朝起きれない!寝坊対策におすすめの「光目覚し時計inti(インティ)」とは?

スポンサーリンク

人間が生きていく上で避ける事のできない問題の一つに、

寝坊

があります。

朝起きれない!

目覚めが悪い!

など、いっその事

「朝なんて来なければいいのに!」

と思っている方も少なくないものと思います。

(言いすぎでしょうか 笑)

しかし、空に太陽がある限り、朝は必ずやってきます。

今回は、

・快適な目覚め方

・寝坊対策

などに関する話題です。

起きる事に対する不安

まず、毎朝の起床に不安を感じている人はどれくらいいるのでしょうか?

新社会人は特に毎朝の起床が不安、ベテランになってもやっぱり不安

下記の社会人を対象とした調査によると、

毎朝の起床を「不安」と回答した社会人の割合

は、

・ベテラン社会人:44.5%

・新社会人:66.5%

となっており、特に新社会人は毎朝の起床に対してかなりの不安を感じる方も多いようです。

まあ、それはそうですよね・・・

入社早々寝坊で遅刻とか、どの面下げて出社すれば良いのか、想像しただけで恐ろしいです・・・

しかしベテランでもやはり半数近くが毎朝の起床に対して不安を感じているようですので、やはり「朝起きる」というのは年代を問わない課題であるようです。

2. 新社会人の約3人に2人が「毎朝しっかり早く起きられるかどうか」を不安に思っている

「毎朝しっかり早く起きられるかどうか」を不安に思う人は新社会人の66.5%で、近年話題となっている「残業時間について」(66.5%)、「飲み会などの参加」(58.5%)、「パワハラやセクハラの問題」(45.8%) などと同等かそれ以上に不安視していることが分かりました。また、ベテラン社会人との比較においても、昔の新社会人に比べて「不安」と回答している人の割合が22ポイント高い結果となっています。

また、現在「早起きが得意かどうか」について質問したところ、新社会人で得意 (TOP2) と回答した人は43.0%にとどまるのに対して、ベテラン社会人では58.8%が得意 (TOP2) と回答。新社会人は早起きに苦手意識を持っている人が多いことがうかがえる結果となりました。

引用:KDDI『「新社会人の不安と起床に関する意識調査」』より

目覚めを良くする方法は?

それでは、

目覚めを良くする方法

には、どのようなものがあるのでしょうか?

鍵になるのは「朝の光」

下記の記事によると、

朝の光

が鍵として挙げられています。

さらに、

・朝はカーテンを開けて太陽光を部屋に取り入れる

・通学時に明るい空を見上げる

・休みの日でも、平日と同じ時間に起き、朝の光を浴びる

・毎朝決まった時間に朝食を食べる

などといった点もポイントとして挙げられています。

朝の目覚めを良くする鍵は「朝の光」。私たちの体内時計はもともと24時間より少し長く、目から入ってきた光を脳がキャッチすることでリセットされます。毎朝同じ時間に朝の光を浴びることで、遅れがちな体内時計を早めることができます。

朝はカーテンを開けて太陽光を部屋に取り入れること。通学時に明るい空を見上げるのもよいでしょう。なお、学校が休みの日に朝寝坊をすると、体内時計は簡単に後ろにずれてしまいます。予定がなくとも平日と同じ時間に起き、朝の光を浴びるようにしましょう。

体内時計は内臓や筋肉などにもあります。なかでも内臓の体内時計は食事をとることでリセットされます。毎朝決まった時間に朝食を食べることでも、体と心を目覚めさせることができます。

引用:高校生新聞ONLINE「朝起きられない人が目覚めを良くする方法 朝の光を浴びると体内時計が早まる」より

そもそも起きられないんです!そこに至れないんです!

ただ、ちょっと待って下さい。

先ほどご紹介した記事では、

・朝はカーテンを開けて太陽光を部屋に取り入れる

・通学時に明るい空を見上げる

・休みの日でも、平日と同じ時間に起き、朝の光を浴びる

・毎朝決まった時間に朝食を食べる

などといった点が挙げられていました。

でもこれって、

目覚めは悪くても布団からは出られる

人がやる対策であるように思います。

・朝カーテンを開けるまでに至らない

・明るい空を見上げるまでに至らない

・休みの日くらいゆっくり寝たい

・朝食を食べるまでに至らない

といった方々には難しい対策であるように思います(笑)

布団の中でできる寝坊・目覚め対策は?

・朝カーテンを開けるまでに至らない

・明るい空を見上げるまでに至らない

・休みの日くらいゆっくり寝たい

・朝食を食べるまでに至らない

などといった場合、

何とかして布団の中で目覚めを良くする

しかありません。

近年では携帯アラームを目覚まし代わりにする人も増えていますが、その一方で、

格段の進歩を遂げた目覚まし時計が存在する

という事をご存知でしょうか?

音で起きるのとは異次元の快適な目覚め!「光目覚し時計inti(インティ)」

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)

は、テレビや雑誌でも話題になっている、光で起きる目覚まし時計です。

メンタリストとして有名な「DaiGo」氏や医師が推奨し、先ほどご紹介した「目覚めを良くする方法」でも紹介されていた

「光で体内時計を整える」

事により、快適な目覚めを実現する機能を備えています。

まとめ

今回は、

・快適な目覚め方

・寝坊対策

などに関する話題をご紹介してきました。

最後になりましたが、私はどちらかというと早起きです。

しかしどちらかと言うと、「過剰な早起き」で8時頃起きればいいのに3時とか4時に目が覚めてしまう、それはそれで日中に疲れてしまうやっかいなパターンです・・・(苦笑)

まあそれはさておき、もし、

・朝起きるのが不安

・目覚めが悪い

・睡眠に悩んでいる方

・体内リズムを整えたい方

・起立性調整障害で困っている

・うつや妊婦うつで困っている

・夜勤などの交替勤務で生活が不規則

・難聴や耳の聞こえが悪い方

・海外出張や海外旅行を頻繁にするため時差に悩まされる

・日中のパフォーマンスをあげたい

などといった方は、携帯アラームや普通の目覚まし時計などではなく、

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)

のような目覚まし時計の導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする