レオパレスは問題だらけ?転居したいなら準備は早めが良い理由とは?

スポンサーリンク

2019年初頭の賃貸物件市場を大きく騒がせている問題に、

レオパレス問題

があります。

今回は、レオパレス問題や転居に関する話題です。

2019年のレオパレス問題とは?

まず、2019年に起きたレオパレス問題とはどういったものなのでしょうか?

簡潔にまとめますと、

・物件の壁や天井に施工不良

・天井の耐火性能が不足する641棟の入居者7782人に転居要請

・他の施工不良が確認された入居者と合わせると、転居要請の対象は33都府県の1324棟、1万4443人

などといったものであるようです。

さすがにこれは弁護のしようもないくらい酷いですね…

賃貸アパート大手のレオパレス21の物件の壁や天井に施工不良が見つかった問題で、同社は8日、天井の耐火性能が不足する641棟の入居者7782人に転居要請を始めた。他の施工不良が確認された入居者と合わせると、転居要請の対象は33都府県の1324棟、1万4443人に上る。

引用:@niftyニュース『レオパレス施工不良 引っ越し業者「繁忙期で対応できず」』より

「一時的」に転居・・・?

またある記事によると、

一時的に転居を求める

との記載があったりもしますが、

また戻って来い

という事でしょうか?

戻ってきたい人なんているのでしょうか?

ただでさえ狭い日本の国土です。

欠陥だらけの建造物なんぞ、さっさとぶち壊した方が世の中のためではないでしょうか?

レオパレス21は、施工したアパートの天井で耐火性能を満たしていない不備があると発表した。

住民およそ8,000人が、一時的に転居を求められることになる。

引用:FNN PRIME「レオパレス7,782人に転居要請 耐火性能に不備」より

以前から色々な意味で有名なレオパレス・・・

実際レオパレスは以前からあまり良い評判を聞きませんし、今回のレオパレス問題も以前から目をつけている人からしてみれば、起きるべくして起きたように感じる方も多いように思います。

そして私も、レオパレスの噂についてはこれまでに何度も耳にしてきましたし、実際に住んでいた知人もいました。

そういった方々がまず共通して話すのが、

・壁が薄い

・音漏れが酷い

でした。

実際にその知人宅を訪問した事もありますが、ほんの些細な音でも常に隣人とのトラブルが絶えず、ものすごく住み心地が悪そうでしたね…

私も以前の記事で触れた事のある、要警戒対象・・・

以前、賃貸物件の騒音トラブルに関する記事を書いた事がありますが、正直なところ、私の中でレオパレスは避けたい物件の筆頭候補ですし、騒音トラブルの記事を書く上では良くも悪くもかなり参考になるのがレオパレスです…

しかしまさか、ここまで酷い問題になるとは思いませんでしたが・・・

こちらの記事では一応配慮して、伏字にして防音性能の低さについて触れた事があるのですが、もはや伏せる必要も無さそうですね…

賃貸物件などで、最もトラブルに発展しやすい問題として 「騒音」 があります。 そんな私も、一時期酷い騒音に悩まされ...

レオパレスから退去したい、転居したい方はどうすれば良いのか?

今回のレオパレス問題を受けて、不安や不信感から退去して引っ越したいという方も少なくないようです。

大阪府東大阪市の集合住宅に暮らす工場従業員の女性(32)は「補助を出してくれるなら引っ越したい」。大阪府富田林市のアパートに入居する男性(49)は「上の階の足音がよく聞こえると思っていたが、ニュースを見て驚いた。火災が起きたら不安」と話した。

引用:産経新聞ホームページ『住民「怖い」 レオパレス施工不良に不信感広がる』より

繁忙期に注意!

しかし、年度末といえば引っ越しの繁忙期です。

やはり下記の記事でも、

引っ越し業者が繁忙期で対応できない

というケースが出始めている点について触れられています。

3、4月は進学や異動による転居が多く、引っ越し業者は「繁忙期で対応できない」と頭を抱えている。

引用:@niftyニュース『レオパレス施工不良 引っ越し業者「繁忙期で対応できず」』より

本当に何から何まで困ったレオパレス問題ですが、転居を考えている方は、

・転居に時間がかかる事を想定して、早めに動く

・根気良く探す

などといった事を心がけた方が良さそうです。

そこでここからは、レオパレスからの引っ越し先を探すのに便利な賃貸物件情報サイトや、引越し業者の一括見積もりサービスなどをピックアップしてみました。

首都圏で家賃が安い部屋を探すなら

首都圏への転居で家賃が安い部屋を探すなら、

東京6万円以下専門店【部屋まる。】

があります。

首都圏で家賃が安い部屋を探すのに便利なサービスです。

※関連記事

現代の日本は 東京一極集中 とされる時代です。 毎年10万人以上の人々が東京へと上京しています。 上京すると...

物件数も豊富で、さらに引越しでキャッシュバックをもらうなら

最大10万円の引越し祝い金が貰えるサービスには、

キャッシュバック賃貸

があります。

また取り扱い物件数も、

600万件以上(※2019年2月現在)

と非常に豊富です。

こちらはできるだけお得に転居したいという方に便利なサービスです。

不動産屋に行って部屋探しをしている暇がない場合

忙しくて不動産屋に行っている暇がないという場合、

LINEで賃貸サービスの中の人とコミュニケーションをとりながら、部屋探しができる、

AWANAI賃貸

が便利です。

全ての手続きがオンラインでほぼ完結し、鍵の受け取りも郵送で対応

してくれます。

引越し業者の一括見積もりで、出来るだけ安く、空いている業者を探す

1度のヒアリングで複数の見積もりを一括手配してくれる見積もりサービスには、

【引越しラクっとNAVI】

があります。

1件1件引越し業者に連絡を取る必要がないため、便利なサービスです。

まとめ

今回は、

レオパレス問題や転居

に関する話題についてご紹介してきました。

おそらく、本件を何年も前から危険視・問題視していたのは私だけではないと思います。

しかしなんといいますか、

施工の不備から、転居要請の時期に至るまで、何から何まで最悪

と言わざるを得ないですね・・・

被害に合われた方や、多大な不安を感じて転居したいと考えている方が、一日でも早く平穏な生活に戻れるよう、影ながら応援しております・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする