ハロウィンって何?日本との関係性や、色々なハロウィン in 2018

いえーい!みんな、2018年のハロウィンは楽しめたかな?

ちなみに私はといいますと、全く興味も関心もなく、月面の夜の表面温度くらいの、ものすごく冷めた目で見ていました。

ところで2018年の日本のハロウィンは、全体的に馬鹿騒ぎっぷりが目立ったようです。

いや、馬鹿というと馬さんや鹿さんに失礼ですので、愚者騒ぎとかの表現にしておきます。

10月31日のハロウィンを前にした週末、東京・渋谷に集まった群衆が一部暴徒化し、逮捕者が出る事態に発展した。インターネット上には、イタズラでは済まされない愚行が次々と投稿され、「今後の規制につながりかねない」と危惧する声が溢れ返った。

引用:ビジネスジャーナル

ところで、日本とハロウィンって、どんな関係があるんですかね?

そんな疑問を持っている方は私だけではないと思います。

そこで今回は、ハロウィンと日本の関係性や、私の中でのハロウィンのイメージなどについてまとめてみました。

行事としての「ハロウィン」って何?

元々は秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す意味の、古代ケルト人が起源の行事(なお日本では悪霊が溢れ出す模様)

まずハロウィンについてですが、ハロウィンとは古代ケルト人が起源と考えられている祭のことで、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったそうです。

日本でのハロウィンは、むしろ悪霊が街中に溢れ出す祭り(むしろ祟り)と化していますけどねw

(笑いごとではありませんが・・・)

アメリカでは宗教的な意味合いはほとんどなくなっている

ハロウィンというと「アメリカ」というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、アメリカでは祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっており、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがあるそうです。

ハロウィン、あるいはハロウィーン(英・米式発音ともに ハロウィ「ー」ン と伸ばす。英: Halloween または Hallowe’en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

引用:ウィキペディア

キリスト教では祭として祝わない

また、キリスト教というイメージを持っている方も多いかもしれませんが、キリスト教においてもハロウィンは教会暦上の祭としては祝われないそうです。

教会暦を教会全体で使用するカトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会・東方諸教会の全てで、ハロウィンは教会暦上の祭としては祝われない。先述の通り、元々ハロウィーンの起源はキリスト教では無い。

引用:ウィキペディア

古代ケルト人とは?

ちなみに古代ケルト人というのは、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来した、インド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いていた民族だそうです。

ケルト人(ケルトじん、英語: Celt, Kelt [ˈkɛlt], Celt では [ˈsɛlt] とも)は、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いていた民族である。

引用:ウィキペディア

日本と関係なくない?

これらの情報を踏まえると、

日本とハロウィンの間に何の関係も見いだせない

ように思うのですが、いったい何を持ってして、どんな根拠で「ハッピーハロウィン!」なんですかね・・・

寝言は寝てから言ってほしいもんです。

私の中でのハロウィンのイメージ

日本とハロウィンの間に歴史的な関係性は無い事が分かったところで(笑)、ここからは私の中でのハロウィンのイメージを挙げていきたいと思います。

ハロウィンのイメージ1(ドイツのバンド「Helloween」)

私の中でのハロウィンといえば、ドイツのジャーマンメタルバンド「Helloween」ですかね・・・(笑)

好みの度合いでいえば、バンドとしては「けっこう好き」くらいなのですが、「イーグルフライフリー」や「パワー」あたりはとても好きな曲です。

ハロウィンのイメージ2(白猫プロジェクトの「ミゼリコルデ」)

あとは「白猫プロジェクト」や「白猫テニス」というゲームに登場する「ミゼリコルデ」というキャラクターですかね。

お化けと仲良しのキャラクターで、とても可愛くて良いキャラクターではあるのですが、ゲームとして今いちキャラクターを活かしきれずに活躍の場が少ないのが残念です。

実は「白猫プロジェクト」の「ミゼリコルデ」初登場時には見事引き当ててしまったのですが、あまり活躍の場がなかったですね・・・

ちなみに「白猫プロジェクト」の方はちょっと遊ぶ時間が足りない事もあり、今となってはログイン勢寸前、みたいな状態です。

(特に初期の頃は本当に大好きなゲームだったんですけどね・・・)

「白猫テニス」の方は少しやってみて、正直私にはあまり向いていなかったので、今ではログインもしていないのですが、キャラクターは良いですし、スポーツ系のゲームが得意な方はやってみても良いのではないでしょうか。

白猫テニス

白猫テニス

COLOPL, Inc.無料posted withアプリーチ

ハロウィンのイメージ3(「かぼちゃ」そのもの)

「ハロウィン」といえば「かぼちゃ」ですが、日本では12月22日の冬至の日にかぼちゃを食べる風習があります。

正直私はかぼちゃを食べる機会があまり多くないのですが、たまにあのかぼちゃの甘さを味わってみたくなることもあります。

少々余談ではありますが、2018年の夏には調理に失敗したモッサモサのかぼちゃを食べる機会がありまして、冗談ではなく口や喉の水分を全て奪われてけっこう危険なかぼちゃでした(苦笑)

ところで、冬至の日にあれだけ愚者騒ぎできたら、逆に尊敬に値しますねw

まとめ

今回は、ハロウィンと日本の関係性や、私のハロウィンのイメージなどについてご紹介してきました。

最後の方はだいぶハロウィンから脱線してしまいましたが(笑)

いずれにせよ、何を楽しもうと人それぞれではありますが、他人様に迷惑をかける事だけはやめましょう!

本当にダサイです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする