口臭の原因「舌苔(ぜったい)」とは?舌奥のケアにおすすめの方法やアイテムは?

人間が生活していく上でどうしても気になってしまうものの一つに、

口臭

があります。

以前の記事、

みなさんは、自分、友人、家族、同僚などの口臭が気になった事がありますか? 食事の後やお酒を飲んだ後のみならず、ついふとした時に...

でもご紹介した事がありますが、日頃気になる自分や他人の臭いとして、

第1位は自他ともに「口臭」

さらに、

自分の口臭より他人の口臭の方が気になる

などの調査結果がでているなど、口臭を気にして生活している方は非常に多くなっています。

日頃気になる自分や他人のニオイは?

気になるニオイ第1位は自他ともに「口臭」であり、
82.0%が他人の口臭が気になり、77.8%が自分の口臭に気をつけていました。

自他共に、気になるニオイの1位に「口臭」が選ばれました。
また、自分のニオイよりは他人のニオイが気になっている傾向がうかがえました。

引用:グリコホームページ「日頃気になる自分や他人のニオイは?」より

さらに口臭と人間関係に関する調査によると、

13.1%の人が「口臭が原因でつきあいをやめたり避けるようになったりした人がいる」

と回答しており、

口臭が原因で人間関係が壊れる場合がある

という事実も存在しています。

13.1%の人が「口臭が原因でつきあいをやめたり避けるようになったりした人がいる」と答えました。これを多いと見るか少ないと見るかは意見が分かれるかもしれませんが、口臭が人間関係に影響を及ぼす一因になる可能性があることがわかりました。

口臭が原因でつきあいをやめたり避けたりするようになった相手の有無、口臭が原因でつきあいをやめたり避けたりするようになった相手

引用:グリコホームページ「日頃気になる自分や他人のニオイは?」より

今回は、皆が気になる「口臭」の原因となるものの一つ、

舌苔(ぜったい)

に関する話題です。

「舌苔(ぜったい)」とは?

まずそもそも、

舌苔(ぜったい)

とはなんなのでしょうか?

「舌苔(ぜったい)」とは、嫌なにおいを発生させる嫌気性菌のかたまり

下記の記事によると、

「舌苔(ぜったい)」とは、

嫌なにおいを発生させるのが嫌気性菌のかたまり

である、という内容が紹介されています。

-そもそも舌苔って何?

口の中で悪臭を発生させるもの…その正体は「菌」でした。

菌は大きく分けて、酸素のあるところで生育する「好気性菌(こうきせいきん)」と、生育に酸素を必要としない「嫌気性菌(けんきせいきん)」の2つのタイプがあります。このうち、イヤなにおいを発生させるのが嫌気性菌です。

嫌気性菌の格好のすみかが、舌に生えている細い繊維状の組織(糸状乳頭)の根元です。ここには酸素が届きにくいため、多くの嫌気性菌がすみ着いてかたまりをつくります。このかたまりが舌苔の正体です。

引用:SankeiBiz「舌が白いと口臭が発生!? 舌苔の除去方法をチェック」より

「舌苔(ぜったい)」のチェック方法は?

それでは、

自分の舌の「舌苔(ぜったい)」をチェックする方法

にはどういったものがあるのでしょうか?

これは比較的簡単で、

鏡を見ながら舌を突き出して、舌の中ほどからやや奥のほうについている白いものが「舌苔(ぜったい)」

であるようです。

鏡を見ながら、舌をベーッと突き出してみてください。舌の中ほどからやや奥のほうについている白いもの、これがイヤ?な口臭を発生させる原因「舌苔(ぜったい)」です。

引用:SankeiBiz「舌が白いと口臭が発生!? 舌苔の除去方法をチェック」より

「舌苔(ぜったい)」はどんな臭い?

口臭の原因になるとされる「舌苔(ぜったい)」ですが、この「舌苔(ぜったい)」はどのような臭いを発するのでしょうか?

下記の記事によると、

卵が腐ったような悪臭

とされています。

想像しただけでも吐きそうな臭いですね・・・

「舌苔とは、舌の表面、特に舌の中央部から奥のほうに多く付着する粘り気のある物質。口の中の粘膜から剥がれ落ちた細胞や、食べ物のカス、白血球などの血液成分や細菌によって構成され、揮発性硫黄化合物という、卵が腐ったような悪臭を放つ物質を発生させます」

引用:文春オンライン『その口臭の原因は「舌苔(ぜったい)」かも お手入れの方法は?』より

「舌苔(ぜったい)」の堆積は健康にまで悪影響を及ぼす?

さらに、

「舌苔(ぜったい)」の堆積は健康にまで悪影響を及ぼす

とされています。

下記の記事によると、

・舌苔の堆積は、口腔内の細菌数が増えている事を意味する

・味覚障害、舌炎、歯周病、誤嚥性肺炎、口腔カンジダ症などを引き起こすリスクを高める

・免疫力の低い高齢者の場合は、命に関わることもある

など「舌苔(ぜったい)」は『百害あって一利なし」であるという点が指摘されています。

舌苔は「百害あって一利なし」

「舌苔の堆積は、口腔内の細菌数が増えていることを意味します。これは口臭の原因になるだけでなく、味覚障害や舌炎、歯周病、さらには誤嚥性肺炎や口腔カンジダ症などの病気を引き起こすリスクを高める。特に免疫力の低い高齢者の場合は、命に関わることもあります」

そう語る簗瀬院長によると、舌苔には舌を保護するとか、外から入ってきた菌やウイルスをやっつけるといった“善玉”としての役割はなく、「百害あって一利なし」だそうだ。

引用:文春オンライン『その口臭の原因は「舌苔(ぜったい)」かも お手入れの方法は?』より

「舌苔(ぜったい)」のケア方法は?

卵が腐ったような悪臭

を放つ「舌苔(ぜったい)」ですが、ケア方法にはどういったものがあるのでしょうか?

下記の記事によると、

・泡ハミガキを口全体にいきわたらせた後、通常の歯磨きを行う

・やわらかい布を指に巻きつけ、舌苔(ぜったい)をやさしくこする

などといった点が紹介されています。

・泡ハミガキ

泡タイプのハミガキを使います。きめ細かな泡を舌に直のせして、クチュクチュして口全体にいきわたらせた後、通常の歯磨きを行います。泡にはよごれを吸着しやすい性質があり、泡がきめ細かいほど泡の表面に多くの菌を吸着することができます。泡タイプのハミガキは、通常の歯磨きではたてることのできないきめ細かな泡ができるので、舌苔ケアに有効です。最近では、舌の上の菌のかたまりに着目して開発された泡ハミガキもあります。

・やわらかい布で拭き取る

メガネ拭きに使うような、マイクロファイバーなどのやわらかい布を指に巻きつけ、舌苔をやさしくこすります。回数は1日1回程度まで。

引用:SankeiBiz「舌が白いと口臭が発生!? 舌苔の除去方法をチェック」より

『舌の奥』の「舌苔(ぜったい)」のケアはどうするのか?

しかし、ここで少々疑問に思うのですが、先ほどご紹介した情報の中において、

「舌苔(ぜったい)」が堆積する場所

として挙げられているのは、

・舌の中ほどからやや『奥のほう』

・舌の中央部から『奥のほう』

など、

舌の『奥のほう』

が含まれています。

しかし先ほどご紹介した舌苔(ぜったい)のケア方法を実践すると、

・舌の奥の方に、歯ブラシを突っ込む

・やわらかい布を巻きつけた指を、舌の奥の方に突っ込む

という状態になってしまいます。

皆さんはできますか?

正直、無理だと思います。

想像しただけでも「えずき」そうです・・・

「舌苔(ぜったい)」が堆積する場所には「舌の奥のほう」まであるのに、「舌の奥のほう」をケアする方法が無いのは、対策としては少々不十分であるようにも思われます。

それでは、『舌の奥』の「舌苔(ぜったい)」をケアする方法はないのでしょうか?

『舌の奥』の「舌苔(ぜったい)」までキレイにし、口臭を除去するケアアイテム「ルブレン」

『舌の奥』の「舌苔(ぜったい)」までキレイにし、口臭を除去するケアアイテムには、

【ルブレン】

があります。

【ルブレン】は、

お口を浄化し、口臭を防ぐことのできる、洗口液です。

・オーガニック認証済みの成分が約半分を占めるから口に入れても安全

・いつ効いたのかわからないサプリと違い、 口にいれた瞬間スッキリ

といった特徴があり、

・90日間の返金保証制度

もあるため、安心して購入する事ができます。

これまでどんなサプリメントなどで口臭対策をしても効果を感じられなかった方は、

夜寝る直前に【ルブレン】を使用する事で、朝に効果が実感できます。

この【ルブレン】は、「舌苔(ぜったい)」のケアにも非常に高い満足度を誇っている洗口液です。

引用:【ルブレン】ホームページ

トローチタイプの「ルブレン 喉・口臭トローチ」

「ルブレン」シリーズには、トローチタイプの

ルブレン 喉・口臭トローチ

も存在しています。

ルブレン 喉・口臭トローチ

は、

・口臭の除去

・口腔内の殺菌・消毒

・のどの荒れ、不快感

に効果のあるトローチです。

歯を磨いても口臭が消えない

といった悩みを持った方の場合、

歯を磨いても奥から臭う、舌苔(ぜったい)などを原因とする「喉口臭」に対するケアが必要な可能性があります。

しかし、舌の奥や、喉を歯ブラシで磨くことはできません。

そんな「喉口臭」のケアにも、ルブレン 喉・口臭トローチはおすすめできます。

下記の動画などでも様々な方が「本当に口臭が消えるのか?」について実験・検証をしています。

まとめ

今回は、皆が気になる「口臭」の原因となるものの一つ、

舌苔(ぜったい)

に関する話題についてご紹介してきました。

最後にもう一度整理しますと、「舌苔(ぜったい)」は、

・舌の中ほどからやや『奥のほう』

・舌の中央部から『奥のほう』

など、

『舌の奥のほう』

が発生源として含まれています。

しかし、

歯ブラシや指を、舌の奥の方に突っ込んでケアする事など到底できません。

もし、舌の奥までしっかりとケアし、口臭を除去・予防したいという方は、

【ルブレン】

や、

ルブレン 喉・口臭トローチ

などの導入も検討されてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする