【鍵の紛失】家や車の鍵をなくした場合の対処法や連絡先

みなさん、家や車の鍵を無くしたりしたことってあるでしょうか?

私は家の鍵に関しては過去に2度ほどやらかした事とやらかしかけた事があるのですが、その時の事をちょっと振り返ってみます(苦笑)

また鍵の紛失は本当に焦るので、鍵を紛失してしまった方がたまたまこの記事を見たときに助かるよう、鍵のレスキューサービスについてもご紹介します。

鍵の救急トラブルに365日年中無休、出張見積り、キャンセル¥0で安心スピード対応!

鍵のトラブル出張修理!【鍵のトラブル救急車】

鍵の緊急トラブル!鍵開け・鍵紛失にすぐに駆けつけます。【鍵ドットコム】

鍵のトラブル体験談

家の鍵をなくした

これはご経験ある人はあると思うのですが、私も一度、家の鍵を紛失した事があります。

帰宅した際にドアの前で鍵が無い事に気付き、歩いてきた道を少し戻って探してみたり、鍵のレスキューでも頼もうかと色々考えましたが、バッグの中にスペアキーを入れていたのを思い出したため、何とか家に入る事ができました(苦笑)

防災に関する記事でも触れましたが、事前の備えって本当に大事ですよね・・・(災害と比較するのも失礼ですが・・・)

【防災】目の前の津波から生き延びた体験談から、防災対策や災害時の心構えについて改めて考える

【防災】通電火災への対策について考える(通電火災 防止用グッズ「スイッチ断ボール」)

ちなみに無くしたと思っていた鍵は職場のフリースペースに落ちていたらしく、後に無事返してもらうことができました。

しかし、鍵の紛失って本当に焦りますよね・・・

家のドアに鍵をさしっぱなしで丸一日外出した

これはある意味鍵をなくすよりタチが悪いのですが、すごく疲れていたある時期に、うっかり家のドアに鍵をさしっぱなしで丸一日外出していた事があります(苦笑)

帰宅するまで全く気付かず、帰宅時のドアの前でようやく気付きました(苦笑)

さすがに焦って家の中を確認してみたのですが、奇跡的に何も変化はありませんでした・・・

何も盗るものがなかっただけかもしれませんが(苦笑)、いわゆる「空城の計」みたいで逆に罠のように思われたかもしれないですね(笑)

空城計(くうじょうけい)または空城の計(くうじょうのけい)は兵法三十六計の第三十二計にあたる戦術。

あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略のこと。敵方に見破られた場合は全滅の危険性があり、心理戦の一種である。

引用:ウィキペディア

もっともこんな計略をしかける気は毛頭なかったのですが(笑)、それ以降は二度と鍵をさしっぱなしにしないよう、最心の注意を払っています。

家や車の鍵をなくした、紛失した場合の依頼先

万が一家や車の鍵をなくしてしまった場合、業者に依頼して開けてもらう方法があります。

こちらではその中の一部をご紹介します。

鍵の緊急トラブル解決・防犯対策なら【鍵の救急サポートセンター 】


鍵の救急トラブルに365日年中無休、出張見積り、キャンセル¥0で安心スピード対応!

【電話対応可能な時間帯】
年中無休 朝8時~深夜0時まで。

【対応サービス】
・建物のカギを開けたい
・車のカギを作りたい
・車のカギを開けたい
・建物のカギを替えたい など

【対応エリア】
北海道/宮城県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/
千葉県/東京都/神奈川県 新潟県/富山県/石川県/山梨県/長野県/
福井県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/和歌山県/ 京都府/大阪府/
兵庫県/奈良県/岡山県/広島県/山口県/香川県/徳島県/愛媛県/福岡県/佐賀
県/熊本県/宮崎県/大分県/鹿児島県/沖縄県

鍵のトラブル出張修理!【鍵のトラブル救急車】


鍵のトラブル出張修理!【鍵のトラブル救急車】

【サービスの特徴】
・日曜休日、夜間も対応
・鍵開け作業から修理、交換までなんでも対応
・お客様の地域を作業車で巡回

・建物、車、バイク、金庫
・ピッキング開錠から交換作業まで

・最短10分で到着
・年中無休
・現金・カード・振り込み払いOK

鍵のトラブルに緊急出動!!【鍵ドットコム】


鍵の緊急トラブル!鍵開け・鍵紛失にすぐに駆けつけます。【鍵ドットコム】

【サービスの特徴】
・最短30分で急行。受付後、近くの作業員が全力で急行してくれます。
・365日、年中無休で受付・対応

【対応サービス】
・住宅・オフィスの鍵開け・鍵交換
・車の鍵開け・鍵作成
・バイクの鍵開け・鍵作成
・金庫の鍵開け・鍵作成

【対応エリア(一部市区町村除く)】
東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/群馬県/栃木県/茨城県
大阪府/愛知県/静岡県/福岡県

まとめ

正直なところ、鍵をなくすのは本当に心臓に悪いです・・・

できることなら鍵はなくさないのがベストですが、どうにもならなくなった時は思い切って業者に依頼してみるのも一つの選択肢ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする