出雲大社 ~ちょっと変わった光の写真~(島根/出雲)

スポンサーリンク

出雲へ2回連続行き、出雲大社へ3回行く

今回は島根県は出雲市はじめ、その周辺への旅の記録です!

以前から出雲大社は行ってみたい場所で、行ってみたいランキング1位と言っても良い場所だったのですが、実は1度行っただけでは飽き足らず、その2ヶ月後にもう1度行っており、さらに2回目には2度出雲大社へ参拝しています(笑)

そのため、ちょっと前後の話や写真が混ざる場合があるかもしれません。

ちなみに出雲大社は「いづもたいしゃ」とよく読まれますが、正式には「いづもおおやしろ」と読むそうで、”だいこくさま”として日本全国多くの地域でおまつりされ慕われる、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)をおまつりする神社です。国づくりや、近年はえんむすびの神様などなど、様々な御神徳を持つ神様としても知られています。

八雲立つ出雲の国が神の国・神話の国として知られていますのは、神々をおまつりする古い神社が、今日も至る処に鎮座しているからです。そして、その中心が大国主大神様をおまつりする出雲大社です。

大国主大神様は、広く“だいこくさま”として慕われ、日本全国多くの地域でおまつりされています。大神さまがそれぞれの地域でお示しになられた様々な御神徳は数多くの御神名によって称えられております。

引用:出雲大社ホームページ

そして実際に行ってみた出雲大社は本当に素晴らしい場所でした!

(というか、島根県と出雲周辺は本当に好きな場所です)

そんな出雲ですが、1回目、2回目ともにレンタカーで行動しました。

自分にしてはめちゃくちゃテンションが高くて、珍しく写真の枚数もかなり多いです(苦笑)

出雲大社 一の鳥居

出雲大社 一の鳥居

出雲大社 二の鳥居

出雲大社 二の鳥居

賽銭箱から鳩、飛び立つ!

3回目の参拝時は早朝だったのですが、拝殿に近づいていったところ賽銭箱から急に鳩が飛び立ってビビリましたw

鳩の存在に全く気付かなかったというか、賽銭箱に鳥がとまってるのは初めてでしたね(笑)

出雲大社 拝殿

出雲大社 拝殿

出雲大社 神楽殿(大注連縄)

出雲大社 神楽殿(大注連縄)

大注連縄

大注連縄

大国主大神

大国主大神

出雲大社 八足門

出雲大社 八足門

出雲大社 御本殿(早朝)

出雲大社 御本殿(早朝)

素鵞社

素鵞社

命主社

命主社

ちょっと変わった光の写真

亀の尾の滝と上宮(仮宮)ではちょっと変わった写真が撮れたりしました。

原因はよく分からないのですが、なんとなくありがたい気がしたので1人で勝手にありがたがっております(笑)

亀の尾の滝(天神社)

亀の尾の滝(天神社)

上宮(仮宮)

出雲大社 上宮(仮宮)

ちなみに上宮(仮宮)入口の門の中にいらっしゃる守り神?のような像?が個人的にすごく印象に残りました。

(シンプルな造形でいらっしゃるのですが、ただならぬ存在感のような気が・・・)

上宮(仮宮)入口

上宮(仮宮)入口

稲佐の浜、を通り過ぎるw

はじめて稲佐の浜へ向かった際は駐車場を通り過ぎてしまい、たどり着くのにちょっと苦労しました(苦笑)

稲佐の浜

稲佐の浜

素晴らしきかな出雲大社!

出雲大社は行く前に想像していたよりはるかに素晴らしい場所で、個人的には1番好きな場所かもしれないですね!

参拝客の多さを微塵も感じさせない圧倒的なキャパシティといいますか、包容力といいますか・・・

またいつの日か行ければ良いのですが、次はいつになることやら・・・(涙)

それはさておき、島根県と出雲周辺には他にも素晴らしいスポットがたくさんあり、車で練り走りましたのでそちらについても別記事でご紹介します!

ちなみに島根県って車で走りやすい気がしたのですが、なにかで観たら運転マナー全国1位らしいです!

しかし、けっこう海岸沿いの道路や林道など、かなり狭い道も多いので、車で移動される際はご注意ください。

出雲大社についても何か思い出しましたら記事を更新します!

出雲編はまだまだ続きます!

出雲への旅、第2回は、日御碕神社、出雲日御碕灯台、そして秘境・韓竈神社と、出雲大社の北側を巡ります。 前回の記事はこちらになります。 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする