B級?マイナー?おすすめのメロディックHR/HMアーティスト&楽曲8選

今回は、おすすめのHR/HM系アーティストの楽曲の中から、

B級

マイナー

と呼ばれそうなアーティストや楽曲に絞ってご紹介します。

正直「B級」という言葉はあまり好きではない上に、B級の定義も曖昧な気もしますが、そこは独断と偏見に任せてざっくり行きたいと思いますのでご了承ください(笑)

ご紹介する前に

ところで、2018年の後半から

AmazonMusicUnlimited

という、

最大6,500万曲以上の音楽が聴き放題 ※2019年3月現在

の便利なサービスが登場しました。

せっかくですので、2019年3月現在

AmazonMusicUnlimited

で視聴できる曲の中からご紹介していきたいと思います。

B級?マイナー?おすすめHR/HMアーティスト&楽曲8選

STRATOVARIUS(ストラトヴァリウス):「Out of the Shadows」

【アーティスト名】STRATOVARIUS(ストラトヴァリウス)

【楽曲名】Out of the Shadows(Original Version)

【収録アルバム】

Twilight Time

「STRATOVARIUS」(ストラトヴァリウス)というと、

マイナーじゃないじゃん!

という声も聞こえてきそうですが(笑)、1992年に発売された2ndアルバム「Twilight Time」の時点においては十分マイナーだと思います。

「Twilight Time」というと「Hands of Time」の方を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ここはあえて「Out of the Shadows」の方を推してみたいと思います。

SYMPHONY X(シンフォニーエックス):「Thorns of Sorrow」

【アーティスト名】SYMPHONY X(シンフォニーエックス)

【楽曲名】Thorns of Sorrow

【収録アルバム】

シンフォニー・エックス

「SYMPHONY X」(シンフォニーエックス)というと、またまた

マイナーじゃないじゃん!

という声も聞こえてきそうですが(笑)、2004年に発売されたデビューアルバム「SYMPHONY X」の時点においてはこちらも十分マイナーだと思います。

しかしこの頃に比べると、後々はけっこうヘビーになったりなどの変化を感じますね・・・

Narnia(ナーニア):「The Witch and the Lion

【アーティスト名】Narnia(ナーニア)

【楽曲名】The Witch and the Lion

【収録アルバム】

デザートランド

Amazonなどで検索すると、「ナルニア国物語」などと混ざって少々厄介なのが、「Narnia」(ナーニア)です(笑)

あと、特に初期はイングヴェイ・マルムスティーンの影響が強すぎるとも言われる事もあるかもしれませんが、個人的には別にどうでも良いというか、むしろ初期の方が良かった気も・・・

Harmony(ハーモニー):「Eternity」

【アーティスト名】Harmony(ハーモニー)

【楽曲名】Eternity

【収録アルバム】

Remembrance Ep

個人的にけっこう好きなのが、この「Harmony」(ハーモニー)です。

強いて不満を挙げるとすれば、ギターソロの後の間奏がちょっとムダに長い気もしますが、私が作曲者の意図を汲みきれていないだけかもしれません。

Artical(アーティカル):「Run Like the Wind」

【アーティスト名】Artical(アーティカル)

【楽曲名】Run Like the Wind

【収録アルバム】

Illusion X

「イングヴェイ・マルムスティーン」バンドや「Ring Of Fire」などでの活動でも知られる、その筋では有名なシンガー「マーク・ボールズ」が参加しているのが「Artical」(アーティカル)の「Illusion X」です。

正直なところこのバンドに関する情報をあまり持っていないのですが(調べろよ!って感じですがw)、「Run Like the Wind」や「Chasing My Life」など、勢いのある曲も揃っています。

歌の方も、やっぱりさすが「マーク・ボールズ」です。

Steelheart(スティールハート):「She’s Gone(Live)」

【アーティスト名】Steelheart(スティールハート)

【楽曲名】She’s Gone(Live)

【収録アルバム】

ロックン・ミラン【CD+DVD】

長期の活動停止期間後、2000年代から突然?活動再開したのが、「Steelheart」(スティールハート)です。

「Rock’n’Roll(I Just Wanna)(Live)」も良いですが、ここはやはり「She’s Gone(Live)」を推します。

Treat(トリート):「The War Is Over」

【アーティスト名】Treat(トリート)

【楽曲名】The War Is Over

【収録アルバム】

Coup De Grace

こちらは1983年にスウェーデンで結成され、1990年代前半の解散後、2006年に突然?再結成した「Treat」(トリート)です。

今改めて振り返ってみると、かなり歴史のあるバンドですね・・・

特に「The War Is Over」は大好きな曲です。

At Vance(アット・ヴァンス):「Flying High」

【アーティスト名】At Vance(アット・ヴァンス)

【楽曲名】Flying High

【収録アルバム】

Decade

「At Vance」(アット・ヴァンス)はドイツのバンドで、「Flying High」は1999年に発売された1stアルバムに収録されていた曲です。

1stアルバムの時から大好きなバンドで、もっと大きくなるかと期待もしていたのですが、その後何枚もアルバムを発売したものの、思ったより大きくならなかった気がするのは少々残念なところです。

まとめ

今回は、

AmazonMusicUnlimited

で2019年3月現在視聴できる、おすすめのHR/HM系アーティストの楽曲の中から、

B級

マイナー

と呼ばれそうなアーティストや楽曲に絞ってご紹介してきました。

正直、「B級」や「マイナー」と呼ぶのは失礼な気もしますが(苦笑)、また何か思い出したり発見したりしたら、追加していきたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする