黒烏龍茶は高い!ボトルを買うより安い黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」とは?

皆さんは、

黒烏龍茶

飲んでいますか?

脂肪の多い食事を摂りがちな方

血中中性脂肪が高めの方

体脂肪が気になる方

などは特に、食中や食後にグビグビと黒烏龍茶を飲んでいる方も非常に多いかと思われます。

しかし、

普通のお茶に比べて、黒烏龍茶は値段が高い

というのが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、特に女性などは、

黒烏龍茶を飲んでいると、周囲に体脂肪を気にしていると思われて恥ずかしい・・・

などといった理由で、黒烏龍茶を堂々と飲めないという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、

黒烏龍茶より安い、黒ウーロンサプリ

に関する話題です。

黒烏龍茶の効果とは?

今となってはすっかりメジャーな飲み物となった「黒烏龍茶」ですが、まずはその効果について簡単に振り返ってみたいと思います。

「ウーロン茶重合ポリフェノール」が脂肪の吸収を抑え、脂肪の排出量を増やす

SUNTORY「黒烏龍茶とは?

によると、黒烏龍茶の効果のメカニズムとして、食事と一緒に黒烏龍茶を飲む事で、

「ウーロン茶重合ポリフェノール」が小腸で「リパーゼ」のはたらきを邪魔することにより、脂肪の吸収が抑えられる

食事と一緒に「ウーロン茶重合ポリフェノール(=OTPP)」強化ウーロン茶を飲むと、飲まなかった時に比べて脂肪の排出量が増える

などといった点が紹介されています。

「ウーロン茶重合ポリフェノール」が、小腸で「リパーゼ」のはたらきを邪魔します。それによって脂肪の吸収が抑えられて、余分な脂肪が体外に排出されます。その結果、血液中の中性脂肪の上昇が抑制されるという訳なんですね。

引用:SUNTORY「黒烏龍茶とは?」より

「ウーロン茶重合ポリフェノール(=OTPP)」のメカニズムを示すもう一つのデータを紹介します。食事と一緒にOTPP強化ウーロン茶を飲むと、飲まなかった時に比べて、脂肪の排出量が増えるという結果が出ました。

引用:SUNTORY「黒烏龍茶とは?」より

体脂肪が気になる方の場合、「黒烏龍茶」にかかる金額は月額9,600円

しかし近年の日本は、できるだけ生活費を節約しながら生活している方も少なくはないはずですから、

普通のお茶より高い黒烏龍茶の値段

が気になるという方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

体脂肪が気になる方は、お食事の際に1日2回(1回350ml)を目安にお飲みください

とされている黒烏龍茶ですが、1本160円(350ml)の黒烏龍茶を1日2本飲み続けた場合、

1ヶ月(30日)の出費は9,600円

となります。

Q『黒烏龍茶』の効果的な飲み方を教えてください。

A『黒烏龍茶』は、食事とともに飲むことで、脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、体に脂肪がつきにくくなる特保ウーロン茶です。

●脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方は、お食事の際に1回350mlを目安にお飲みください。

●体脂肪が気になる方は、お食事の際に1日2回(1回350ml)を目安にお飲みください。

引用:SUNTORY「『黒烏龍茶』の効果的な飲み方を教えてください。」より

昼食に500円以上かけられないというサラリーマンも多くいらっしゃる現代日本においては、決して小さくない出費と言えます。

近年問題視されている、海洋プラごみ問題

また少々話が逸れてしまいますが、近年環境問題として取りざたされている事案に、

海洋プラごみ問題

があります。

プラスチックごみの大量排出国の日本に対して世界から厳しい目が向けられているこの問題ですが、環境への影響を考え、

ペットボトル商品の販売をやめるという動きが日本でも広がりつつある

ようです。

ペットボトルの飲み物を大量に利用する際には、今後はこの点についても考えていかなくてはなりません。

 海洋プラスチックなど環境問題への意識が高まる中、ペットボトル商品の販売をやめ、缶入りに切り替える動きが広がってきた。プラスチックごみの大量排出国の日本には世界から厳しい目が向けられており、二〇二〇年、缶へのシフトが加速する可能性がある。

(中略)

国連環境計画(UNEP)によると、日本の国民一人当たりのプラスチック容器ごみの排出量は年間約三十二キロで、米国に次いで世界二位。削減に向けた実効性のある取り組みが迫られている。

<プラスチックごみ> ペットボトルやレジ袋、食品の包装材といったプラスチック製品の廃棄ごみで、国内の排出量は年間約900万トン。回収後はペットボトルの原料やフリース素材、発電用燃料などに大半が有効活用されている。不法投棄によって一部がプラスチックごみとして海に流出し、海洋生物がのみ込むなど生態系に悪影響が出ており、世界的な環境問題になっている。

引用:東京新聞「20年 海洋プラごみ考える ペットボトルから缶へ」より

黒烏龍茶エキス(烏龍茶ポリフェノール)を配合した黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」とは?

しかし近年では、

黒烏龍茶エキス(烏龍茶ポリフェノール)を配合した黒ウーロンサプリ

である、

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

もあるようです。

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

は、

オススメしたい脂肪排出サプリNo.1 ※2019年10月ここワンリサーチ調べ

モニター満足度91.6%

などといった特徴のあるサプリメントです。

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」は安いのか?

ところで、

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

の値段はどのようになっているのでしょうか?

そこでここからは、

SUNTORY「黒烏龍茶」

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

に加え、黒烏龍茶を配合したパックのお茶である、

スルスル茶

も合わせつつ価格面を比較していきたいと思います。

「黒玉烏龍」「黒烏龍茶」「スルスル茶」の価格比較

まず、価格や1ヶ月あたりの費用をまとめた表が下記になりますが、

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

を定期コースで購入した場合、

黒烏龍茶より、約65%ほど1ヶ月の費用が安く済む

という結果となっています。

また、

スルスル茶

も黒烏龍茶より安いですが、

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

には及ばないという結果となっています。

さらに

初回は1袋(1ヶ月分)を500円で購入できる

など、初めて利用する方でも試しやすいのも、

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

の特徴です。

商品名 黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」 スルスル茶 SUNTORY「黒烏龍茶」
価格 【初回限定価格】

500円(1袋)

【通常価格】

4,980円(1袋)

【定期コース】

1回目:500円(1袋)

2回目以降:3,485円(1袋あたり)

※1袋60粒(1ヶ月分)

【通常価格】

2,200円(4袋)

【定期コース】

1,980円(4袋)

※1袋3g×15パック(約)

1本160円(350ml)
1ヶ月あたりの費用 【通常価格】

4,980円

【定期コース】

3,485円

【通常価格】

6,600円

【定期コース】

5,940円

 ※1日2パックを使用し、標準量の約3杯分を煮出した場合

9,600円

※体脂肪が気になる方の目安である、1日2回(1回350ml)の場合

「黒烏龍茶エキス(烏龍茶ポリフェノール)」以外の成分も豊富に配合

また、

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

の特徴として、

黒烏龍茶エキス(烏龍茶ポリフェノール)

以外にも、

・ポリフェノールを豊富に含むインドのスーパーフード『ターミナリアベリリカ』

・ポリフェノール成分「ポリメトキシプラボノイド」を含む『黒生姜』

・健康な体作りに欠かせない必須アミノ酸をバランスよく含む『黒大豆』

・強力な吸着作用をもつ『炭』

・体の健やかな環境を整える働きが期待できる『酪酸菌』

・美容成分『ビタミンB1』『ビタミンB2』『ビタミンB6』

など、多彩な成分を配合しているのも特徴です。

ちなみに黒烏龍茶に関しては「ウーロン茶重合ポリフェノール」以外に特筆すべき配合成分は見られないようですので、この点においても、

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

は非常にお得なサプリメントであると言えます。

まとめ

今回は、

黒烏龍茶より安い、黒ウーロンサプリ

に関する話題についてご紹介してきました。

黒烏龍茶を毎日飲むより月々の費用が安く済む

だけでなく、

黒烏龍茶を大きく上回る多彩な成分を配合している

のが、

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

の特徴です。

さらにサプリメントという事もあり、水などと一緒にさりげなく手軽に飲む事ができます。

もし、

黒烏龍茶は値段が高いと感じる・・・

黒烏龍茶を飲んでいると、周囲に体脂肪を気にしていると思われて恥ずかしい・・・

などといった方は、

黒ウーロンサプリ「黒玉烏龍」

に切り替えてみるのもひとつの選択肢ではないでしょうか?

※関連記事

みなさんは、 ダイエット に興味はありますか? ダイエットに興味はあるものの、 ・無理なダイエットはしたくな...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする