HUAWEI(ファーウェイ)のスマホは危険?乗り換えたい?お得に機種変更するには

2019年5月下旬、

GoogleがHUAWEI(ファーウェイ)に対してAndroidのサポートを中止

という、スマホ市場どころか世界を揺るがす大きなニュースが飛び込んできました。

米国時間5月20日のReuters(ロイター)の報道によれば、Googleは脱ファーウェイに向けて措置を取り始めたという。

事情に通じた情報源が5月19日にロイターに語ったところでは、Googleはオープンソースライセンスでカバーされる部分を除き、ファーウェイへのハード、ソフトのサポートを停止した。

これによりAndroidのアップデートの提供はすでに停止された。Android OSそのものはオープンソースなので利用できるが、Googleからのサポートはなくなる。

引用:TechCrunch Japan「Googleがファーウェイに対してAndroidのサポートを中止へ」より

この発表以前からの米中のやりとりを見ていれば、何かしら起こり得るかな~と思っていた方も少なくないかとは思いますが、ついにきたか、という印象です。

今回は、

HUAWEI(ファーウェイ)のスマホ

に関する話題です。

なぜGoogleはHUAWEI(ファーウェイ)に対してAndroidのサポートを中止したのか?

まずそもそも、GoogleはなぜHUAWEI(ファーウェイ)に対してAndroidのサポートを中止したのでしょうか?

米国と中国の貿易戦争の一環

背景にはやはり、

米国と中国の貿易戦争

があり、

ファーウェイを念頭に、米国の安全保障を脅かすとされる外国企業と米企業間の通信関連の取引を禁止した

というものがあるようです。

ファーウェイは今後、グーグルの携帯端末用基本ソフト(OS)「アンドロイド(Android)」のオープンソース版しか利用できなくなる見通し。

中国との貿易戦争の真っただ中にあるトランプ政権は先週、ファーウェイを念頭に、米国の安全保障を脅かすとされる外国企業と米企業間の通信関連の取引を禁止した。

引用:AFPBB News『米グーグル、ファーウェイとの関係縮小へ 「命令を順守」』より

少々余談になりますが、私の身の回りにいるHUAWEI(ファーウェイ)のスマホユーザーは、発表から数日経ってもこの出来事を全く知りませんでした(苦笑)

もちろん子どもではなく、大人です。

正直、

平和ボケを通り越して、平和バカ

だと思い、さすがに少し呆れてしまいました・・・

自分の所有物の話でしょうに・・・

なぜ米国はこれほどまでにHUAWEI(ファーウェイ)を危険視しているのか?

先ほど、

ファーウェイを念頭に、米国の安全保障を脅かすとされる外国企業と米企業間の通信関連の取引を禁止した

とご紹介しましたが、なぜ米国はこれほどまでにHUAWEI(ファーウェイ)を危険視しているのでしょうか?

もちろん国際政治が絡む話ですので、様々な虚虚実実の駆け引きがあると思いますし、そう簡単に説明できるものではないかと思いますが、私が調べたところを簡潔にご紹介しますと、

・HUAWEI(ファーウェイ)を設立したのは、人民解放軍の通信部門研究を担う情報工学学校でトップを務めたこともある「任正非」

・人民解放軍との契約関係や、「任正非」の経歴、また元妻が共産党幹部の娘であることを踏まえ、米国はずっと前からHUAWEI(ファーウェイ)を警戒してきた

・米企業と連携を始めたHUAWEI(ファーウェイ)は、すぐにソースコードを盗んだとして訴訟問題に発展した

などといった出来事があったようです。

まず、ファーウェイはその成り立ちも注目されている。ファーウェイが設立されたのは1987年。人民解放軍の通信部門研究を担う情報工学学校でトップを務めたこともある任正非によって、広東省深センに設立された。創業時、任は2500ドルしか持っていなかったというが、現在は18万人以上の従業員がいる大企業となっている。日本には2005年に進出した。

人民解放軍との契約関係や、任の軍部出身という経歴、また元妻が共産党幹部の娘であることを踏まえ、米国はずっと前からファーウェイを警戒してきた。というより、目の敵にしてきたと言っていい。

ファーウェイは2000年以降に米国市場に入り、米企業と連携を始める。だがすぐにソースコードを盗んだとして訴訟問題に。さらに09年頃からはNSA(米国家安全保障局)が任正非に対するスパイ工作を開始、内部文書や周囲の人物とのやりとりを調べ、その人脈や動向を監視していたことが判明している。

引用:ITmediaビジネスONLINE『米国がファーウェイを「警戒」する理由』より

GoogleがHUAWEI(ファーウェイ)に対してAndroidのサポートを中止したら何がどうなるのか?

GoogleがHUAWEI(ファーウェイ)に対してAndroidのサポートを中止したら何がどうなるのでしょうか?

HUAWEI(ファーウェイ)がこれから発売するスマートフォンは、Google Play、Gメール、YouTubeなどにアクセスできなくなる

下記の記事などによると、HUAWEI(ファーウェイ)がこれから発売するスマートフォンは、

・Google Play Store

・Gメール(Gmail)

・YouTube

などにアクセスできなくなるという点が紹介されています。

正直、Androidでこれは、かなり厳しいように思われます・・・

GoogleあってのAndroidと言っても過言では無いですしね・・・

記事内で引用されているロイターの報道によれば、「ファーウェイがこれから発売するスマートフォンは、中国国外では最新のAndroid OSだけでなくGoogle Play StoreやGmail、YouTubeなどへもアクセスできなくなる」とのこと。

引用:TechCrunch Japan「Googleがファーウェイに対してAndroidのサポートを中止へ」より

 禁止事項には技術の共有も含まれており、関係筋によるとグーグルはハードウエア、ソフトウエア、非公開の技術サービスの提供を含めたファーウェイとの業務提携の中止を検討しているという。また、ファーウェイはグーグルのメールサービス「Gメール(Gmail)」といったアプリを搭載する権限もなくなるものとみられている。(c)AFP

引用:AFPBB News『米グーグル、ファーウェイとの関係縮小へ 「命令を順守」』より

HUAWEI(ファーウェイ)の既存のスマートフォンどうなるのか?

それでは、HUAWEI(ファーウェイ)の既存のスマートフォンはどうなるのでしょうか?

Googleの声明によると、

「既存のファーウェイ製品ユーザーにはGoogle Playサービスを継続して提供する」

との事であるようです。

Google Playサービス

という単語のみなのが少々引っかかるところではありますが、今のところGoogleは既存の現行製品ユーザーに対しては、継続してサービスを提供する意思があるようです。

しかし、声明の冒頭に、

『私たちは命令を遵守し』

という言葉があります。

これは「米国政府の命令を遵守する」という意味であるかと思うのですが、米国政府の判断によっては、Google Playサービスを継続して提供するという方向性が覆る事も十分に考えられます。

ファーウェイ問題についてGoogleが「既存のファーウェイ製品ユーザーにはGoogle Playサービスを継続して提供する」という声明を発しました。

Google JapanがEngadgetの取材に対して寄せた声明は以下の通り。
We are complying with the order and reviewing the implications. For users of our services, Google Play and the security protections from Google Play Protect will continue to function on existing Huawei devices.

(編集部訳)私たちは命令を遵守し、その影響を検討しています。Googleのサービスを利用しているユーザーは、既存のファーウェイ製デバイスにおいて、Google PlayおよびGoogle Play Protectによるセキュリティ保護機能を引き続き利用できます。

引用:Engadget日本語版「ファーウェイ問題でGoogleが声明、販売済み製品ではGoogle Playを引き続き提供」より

KDDI、ソフトバンクがHUAWEI(ファーウェイ)の新スマホを販売延期、ドコモは予約受付停止

次に日本国内の携帯電話の大手3キャリアの対応についてですが、

・「KDDI」と「ソフトバンク」がHUAWEI(ファーウェイ)の新スマホを販売延期

・「ドコモ」はHUAWEI(ファーウェイ)の新スマホの予約受付を停止

などといった対応に出ています。

これは、今後どうするんでしょうね・・・

 KDDIは、2019年夏モデルとして用意していた「HUAWEI P30 lite Premium」の発売時期を5月下旬から時期未定に変更。同社はITmedia NEWSの取材に対し、「現在、Huawei製品に関するドナルド・トランプ米大統領の発言や、Googleの対応などの事実確認中で、製品の発売に関して判断ができていない状況。総合的に判断して発売延期を発表した」とした。

ソフトバンクも「Y!Mobile」ブランドから「HUAWEI P30 lite」を24日に発売する予定だったが、延期すると発表。同社は「HUAWEI P30 liteが安心して提供できる状況か、また販売による影響を確認中であり、発売延期を発表した。発売時期は未定」とした。

ドコモは「HUAWEI P30 Pro HW-02L」を今夏に発売する予定で、22日午後1時時点では「発売延期、発売中止を検討中」としていたが、22日午後5時過ぎに予約受付を停止すると発表した。

引用:ITmediaNEWS「KDDIとソフトバンク、ファーウェイの新スマホを発売延期 ドコモも予約受付を停止【追記あり】」より

パナソニックはHUAWEI(ファーウェイ)との取引を中止

さらに、

国内電機大手のパナソニックがファーウェイや関連会社との取引を中止する

など、日本国内でも次々に大きな動きが見られており、その影響はとどまる所を知りません。

パナソニックは22日、米国が中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)と米企業の取引を原則禁止する方針を打ち出したことを受け、ファーウェイや関連会社との取引を中止したことを明らかにした。電機大手のパナソニックが中止を決めたことで、ファーウェイとの今後の取引に関する他の国内企業の判断に影響を及ぼしそうだ。

引用:時事ドットコムニュース『パナソニック、ファーウェイと取引中止=「米輸出管理法を順守」』より

買取や下取りプログラムに影響がある可能性も?

次に中古スマートフォン関連についてですが、中古スマートフォンなどを取り扱う「じゃんぱら」は、2019年5月21日現在、

現時点で発売・発表済みであるHuawei社の端末には機能上の問題は生じないものとして認識し、当社各規約に準じ販売・買い取りを引き続き行っていく

と表明しているようです。

これを受け、じゃんぱらはHuawei製品の中古品スマートフォン・タブレットの取り扱いを検討、「現時点で発売・発表済みであるHuawei社の端末には機能上の問題は生じないものとして認識し、当社各規約に準じ販売・買い取りを引き続き行っていく」と表明した。

引用:AKIBA PC Hotline!「じゃんぱら、ファーウェイ製スマートフォンの今後の取り扱いについて発表」より

また、同じく中古スマートフォンなどを取り扱う「イオシス アキバ中央通店」は、2019年5月21日現在、

・現時点では、Huawei製品の販売は引き続き行っていく

・国内版と違いアップデートなどの動向が見えにくい海外版のみ買い取りを現在停止

・今度どうなるかは現状では分からない

などとしており、海外版の買い取りを停止するなどの対応の他、先行きが見えずに困惑している様子も見て取れます。

このほか、同じく中古品スマートフォンやタブレットを主に取り扱うイオシス アキバ中央通店も同店のスタンスを発表。

弊誌の取材に対して、「現時点では、Huawei製品の販売は引き続き行っていく」としたほか、買い取りについては「国内版と違いアップデートなどの動向が見えにくい海外版のみ買い取りを現在停止している。また、今度どうなるかは現状では分からない」とコメントしている。

引用:AKIBA PC Hotline!「じゃんぱら、ファーウェイ製スマートフォンの今後の取り扱いについて発表」より

HUAWEI(ファーウェイ)からお得に乗り換え、機種変更するには?

2019年5月23日現在、先行きが全く見えないHUAWEI(ファーウェイ)を巡る一連の出来事ですが、これは紛れもなく米国と中国の「貿易戦争」です。

おそらく、どちらかが敗北するまで徹底的に続くものと思われます。

もし今後に不安を感じ、

HUAWEI(ファーウェイ)から乗り換えたい、機種変更したい

などといった検討をされている方のうち、

ソフトバンクに乗り換える

場合には、高額キャッシュバックをもらえる、「おとくケータイ.net」がお得です。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

おとくケータイのサービスを簡潔にご紹介すると、

・ドコモやauからソフトバンクに乗り換える事で、高額キャッシュバックがもらえる

・オンラインで手続きが完了するため、店舗に足を運ぶ必要がない

などといったもので、

・プライバシーマーク取得済

・ソフトバンク携帯の正規取扱店

・累計申し込み件数30万件突破 ※2019年3月現在

などという実績のあるサービスです。

こちらの記事では「おとくケータイ.net」の利用体験談や、おとくなキャンペーン情報などをご紹介しています。

みなさんがスマホを変えるのはどんなタイミングでしょうか? 1:年数縛りが終わるとき 2:最新の機種が出たとき 3:...
以前の記事では、「おとくケータイ.net」を利用して実際にキャッシュバックをもらった体験談などをご紹介しました。 こち...

格安スマホへの乗り換えも選択肢

もし普段からスマホの月額料金が気になっているという場合、

ワイモバイル

【UQモバイル】

楽天モバイル

などといった格安スマホに乗り換えるのも一つの選択肢です。

【UQモバイル】では最大10,000円のキャッシュバックがもらえるなど、非常にお得に契約ができるサービスを行っています。

まとめ

今回は、

HUAWAI(ファーウェイ)のスマホ

に関する話題についてご紹介してきました。

最後に個人的な感想を述べさせていただきますと、

人間・人類って本当にどうしようもなく呆れるほど愚かだ

と言わざるを得ません。

本当に、何やってるんでしょうね・・・

とはいえ始まってしまったものは仕方がありませんし、一度振り上げた拳はそう簡単に下ろす事はできないし、下ろさないだろうと思われます。

そしていずれにせよ、特に現在HUAWAI(ファーウェイ)のスマホを利用しているユーザーの皆さんは、今後の動向を注意深く見守る必要があるかと思います。

もしかしたら、

・機種変更時の下取りプログラムで端末を買い取ってもらえなくなる

・ある日突然、Google PlayやGメール、YOUTUBEが利用できなくなる

などといった事態が発生してしまうかもしれません。

これは「貿易戦争」です。

事実上の、国家同士の「戦争」です。

米国政府が本気で確実な勝利を手にしようとするならば、現行ユーザーの犠牲も厭わないような決断を下してくる可能性も十分に考えられます。

また現行ユーザーどころか、日本国や日本の大手企業も判断や対応を誤れば、後々制裁対象になってしまう可能性すらあります。

現行のHUAWAI(ファーウェイ)ユーザーの皆様は、今後の動向をくれぐれも注意深く見守り、できるだけご自身の利益を損なわない、最適な選択をされるよう祈っております。

※関連記事

みなさんがスマホを変えるのはどんなタイミングでしょうか? 1:年数縛りが終わるとき 2:最新の機種が出たとき 3:...
以前の記事では、「おとくケータイ.net」を利用して実際にキャッシュバックをもらった体験談などをご紹介しました。 こち...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする