記事にもありましたように、非エンジニアの方でも、完全にエンジニアにはならなくとも、最低限のプログラミング知識を身につけておく事で、

・プログラミングの「考え方」が身につく

・プログラミングで「できる」ことを知れる

・エンジニアとのコミュニケーションが円滑になる

などといったメリットがありますし、なにより、

今後ますます加熱するIT社会を生き抜いていく上で必要不可欠な要素

ではないでしょうか?

そこでここからは、非エンジニアの方でもプログラミング知識を身につける事ができるITスクールをご紹介します。

無料体験あり!非エンジニアでもプログラミング知識を習得できるオンラインスクール「テックアカデミー」の『はじめてのプログラミングコース』

テックアカデミー「はじめてのプログラミングコース」は、

主に非エンジニアを対象とした、プログラミング知識の基礎を学習できる

オンライン学習コース

です。

実際にWebサイトのプログラミングを行いながらWebサイトの仕組みを理解する事ができ、疑問点があれば現役エンジニアによるチャットサポートなどによりすぐに解決することができます。

・エンジニアとのコミュニケーションを円滑にしたい方

・スキルアップを目指す方

などにおすすめできるコースで、

無料体験

もあるため、プログラミングスクールを初めて利用する方でも、まずは講義の様子を確認してからスタートする事ができるため安心です。

※関連記事

近年の日本は、 プログラミングスキルの習得が当たり前 の時代になりつつあります。 文部科学省や大手企業など、様々な...

まとめ

今回は、

非エンジニアとエンジニアのコミュニケーション

などに関する話題についてご紹介してきました。

繰り返しにはなってしまいますが、現代日本はIT社会の真っ只中です。

たとえ非エンジニアの方でも、

エンジニアと円滑にコミュニケーションをとる為の努力を怠らない事が、今後ますます加熱するIT社会を生き抜いていく上で必要不可欠な要素

ではないでしょうか?

※関連記事

近年の日本は、 プログラミングスキルの習得が当たり前 の時代になりつつあります。 文部科学省や大手企業など、様々な...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする