ドコモショップが完全予約制に?待ち時間が少ないキャリアショップを考察する

みなさんは、携帯電話はどのキャリアのものを利用していますか?

携帯電話のショップ(以下、キャリアショップ)といえば、店内で長い事待たされた経験のある方も少なくないと思います。

そんなキャリアショップですが、どうやら2019年に大きな動きがあるようです。

今回は、携帯電話のキャリアと、キャリアショップに関する話題です。

ドコモショップが「完全予約制」に?

先日、2019年からドコモショップが「完全予約制」になるという情報が流れました。

ドコモショップが、2019年から完全予約制になる。

混雑が常態化し、ときには2時間以上の待ち時間を案内されるドコモショップの待ち時間が、完全予約制になることで解消され、待たされるストレスから解放されることで、サービス満足度が向上すると考えられている。

引用:産経新聞社ホームページ「ドコモショップ完全予約制の「期待と不安」--販売スタッフが漏らす「本音」」より

ショップ受付を「完全予約制」にすることで、利用者が待ち時間なく相談やサポートを受けられるようにする事が目的のようです。

個人的にはまず、

ある程度免疫のある人間でさえ辟易とするような、複雑な料金の仕組み

などからどうにかして、説明時間を短縮するべきであるようにも思うのですが…

本当に待ち時間は無くなるのか?

まず、「完全予約制」にする事で待ち時間が本当に無くなるのかについて考えてみたいと思います。

全ての手続きが時間通りに進めば、「予約できた人」の待ち時間は無くなる

まあ当然ではありますが、全ての手続きが時間通りに進めば、「予約できた人」の待ち時間は無くなると思われます。

しかし、それはあくまでも

「手続きが時間通りに進めば」

の話です。

さらに「完全予約制」の導入により、これまでにはなかったトラブルの発生も懸念されており、時間通りに手続きが進むかどうかは正直疑問の残るところです。

その「この日なら」と時間を作ってきた中で、完全予約制を知らずに来店しても店舗は対応できず、この利用者には諦めてもらうしかない。そこからクレームに発展する可能性を危惧する声は大きかった。

引用:産経新聞社ホームページ「ドコモショップ完全予約制の「期待と不安」--販売スタッフが漏らす「本音」」より

もし予約できなかった場合、「数日待ち」や「数週待ち」になるのでは?

しかし「完全予約制」を導入していない現在でもすでに、

いつ行っても1時間以上待ち

のような店舗が「完全予約制」を導入した場合はどうなるのでしょう?

それらの人々を綺麗に予約枠に並べていった場合、

予約出来なかった方の待ち時間は「数日待ち」

さらに、

土日祝日など、特定の曜日にしか店舗を足を運べない方になると「数週間待ち」

になる可能性すら考えられます。

故障などの急な相談は大丈夫か?

さらに、故障などの急な相談に関する問題もあります。

現段階では

「完全予約制でも、特定の時間帯や要件は当日でも受付をする」

といったアナウンスされているそうですが、「特定の時間帯」って何なんでしょうね…

今度はその「特定の時間帯」が「数時間待ち」になりそうな気もしますが、どうも曖昧で計画性が感じられない気はしますね・・・

現段階では
「完全予約制でも、特定の時間帯や要件は当日でも受付をする」
といったアナウンスされていますが、果たして
・どの時間帯なら当日でも受け付けてくれるのか
・どんな相談、手続きなら当日でも受け付けてくれるのか
など、内容や詳細は不明です。

引用:livedoorNEWS「店も利用者も不幸に?ドコモショップ「完全予約制」の懸念点は」より

どのキャリアショップ待ち時間が短いのかを考える

ここからは、どのキャリアショップの待ち時間が一番短いのかについて考えてみたいと思います。

各キャリアの契約数とキャリアショップの店舗数から、どのキャリアショップの待ち時間が一番短いか考えてみた

まず、3大キャリアの

「契約数」

「総店舗数」

「契約数/店舗数」(1店舗あたりの契約数)

について見ていきたいと思います。

キャリア名 契約数(台) ※2018年 総店舗数 ※2018年5月下旬 契約数/店舗数(台)
ドコモ 76,746,000 2,261 33,943
au 52,890,600 2,459 21,509
ソフトバンク 39,911,400 2,397 16,651

※契約数:一般社団法人電気通信事業者協会「事業者別契約数」より引用

※店舗数:ケータイWatch「キャリアショップ展開状況に関する調査結果」より引用

「1店舗あたり」の契約数が多いのは「ドコモ」

上記の表を見ていただくと分かりますが、3大キャリアで

最も契約数が多いキャリアは「ドコモ」

ですが、実は

全国の総店舗数が最も少ないのも「ドコモ」

です。

それに伴い、「契約数/店舗数」(1店舗あたりの契約数)も33,943台と最も多くなっています。

それは店舗での待ち時間が長くなるのも当然のように思います…

「1店舗あたり」の契約数が一番少ないのは「ソフトバンク」

さらに3大キャリアで

最も契約数が少ないキャリアは「ソフトバンク」

ですが、実は

「ソフトバンク」の全国の総店舗数は「ドコモ」より多い

です。

「ソフトバンク」キャリアショップの1店舗あたりの契約数は16,651台

になりますので、単純計算にはなりますが、

「ソフトバンク」の店舗での待ち時間は「ドコモ」の約半分

になる事が想定され、さらに

キャリアショップの中で一番待ち時間が短いのは「ソフトバンク」

である事が想定されます。

お得にソフトバンクに乗り換えるには?

今後、キャリアショップの予約などでストレスを感じたくないと思われる方は、このタイミングでソフトバンクに乗り換えるのも1つの選択肢です。

お得にソフトバンクに乗り換える方法としては、「おとくケータイ.net」というサービスがあります。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

「おとくケータイ.net」は、

ソフトバンクに乗り換えるとキャッシュバックがもらえる

サービスです。

キャッシュバック額は機種や時期によりますが、私が乗り換えた際は30,000円でした。

さらに、

一度も店舗に足を運ぶ事なく手続きが完了できる

ため、店舗での待ち時間などとは無縁です。

「おとくケータイ.net」についてはこちらの記事でも利用時の体験談をご紹介していますが、全く問題のない、非常に実績のあるサービスです。

みなさんがスマホを変えるのはどんなタイミングでしょうか? 1:年数縛りが終わるとき 2:最新の機種が出たとき 3:...

もしソフトバンクへの乗り換えを検討しているという方がいらっしゃいましたら、

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

は非常におすすめできるサービスです。

関連記事:「おとくケータイ.net」の利用体験談やお得なキャンペーン情報など

みなさんがスマホを変えるのはどんなタイミングでしょうか? 1:年数縛りが終わるとき 2:最新の機種が出たとき 3:...

関連記事:「おとくケータイ.net」以外のキャッシュバック情報など

以前の記事では、「おとくケータイ.net」からソフトバンクに乗り換え(MNP)することで、高額キャッシュバックを獲得した体験談などに...

ドコモの通信エリアを使いたい場合

現在ドコモと契約中で、これからもドコモの通信エリアをそのまま使いたいという場合は、

楽天モバイル

に乗り換えるのも選択肢の一つです。

楽天モバイル

は、楽天市場や楽天トラベルなどでもおなじみの「楽天グループ」によるサービスで、

・月額料金の安さ

・ドコモの通信エリアを使える

・通信スピードもドコモと同じ

・月々の支払で楽天スーパーポイントが貯まる

・契約中は、楽天市場で獲得できるポイントが常に2倍

などといった特徴があるサービスです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする