Googleしごと検索とIndeedの求人情報掲載方法は?採用サイト制作業者は?

現代日本は未曾有の少子高齢化時代に突入しています。

そういった状況において企業を悩ませる問題に、

・働き手不足

・人手不足

・優秀な人材の確保

などがあります。

2018年に行われた調査によると、

・15~64歳の生産年齢人口は前年より51万2000人減少し、全体に占める割合は59.7%

・比較可能な1950年以降では同年と並び最低

などとされており、生産年齢人口の減少と、外国人労働者の受け入れの流れは今後も強まっていく事が予測されています。

総務省が十二日公表した二〇一八年十月一日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は前年より二十六万三千人少ない一億二千六百四十四万三千人で、八年連続のマイナスだった。

働き手の中心となる十五~六十四歳の生産年齢人口は五十一万二千人減り、全体に占める割合は59・7%で、比較可能な一九五〇年以降では同年と並び最低。

人手不足解消が喫緊の課題で、外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法の今月施行により、日本人に代わって労働力を穴埋めする流れが強まりそうだ。

引用:東京新聞「働き手、過去最低59% 総人口1億2644万人 8年連続減」より

今回は、

求人情報掲載や、採用サイト制作

に関する話題です。

求人情報メディアといえば「Indeed(インディード)」

まず、求人情報メディアとして非常に有名なサイトに、

Indeed(インディード)

があります。

例えば検索エンジン「Google」などで求人情報関連のキーワード検索をすると、

「○○○○の求人 – 関東 | Indeed (インディード)」

などのように上位表示されるため、見た事のある方も非常に多いのではないかと思います。

「世界No.1求人検索エンジン」と呼ばれるに相応しい知名度と実績

この「Indeed(インディード)」についてですが、下記の調査によると、

・月間訪問者数:2120万人

・国内では月間170万件ずつ求人情報が増えている

・調査対象の99%がインディードを認知している

・82.5%が実際にインディードを利用

・半分以上のユーザーがサービスに満足している

などといった調査結果が明らかになっており、求人情報メディアとしての「Indeed(インディード)」は、「世界No.1求人検索エンジン*」と呼ばれるに相応しい抜群の知名度と実績を誇っているとといってよいものと思われます。

*出典:comScore 2018年3月訪問数

 <結果サマリ>

●調査対象の99%がインディードを認知していると回答

●認知経路は、TVCMが55.4%と1位

●6割以上の方が「インディードのCMが好き」と回答

●82.5%が実際にインディードを利用

●半分以上のユーザーがサービスに満足していると回答

引用:SankeiBiz「CMが話題のインディード、認知度99%・利用度82.5%!「インディード利用状況調査」」より

インディードはインターネット上の求人情報を検索できるサイトを運営している。国内では月間170万件ずつ求人情報が増えており、月間訪問者数は2120万人。

引用:日本経済新聞「インディード、採用サイト作成支援 通年採用に対応」より

掲載枠と人材の奪い合い!ライバル企業も非常に多い

しかし、

国内では月間170万件ずつ求人情報が増えている

という事は、

ライバル企業も非常に多く、掲載枠と人材の奪い合いになっている

という側面もあります。

例えば、

「弊社は大手企業や有名企業には決して負けない素晴らしい企業だ!」

という自負があったとしても、大手企業や有名企業などの大量の求人情報に埋もれていってしまうのはどうしても避けられない事であるように思いますし、

いつまで経ってもIndeedの求人から応募が来ない・・・

という状況に陥ってしまう事も十分に考えられます。

「Googleしごと検索」(Google for Jobs)とは?

日本における、働き手不足や人手不足が少しづつ深刻化していく中、検索エンジンの最大手である「Google」が2019年1月23日に万を辞して投入した求人情報サービスに、

「Googleしごと検索」(Google for Jobs)

があります。

この「Googleしごと検索」は、

ウェブ上の転職情報サイト、求人情報サイト、企業の採用ページなどから求人情報を取得して、検索結果ページに表示する

というもので、例えば「六本木 エンジニア 転職」のキーワードでGoogle検索をすると、2019年7月現在、検索結果の1ページ目最上部に下記のように求人情報が表示されます。

Google検索の検索エンジンシェア率は?

Googleと言えばおそらく知らない方はいないであろう、超有名な検索エンジンですが、ここではGoogle検索の凄さについて少々振り返ってみたいと思います。

2019年4月の検索エンジンシェア率調査によると、

75%をGoogleが占める

という驚異的な結果となっており、Googleの検索エンジンとしての圧倒的な強さを伺い知る事のできる結果となっています。

Net Applicationsから2019年4月のデスクトップにおける検索エンジンのシェアが発表された。2019年4月はGoogleとBaidu、Bingがシェアを増やし、Yahoo!とYandexがシェアを減らした。

しかし増減の幅は小さく、2019年3月とほぼ同じ傾向が続く形となった。

デスクトップ向けの検索エンジンとしてはGoogleが常に高い値をキープしており、4分の3はGoogleが占める状況が続いている。

引用:マイナビニュース「Googleが75%を確保 – 4月検索エンジンシェア」より

「Indeed」と「Googleしごと検索」の両方に求人情報を掲載するには?

・「世界No.1求人検索エンジン」と称される『Indeed』

・圧倒的な検索エンジンシェア率を誇る「Google」が運営し、比較的新しくて競合も少ないと考えらえれる『Googleしごと検索』

この2つの求人情報メディアにまとめて求人情報を掲載する事ができれば、これほど心強い事はありません。

「Googleしごと検索」に掲載する方法は?

まず「Indeed」については、

Indeed求人掲載

ページなどからも掲載する事ができます。

しかし問題は、

「Googleしごと検索」にどうやって検索するか?

になります。

下記の記事によると、

「Google しごと検索」へ求人情報を掲載するには、

・求人情報の構造化データを求人情報のウェブページに追加し、サイトマップをGoogleへ送信する

・対応している求人メディアやATSへ求人情報を掲載する

の2つしか方法がないとされています。

Google しごと検索に掲載する手段は2つ

Google しごと検索へ求人情報を掲載するには以下の2つしか方法がありません。

・求人情報の構造化データを求人情報のウェブページに追加し、サイトマップをGoogleへ送信する

・対応している求人メディアやATSへ求人情報を掲載する

引用:impress BUSINESSMEDIA「【2019年1月まとめ】Google しごと検索に掲載されるために必要なこと・最新版」より

こういった知識のある方や、社内にエンジニアを抱えている方ならおそらくそれほど難しい事では無いように思われますが、

・ページがインデックス?

・構造化データ??

・構造化データマークアップをマークアップ???

という方もいらっしゃるかもしれませんし、「Googleしごと検索」に掲載するためだけにエンジニアを雇うというのも、それはそれで考え物です。

また、自社対応したはよいものの、いつまで経っても求人情報が表示されないなどとなっては目も当てられません。

「Googleしごと検索」と「Indeed」への求人情報掲載に対応してくれる業者は?

「Googleしごと検索」に掲載する場合、専門の技術やノウハウを持った業者に依頼するのも選択肢です。

「Googleしごと検索」に掲載だけでなく、「Indeed」への掲載も合わせて対応してくれる業者には、

Googleしごと検索対応の「しごとパックCMS」

があります。

Googleしごと検索対応の「しごとパックCMS」

は、

・初期費用20万円〜、月額3万円〜で、「Googleしごと検索」と「Indeed」の両方に対応した採用サイトを持つことができる

・企業の魅力が伝わるような、求人原稿作成サービスも合わせて提供

・採用課題やサイト設計など、日々の運用サポートを行う

などといった特徴のあるサービスです。

Googleしごと検索対応の「しごとパックCMS」

は、

ただ技術提供を行うだけでなく、人材採用に必要なサポートも合わせて行ってくれる

採用に困っている企業を支援してくれる人材採用の専門業者です。

引用:Googleしごと検索対応の「しごとパックCMS」

まとめ

今回は、

求人情報掲載や、採用サイト制作

に関する話題についてご紹介してきました。

これからの日本の生産年齢人口の減少を考えると、優秀な人材や働き手をいち早く確保する事を急務としている企業も多いかと思います。

その一方で、

・応募が少ないから無理に採用したは良いものの、正直使えない・・・

・本音を言うと辞めてもらいたいけど、そうもいかない・・・

・そもそも応募が来ない・・・

などといった問題が発生し、採用活動が上手くいかない企業も少なくないものと思われます。

できるだけ多くの求職者に求人情報を見てもらい、優秀な人材に積極的にアピールしていくためには、

「Indeed」のような有名サービスはもちろん、「Googleしごと検索」のような最新かつ高いポテンシャルを持った求人メディアをいち早く利用するのは必須

であるように思われます。

もし、

「Googleしごと検索」にも「Indeed」にも求人情報を掲載し、求職者に最大限のアピールを行いたい!

という場合、

Googleしごと検索対応の「しごとパックCMS」

のような専門業者に依頼してみるのも一つの選択肢ではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする