宝登山神社と奥宮(埼玉/秩父)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回、前々回の三峯神社に続きまして、今回は同じく秩父にある宝登山神社とその奥宮です。

過去、宝登山神社の御本殿には2度、宝登山の山頂にある奥宮へは1度参拝させていただいています。

特に奥宮登拝についてですが、毎度のように山登りの度にヒーヒー言ってはいるのですが(笑)、この時は暑さに加えて経験不足と比較的低山だと侮っていたことで、過去最もしんどい登拝だった気がします(苦笑)

前回、前々回の記事はこちらをご覧ください。

三峯神社 拝殿方面(埼玉/秩父)
今回は度々訪問させていただいている秩父のうち、三峯神社(みつみねじんじゃ)、妙法ヶ岳とその山頂にある奥宮についてご紹介します! こちらの神社は、毎月1日に頒布されていた例の『白』い『氣守』で色々と話題になりましたが(2018年8月現在は休止しているようです)、それとは関係なく、以前から参拝させている神社です。
妙法ヶ岳山頂、三峯神社の奥宮 登拝(埼玉/秩父)
今回は前回に続き、妙法ヶ岳にある三峯神社の奥宮へと登拝します! 妙法ヶ岳は埼玉県秩父市にある標高1,329mの山で、山頂には三峯神社の奥宮があります。 こちらにも何度か登拝させていただいているのですが、いつ行っても素晴らしい場所です! というか三峯神社に参拝させていただく時は、いつもこちらが主目的だったりもします(笑)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宝登山神社 御本殿

宝登山神社は埼玉県秩父郡長瀞町にある神社で、秩父神社・三峯神社とともに秩父三社の一社に数えられ、宝登山山頂には奥宮が鎮座しています。

宝登山神社の御祭神は、神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)、大山祇神(おおやまづみのかみ)、火産霊神(ほむすびのかみ)で、西暦110年に第12代景行天皇が日本武尊(やまとたけるのみこと)を東に遣わした際、山の美しさに惹かれた日本武尊がに山頂を目指す途中、山火事に遭遇するも神犬の助けを得て無事に山頂へ辿りつき、宝登山山頂に於いて神霊を祀られたと伝えられるのが、宝登山神社の起源であるとされています。

宝登山(497.1)は秩父山塊の中でも数少ない独立峰の体をしめし、秀麗な山容は四季折々の自然の美を生み出し、訪れる人々の心を和ませています。神道では人も自然の中に共生するもので、私たちの周りのものや人に神が宿り、こうした自然の中に存在する多くの神々を崇め敬います。山川草木豊かな自然は清浄を生み成し、そこは聖なる清らかな場所として神が宿り給う処となります。私たちは特に優れた力や自然界の生命力をカミとして崇め敬い、自然が生み出す恵みと脅威をも受け入れ、「今」を大切に想い日々の生活を営みます。自然に恵まれた寳登山はまさしく神鎮まります聖なる空間として清らかな時間を清らかなこころで御参拝いただきますよう願っております。

引用:宝登山神社ホームページ

宝登山神社 御本殿

宝登山神社 御本殿

装飾が美しい、宝登山神社 御本殿

宝登山神社の御本殿は、まずその装飾の美しさがひときわ目につきます!

またミシュランの1つ星に選定されたためか、それだけの理由ではないのかは分かりませんが、外国人観光客の姿も多く目につく印象です。

そして宝登山山頂には奥宮が鎮座しているとのことで、奥宮好きの私としては当然行くしかないので山頂を目指します。

宝登山山頂へ

宝登山山頂へはロープウェイで行くこともできますが、ここは歩いて山頂を目指します。

暑さと疲労と水不足・・・

この日は非常に暑い日だったのですが、標高も491メートルと極端に高い訳でもなく、そこそこの水を持って出発したのですが、程なくして自分の甘さを思い知ります(苦笑)

まず、山道というと木々が生い茂っていて直射日光は避けられるイメージですが、こちらは日陰が非常に少なく、太陽の日差しがガンッガンに照り付けます。

その上、標高が低いためか登れど登れどほとんど涼しくなってくれません。

さらに甘くみて携帯した水の量が少なかったため、途中から水を節約せざるをえません。

結果、直射日光と水不足と体力の消耗で意識が朦朧としてきます。

天候悪化などの外的理由以外で引き返そうと思ったのは、未だにこの時だけのような気がします(笑)

けっきょく奥宮に着く少し手前に自販機などが設置してある場所があり、そこで飲料水を購入して助かりましたが、低山とはいえ山を甘くみてはいけないことを身をもって思い知らされた登山道でした(苦笑)

宝登山中腹からの風景

宝登山中腹からの風景

宝登山神社 奥宮にて

そこからさらに歩くと、少し長めの階段の上に宝登山神社の奥宮前の鳥居があります。

宝登山神社 奥宮の鳥居

宝登山神社 奥宮の鳥居

鳥居をくぐると、奥宮が鎮座する広場があり、境内には売店などもあって休むこともできました。(親切なおばあさんに団扇などを貸していただき、休ませていただきました。しばらく訪問していませんが、元気だと良いのですが・・・)

宝登山神社 奥宮

宝登山神社 奥宮

また山頂付近にはロープウェイ駅やレストハウスなどもあり、けっこう充実しています。

山と自然を侮るなかれ

下りは、山頂付近でエネルギーをしっかりチャージできたおかげで比較的スムーズにいけました!

宝登山神社への旅は安全管理という点で、その後の重要な教訓になった気がします!

自然は決して甘く見てはいけないですね!

タイトルとURLをコピーしました