2019年夏|岩手県の高校野球が見たい!おすすめのネット配信サイトは?

夏といえば盛り上がってくるのが、

高校野球

です。

毎年夏になると、全国各地で熱戦が繰り広げられますが、2019年の地方大会で非常に注目されている都道府県に、

岩手県

があります。

「佐々木朗希 投手(大船渡)」はもちろん、個人的に以前から注目している「西舘勇陽 投手(花巻東)」や「水谷公省 選手(花巻東)」など、見所がいっぱいです。

今回は、

岩手県の高校野球

に関する話題です。

2008年以前は、地元の人々からさえも期待されない全国有数の高校野球弱小県・・・

岩手県の高校野球といえば、

高校野球・岩手県 歴代甲子園出場校成績【PRiVATE LiFE】データベース

などをご覧いただくとお分かりいただけるように、2008年以前の甲子園成績は黒星のバーゲンセールでした。

2009年、好投手「菊池雄星投手」を擁する花巻東高校の快進撃以降、流れが変わる

このように以前は全国有数の高校野球弱小県として、全国どころか地元の人々からさえも全く期待も注目もされていなかった岩手県の高校野球ですが、2009年に好投手「菊池雄星」投手を擁する花巻東高校の快進撃を皮切りに、その様子は一変します。

立て続けに豪腕投手を輩出

2009年以降、甲子園での勝利数も目に見えて増え、さらに「菊池雄星 投手(花巻東)」「大谷翔平 選手(花巻東)」「佐々木朗希 投手(大船渡)」などの豪腕投手を立て続けに輩出するなど、以前とは打って変わってすっかり全国の注目を集めるようになってしまったように思います。

なぜこれだけスケールの大きい野球選手を輩出するのか?

しかし、なぜ岩手県からスケールの大きい投手、豪腕投手が輩出されるようになったのでしょうか?

結局のところ、その理由というのははっきり分かっていないようですし、おそらく明確な答えなどは出ないように思います(笑)

菊池雄星投手(米マリナーズ)、大谷翔平投手(米エンゼルス)と大船渡高のMAX163キロ右腕、佐々木朗希投手(3年)。

なぜ、岩手県からスケールの大きい好投手が続けざまに輩出されるのか。この疑問、実は東北球界の関係者も不思議に感じている。

引用:サンケイスポーツ『大谷翔平、佐々木朗希と岩手から好投手続出、関係者は理由について「! ? !?」』より

ただ個人的に思うのは、まず、花巻東高校の佐々木洋監督を始めとして、若い指導者の台頭により指導の質が向上したのは間違いないように思います。

それに加えて、岩手県というのは古くは決して豊かな土地柄ではなく、交通も不便で、さらに「やませ」による冷害にも度々悩まされてきました。

今となってはだいぶ交通網も整備され、基本的に食べ物に困ったりするような事はありませんし、それどころか山の幸から海の幸まで非常に豊富です。

そして、厳しい時代を乗り越えてきた岩手県のお年寄りたちは、せめて孫の世代には絶対にひもじい思いをさせないように、お腹いっぱいご飯を食べさせたがる、という話を聞いた事があります。

それを裏付けるかどうかは分かりませんが、全国から広く選手を集めている一般的な高校野球強豪校とは違い、岩手県という比較的狭い範囲を中心に選手を集めている花巻東高校の平均身長は、2018年夏の甲子園でも9位にランクインしてるようです。

※参考:https://aji3.com/physique-ranking-participating-in-koshien-2018-summer/

近年、体が大きくてスケールも大きい豪腕投手を輩出している背景には、指導力の向上に加え、もしかしたら野球に直接関係のないお年寄りの方々の苦労と愛情、そしてその後の岩手の発展なども関係しているのかもしれません。

あと余談ですが、大分以前、大船渡市近郊の民宿に宿泊したところ、殻のままの生ウニが普通に出てきてビックリした事があります。

宿泊費などは激安なはずなのですが(監督に会計をしていただいたため、正確な宿泊費は分かりません)、なんてサービス精神旺盛なんだろうと思い本当にビックリした事があります(笑)

岩手県沿岸部の人々からしてみれば、ウニなどそれほど珍しいものではない、という事もあるかもしれませんが・・・

あとさらに余談ですが、下記の記事で紹介されている花巻東高校の寮のメニューはめっちゃ美味しそうです(笑)

正直練習には絶対ついていけないので参加したくありませんが、ご飯は食べてみたいです(笑)

ある日のメニュー。焼き肉、サクッとクリーミィーコロッケ、煮物、ザーサイ、味噌汁

引用:アスレシピ「菊池雄星、大谷翔平を育てた花巻東の1日10杯メシ」より

逆に、以前何かの雑誌で読んだどこかの学校の寮は、おかずがこの3分の1も無くて、体作りなどの面で本当に大丈夫か?と思った事があります。

岩手県の高校野球をネット配信しているサイトは?

・なかなか岩手県まで高校野球観戦に行く事ができない

・仕事があって球場まで足を運べない

という方もいらっしゃるかと思います。

そんな場合、

岩手朝日テレビ「第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会」

で観戦するのがベストです。

「リアルタイム中継」の他、「見逃し配信」も実施しているため、万が一リアルタイムで観戦できなかった場合でも後から試合映像を視聴する事ができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする