インフルエンザでも休みたくない?予防するしかない方におすすめの除菌剤

毎年、冬になると猛威を振るい、世間を騒がせるものの一つに

インフルエンザ

があります。

もしインフルエンザにかかってしまったり、疑いがある場合には、

当然学校や職場は休むべき

ですが、残念ながらそう簡単に休めないという環境に身を置いている方もいらっしゃるようです・・・

今回は、インフルエンザ予防に関する話題です。

インフルエンザでも出勤しろ?

冒頭でも触れましたが、もしインフルエンザにかかってしまったり、疑いがある場合には、当然学校や職場は休むべきです。

しかし絶対に良くない事ですが、そう簡単に職場を休めないという環境に身を置いている方も少なからずいらっしゃるようで、場合によっては痛ましい事故に発展するケースもあるようです・・・

インフルエンザで意識がもうろうとしていたのか、37歳の女性会社員が22日午前9時半過ぎ、東京メトロ日比谷線の中目黒駅ホーム中央付近で線路に転落、侵入してきた電車の車両に足と胸を挟まれ、搬送先に病院で死亡が確認された。目撃した人によると、「フラフラしながら歩いていた」という。

亡くなった女性の妹は、「姉は19日から体調を悪くして、インフルエンザかも知れないと話していました。21日は会社を休んだんですが、22日は出勤して行った」と話す。

引用:JーCASTテレビウォッチ「インフルエンザでもうろう?ホームから転落して死亡!無理して会社に行かなければ・・・」より

「テロ企業」認定してはどうでしょうか?

思うのですが、

インフルエンザは全世界で毎年300-500万人が重症化し、25-50万人の死者を出している

病気です。

全世界では毎年300-500万人がインフルエンザが重症化し、25-50万人の死者を出している。先進国における死者は65歳以上人口が最も多い。また病欠・生産性低下といった社会的コストも大きい。

引用:ウィキペディア

そんな危険なインフルエンザウイルスに感染している、または感染の疑いのある従業員を休ませずに出勤させるような企業は、

極端な話、生物兵器を使用しているようなもの

です。

よってブラック企業以上の、

テロ企業

認定してみてはいかがでしょうか?

インフルエンザを予防するには?

少々過激な発言になってしまいましたが、何度でも言いますが、

もしインフルエンザにかかってしまったり、疑いがある場合には、当然学校や職場は休むべき

です。

しかし、職場の環境や体制が悪いなどと言った理由で休むのが憚られる場合、

・なにがなんでも予防する

・職場環境改善の声を上げる

などの方法が考えられるかと思います。

しかし、インフルエンザを発症しても休めないような環境の企業ですと、「職場環境改善の声を上げる」というのは大変な負担になるかと思いますので、今回は「なにが何でも予防する」方向で見ていきたいと思います。

インフルエンザの予防方法

インフルエンザ・ウイルスの主な感染経路には、

「飛沫感染」「接触感染」「空気感染」

の3つがあり、また予防方法としては下記のような方法があるとされています。

・マスクの着用

・緑茶による「うがい」

・手洗い

・ドアノブ、スマホ、パソコンなどのアルコール消毒

・加湿器

・十分な睡眠

・ウォーキング、ストレッチなどの心地よい運動

・食べすぎを避ける

・せきやくしゃみが出るときは、マスクを着けたり口を押さえたりして飛沫を防ぐ

「マスク」、「うがい」、「手洗い」あたりは比較的一般的ですが、「ドアノブ、スマホ、パソコンの消毒」や「食べすぎを避ける」あたりは意外と盲点のようにも感じますね・・・

ただし、インフルエンザは予防をするほうが大切である。インフルエンザ・ウイルスの主な感染経路は、「飛沫感染」「接触感染」「空気感染」の3つである。よって、予防法としては以下が知られている。

(1)マスクの着用…飛沫感染を防御
(2)緑茶による「うがい」…緑茶に含まれる「カテキン」に抗ウイルス作用がある
(3)手洗い…石鹸で手首、手の甲や手のひら、手指、爪まで入念に洗う。アルコール消毒ならもっと短時間ですむ
(4)ドアノブ、スマホ、パソコン、机の上でインフルエンザ・ウイルスは1~2日生存するので、アルコールで消毒する

このほかには、以下などの励行も大切である。

(5)室内に加湿器を設置…乾燥するほどウイルスの感染力が高まる
(6)十分な睡眠…寝不足は免疫力を低下させる
(7)ウォーキング、ストレッチなどの心地よい運動…マラソンなどの競技を目的としたハードな運動は免疫力を低下させることがあるが、「心地よい」「うっすらと汗ばむ」程度の運動は免疫力を上げる

しかし、一般の医学が指摘、指導しない重要な予防法として、「食べすぎを避けること」がある。

引用:Business Journalホームページ「医師が教える、インフルエンザの知られざる予防法…罹ったときの間違った対処法」より

インフルエンザ予防アイテムにはどんなものがあるのか?

インフルエンザ予防アイテムにも様々な種類がありますが、今回は

ドアノブ、スマホ、パソコンなど消毒

に効果が期待できる、全国の医療機関でも評判の高い除菌消臭剤についてご紹介します。

ウイルス除去率99%の除菌消臭剤「チャーミスト」

ネット通販などで非常に人気の高い、

ウイルス除去率99%チャーミスト

という除菌消臭剤があるのをご存知でしょうか?

元々は全国の医療機関の機器の除菌等に使われていた

そうですが、

医療現場で「個人でも使いたい」という評判が上がり、一般向けに流通するようになった除菌消臭剤であるそうです。

その除菌率は99%を誇り、医療現場での評判もそのままに、一般家庭での評判も非常に高く、Amazonの消臭剤パーソナルランキングで売上1位を獲得した実績もある、人気の除菌消臭剤です。

まとめ

今回は、インフルエンザに関する話題についてご紹介してきました。

繰り返しにはなりますが、

もしインフルエンザにかかってしまったり、疑いがある場合には、当然学校や職場は休むべき

です。

しかし、何らかの理由でどうしても休めないという場合、

なにがなんでも予防する

しかありません。

もし、そういった環境に身を置いているという方は今回ご紹介した予防法をはじめ、感染する前にできるだけの予防対策を検討されてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする