『白』い『氣守』頒布が休止、ペット連れ参拝禁止になった三峯神社への参拝記

埼玉県秩父市の三峯神社といえば、今ではすっかり有名な神社になったように思います。

しかし、2018年から2019年にかけては、

・2018年6月1日より、『白』い『氣守』頒布の休止 ※2019年現在、一部限定条件付きで頒布中とのこと

・2019年7月1日より、ペット連れ参拝禁止

など、様々な変化が起こっているようです。

『白』い『氣守』頒布の休止について

平素当社を御崇敬賜り厚く御礼申し上げます。

さて、平成30年4月1日(日)の『白』い『氣守』の頒布に際し、周辺道路が大渋滞となり、近隣住民の皆様をはじめ周辺道路を利用する皆様に御迷惑をお掛け致しました事、深くお詫び申し上げます。

これまで『白』い『氣守』頒布日の渋滞について関係機関と連携し、対策を協議・実行してまいりました。

しかし、抜本的な解決には至っておらず、このままでは更なる混乱を招きかねないことから、平成30年6月1日(金)から確実な解決策が整うまでの間、やむを得ず『白』い『氣守』の頒布を休止させていただくことと致しました。

次回以降の頒布を心待ちにしていただいた皆様、また、平成25年7月から30年5月の頒布まで、長時間お待ちいただき『白』い『氣守』をお受けになられた皆様には、心よりお詫び申し上げますとともに、この苦渋の決断をどうか御理解いただきますよう切にお願い申し上げます。

引用:三峯神社「『白』い『氣守』頒布の休止について」より

● ペット連れでのご参拝に関して

当社では、長年にわたり境内(社殿等の建物以外)へのペット同伴を黙認して参りました。

特に神様の使いとして狼を祀り、古くから「お犬さま・山犬・御眷属様」と親しまれており、殊更身近な存在で、神社としても大切に考えております。

しかしながら今般、一部の方の心無い振舞いにより信仰の場としての神社の尊厳維持が困難になりかねない事態が起き、熟慮を重ねた結果、誠に遺憾ながら令和元年7月1日よりペット連れでの境内立ち入りをお控えいただくことと決定させていただきました。

ご参拝を楽しみにされていた皆様方には大変申し訳なく、またペットを連れてお越しの方の殆が周囲に気を配られ、穏やかに境内でお過ごしいただいていたこともあり、神社としても断腸の思いであります。

歴史ある神社境内の信仰環境護持・清浄の維持は神社職員にとり重要な務めゆえ、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

※盲導犬・聴導犬・介助犬等の補助犬につきましては今までどおりお入りいただけます。

引用:三峯神社「ペット連れでのご参拝に関して」より

そんな私はここ3年~4年ほど、三峯神社への参拝には行っていませんでした。

単純に忙しかったというのもありますが、前回参拝時に、「ここ数年で、聖地というよりはすっかり観光地化したな~・・・」という印象も強かったので、少しづつ足が遠のいていたというのも正直なところです。

しかし先ほどご紹介した変化により、その後の三峯神社はどうなったのかな~と思いまして、数年ぶりの参拝をさせていただきました。

そしてペットはいなくなった

まあ当たり前ですが、ペット連れの参拝者は全くいなくなりました。

とりあえず、境内が静かになったのは確かであるように思います(苦笑)

先ほどご紹介した三峯神社のコメント、

特に神様の使いとして狼を祀り、古くから「お犬さま・山犬・御眷属様」と親しまれており、殊更身近な存在で、神社としても大切に考えております。

などからも分かるように、お犬さまを大切にする神社が自ら犬を排除するというのは、まさに「断腸の思い」だったであろうと思います。

また、

一部の方の心無い振舞いにより信仰の場としての神社の尊厳維持が困難になりかねない事態が起き

との事ですが、私が想像しているような事なのか、それ以上の事態なのかは分かりません。

ただ、以前の記事、

先日、久しぶりに御岳山と武蔵御嶽神社へ行ってきました。 紅葉の見頃にはまだちょっと時期が早かったのか、どちらかというと「黄葉」...

などでも触れた事がありますが、犬連れで参拝ができる神社には、東京都青梅市の武蔵御嶽神社があります。

三峯神社と同じく、由緒が日本武尊の故事によるためですが、以前、武蔵御嶽神社で、

「なんで犬用のお菓子があって、猫用は無いのよ!」

と大声で発言している年配女性がいらっしゃいました。

まあ色々突っ込みたいところではあるものの、そもそも、

ペットや犬連れで参拝できる神社は、日本にはほとんどありません。

武蔵御嶽神社や、以前の三峯神社は、本当に特別、例外中の例外です。

基本、ペット連れの神社参拝はどこに行ってもダメです。

武蔵御嶽神社でも犬連れ参拝者のマナー悪化により、本殿奥の玉垣内などは犬連れの参拝が禁止になっているようですが、

犬を連れて参拝できる神社は、本当にごく一部である

という点を理解し、

なぜ犬を連れて参拝しても大丈夫なのか、その由緒

を学び、これからも犬を連れた参拝が気持ちよくできるように、愛犬と一緒に歩く事ができる大切な場所が無くなってしまわないように、神社の参拝マナーを今一度見つめなおすべきであるように思います。

奥宮参道の階段が白光りしていた(笑)

まあ堅苦しい話はこれくらいにして、私が三峯神社に参拝するという事は、もちろん「奥宮」にも参拝するという事であります!

以前の記事、

今回は前回に続き、妙法ヶ岳にある三峯神社の奥宮へと登拝します! 妙法ヶ岳は埼玉県秩父市にある標高1,329mの山で、山頂には三峯神社の...

で、

参道の階段が改修されたらしいので確認したい

と宣言していた事もあり、遅ればせながら実際に確認する機会に恵まれました。

以前の階段はだいぶ傷んでおり、奥宮への参道で一番怖いのは木の階段だと思うほどでしたが・・・

以前とは打って変わって、なんだか白光りしていましたw

変わり過ぎていて、ちょっと笑ってしまいました(笑)

三峯神社の奥宮参道にも、

近代化の波?

が押し寄せているんですかねw

ちなみに以前と比べれば全然危なくないです。

鳥居が・・・

あと気になった点としては、奥宮参道の途中にある、私が特に好きな鳥居です。

(奥宮参道の最後の鳥居であるはずです)

こちらの鳥居、足元をよく見ると大分痛んできています。

このままだとそう長くは持たないですかね・・・

今後修繕するのか、建て替えるのかは分かりませんが、もしかしたらこの鳥居も今回が見納めかもしれないと思うと、少し寂しくなりました。

伊勢神宮・・・?

こちら摂末社のうちの「伊勢神宮」ですが、本物の伊勢神宮を彷彿とさせるその見た目に、おもわず写真を撮ってしまいました(笑)

以前参拝した時は、確か大規模な建て替えかなにかをしていたような気がします。

痛々しいご神木・・・

あと、本殿近くにあるご神木ですが、触られすぎて痛々しく見えるのは私だけでしょうか・・・?

なんだかもう変色、変形していますし、これってこれで良いのでしょうか?

心なしか触る方も大分減っているようにも感じましたが、少なくとも私はもうベタベタと触りたいとはとても思えないです・・・

まとめ

今回は、

・2018年6月1日より、『白』い『氣守』頒布の休止 ※2019年現在、一部限定条件付きで頒布中とのこと

・2019年7月1日より、ペット連れ参拝禁止

など、様々な変化が起こったその後の三峯神社についてご紹介してきました。

由緒ある神社の運営というのも色々と大変ではあるかと思いますが、今回数年ぶりに参拝した個人的な印象としては、

以前の好きだった三峯神社に戻りつつある

という感じです。

ただ心なしか、働いている方々がちょっとピリピリしてますかね?

もしかしたら色々な出来事があって、少し疲弊しているのかもしれません。

(私の勘違いかもしれません)

まあそれはさておき、もし私と同じように、観光地化した三峯神社から足が遠のいていたという方がいらっしゃいましたら、ぜひ久しぶりに参拝されてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする