店舗に複数のスマホ決済をまとめて導入できる!「TakeMe Pay」とは?

近年の日本は、

キャッシュレス決済

の普及が進みつつあります。

いや、厳密に言いますと、

キャッシュレス決済を普及させようとしている人がいる

といった方が適切かもしれません(笑)

まあそれはさておき、キャッシュレス決済にも「クレジットカード」や「電子マネー」などありますが、今回は、

店舗への複数の「スマホ決済」導入

などに関する話題です。

人気のスマホ決済は?

スマホ決済にも非常に多くの種類がありますが、まずは、

人気のスマホ決済

について見ていきたいと思います。

「PayPay」の利用率が非常に高い

BCN+R「利用したことがあるスマホ決済」によると、スマホ決済アプリの中では、

PayPay

が頭一つ抜けて利用率が高く、

楽天ペイ

LINE Pay

d払い

が後を追っているというのが現状のようです。

スマートフォン(スマホ)アプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」を運営するナイルが、2019年10月11~18日に実施したアンケート調査によると、「利用したことがあるスマホ決済」でPayPayが37.6%で最も高く抜きんでた形で、続いて楽天ペイ(24.2%)が2位、LINE Pay(23.0%)が3位という結果になった。

引用:BCN+R「利用したことがあるスマホ決済」より

スマホ決済アプリ乱立時代の到来

上記の調査の中だけでも8つものスマホ決済アプリがありますが、それ以外にもスマホ決済アプリは多数存在しています。

さらには、登場した瞬間に消滅した「セブンペイ」をまだ覚えている方もいらっしゃるかと思います。

これらの状況を踏まえますと、現代日本は有象無象のスマホ決済アプリが乱立する、

スマホ決済アプリ乱立時代

といっても過言ではない状況です。

伸びしろの大きい「スマホ決済」

ちなみにそんな私も一応、

PayPay

に登録していますが、実際のところ、登録したけどあまり活用していないというのが正直なところです。

生活スタイルの都合上、つい交通系電子マネーで「ピッ」とやってしまうため、PayPayの出番はネットショッピング程度というのが2019年現在の使い方です・・・

ただ少々余談にはなりますが、この記事を書いている直前には、

PCのセキュリティソフトの購入

で、いつの間にか貯まっていたPayPay残高を大きく消化しました。

正直、かなりお得感があったのは否定できません(笑)

まあ私の事はさておき、実際下記の調査でも、

スマホ決済を利用していない人は70.1%

とされており、2019年現在の日本におけるスマホ決済の普及はまだまだこれからといった状況のようです。

一方、スマホキャッシュレス決済を利用していない人は7割超(70.1%)と、世界で進むキャッシュレス化の波に、乗り遅れ気味な日本の現状が明らかに。

スマホ決済を設定しない理由を尋ねると、「不正利用などのセキュリティーに不安がある」(71.2%)が圧倒的に多く、次いで「ほかの決済方法(現金やカード払い)に慣れている」(48.8%)、「どのスマホ決済アプリを入れるべきか決めかねる」(30.4%)と続いた。

引用:マイナビニュース「7割超がスマホ決済を利用せず – 理由は?」より

「スマホ決済」市場は今後急速に拡大すると予測されている

ただ逆に言えば、

まだまだ伸びしろが大きいのもスマホ決済の特徴

とも言えますし、

対応していないスマホ決済がある事により、貴重な顧客を逃してしまう

という事も十分に考えられます。

実際、下記の調査によると、

2018年度に約1.1兆円だったモバイル電子マネー・QR/バーコード決済額は、2020年度に2.9兆円規模に成長する

と予測され、その中でも、

2018年度に2000億円だったPayPayやLINE Payなどのコード決済市場は、2020年度には1.5兆円まで急拡大する

と予測されています。

今後の市場動向を見ても、

店舗を運営して売上を拡大していく上では、先を見越したスマホ決済システムの導入は必須

であると言えます。

 調査会社のICT総研が発表した「2019年度 モバイルキャッシュレス決済の市場動向調査」によると、2018年度に約1.1兆円だったモバイル電子マネー・QR/バーコード決済額は、20年度に2.9兆円規模に成長するという。スマートフォン(スマホ)決済サービスの普及や消費税増税に伴う「キャッシュレス・消費者還元事業」が成長を後押しすると、同社は予測している。

18年のカードタイプを含めた電子マネー決済額は約6兆円。このうち、楽天EdyやSuica、iDといったモバイル電子マネーは0.9兆円だった。

19年度に1.1兆円、20年度に1.4兆円へと拡大する見通しだ。

PayPayやLINE Payなどのコード決済額は、19年に0.7兆円、20年度に1.5兆円へと急拡大するという。

引用:BCN+R「スマホ決済市場、2020年には約3兆円規模 ICT総研が調査」より

複数のスマホ決済アプリに対応する店舗側も大変・・・

スマホ決済アプリが乱立する一方で、大変なのは、

複数のスマホ決済アプリに対応しなければならない店舗側

ですが、店舗によって利用できるスマホ決済アプリと、利用できない決済アプリが存在するのが現状です。

そして、

利用する店舗に応じて、利用するスマホ決済アプリを変更しなければならないユーザー側もまた大変

です。

対応するスマホ決済アプリが異なる店舗をまたいで利用する場合には、ユーザーも複数アプリのインストールが必要

となってしまいます。

店舗に複数のスマホ決済をまとめて導入方法は?

乱立するスマホ決済アプリ

対応しきれない店舗側

複数アプリをインストールしなければならないユーザー

など、なかなか混沌としているスマホ決済業界ですが、

店舗に複数のスマホ決済まとめて導入する事のできるサービス

が存在するのをご存知でしょうか?

専用のQRコードをお店に設置するだけで、20種類のスマホ決済方法全てで支払い可能になる「TakeMe Pay」

【TakeMe Pay】

は、

専用のQRコードをお店に設置するだけで、20種類のスマホ決済方法全てで支払い可能になる

というQRコード決済サービスです。

導入店舗:4万店以上

の実績があり、

・初期導入費0円

・入金手数料0円

・多言語対応

などといった特徴もあります。


引用:【TakeMe Pay】

【TakeMe Pay】

を導入する事で、簡単に複数のスマホ決済をお店に導入する事ができます。

まとめ

今回は、

店舗への複数の「スマホ決済」導入

などに関する話題についてご紹介してきました。

乱立するスマホ決済をひとつひとつお店に導入していては非常に手間がかかってしまいますが、

【TakeMe Pay】

を導入する事で、簡単に複数のスマホ決済をお店に導入する事ができます。

今後の市場を見据えて複数のスマホ決済をお店に導入するのは非常に重要ですが、もし、

まだお店にスマホ決済を導入していない

うちのお店は対応しているスマホ決済が少ない

などと言った場合、

【TakeMe Pay】

の導入も検討されてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする