50代の転職は厳しい?ミドルシニアの正社員就職におすすめの無料サービス

年齢が上がれば上がるほど厳しいとされる

転職活動

ですが、なかでもかなり厳しいと言われる事が多いのが、

50代の転職

です。

しかし、その話は事実なのでしょうか?

今回は、50代の転職に関する話題です。

50代の転職、その現状は?

冒頭で触れました

50代の転職

についてですが、まずその現状について見ていきたいと思います。

全ての年代を見れば、やはり厳しい50代の転職

まず、年代別の正社員採用状況についてですが、「マイナビ転職」の調査によると、

・20代:57.8%
・30代:74.4%
・40代:52.6%
・50代:28.7%
・60代:11.8%

となっており、60代に比べれば割合は大きいものの、

50代転職者の、10人に7人ほどは正社員として雇用されない

という現状が明らかになっています。

50代においては約3割が正社員として雇用されているものの、若い世代に比べると割合が大きく落ち込むことは否めず、60代での正社員採用は1割程度にとどまります。

そのような状況において新しい仕事を見つけるのであれば、正社員以外の選択肢も検討するのが近道といえるでしょう。

50代で正社員にこだわり続ける場合は、仕事を見つけられる確率は3割にも満たないですが、正社員以外の選択肢も受け入れれば5割を超える確率へと上昇します。

引用:マイナビミドルシニア「50代から厳しくなる中高年の転職。好転させるポイントはこだわりを捨てること?」より

50代の転職率は、数年前と比較すれば改善されている

しかし50代の転職に関しては、厳しいデータばかりではありません。

確かに20代~40代の転職に比べれば数字としては厳しいものの、それでも50歳以上の転職決定数は、

平成29年度は平成21年度の約2倍

となっています。

その背景としては、

競争力確保のため、経験豊富な中高年層を獲得する企業が増加した

といったものがあるようです。

人工知能(AI)関連の技術者だけでなく、事務系職種も含めたミドル、シニアの転職市場が活況だ。高い人件費や環境変化への適応性が心配され、「転職は35歳まで」「50歳以上は採用しない」と敬遠された時代から一変。「年齢の壁」が崩れ、競争力確保のため、企業が経験豊富な中高年層を戦略的に獲得する時代が到来した。

(中略)

リクルートキャリアによれば、平成29年度の50歳以上の転職決定数は21年度の約2倍。平野竜太郎シニアコンサルタントは「事業プロセスを知る人材は貴重。眠っていた人材が活躍している」と話す。

引用:産経新聞ホームページ「転職市場50代以上も活況! 経験求める企業、決定数8年で倍増」より

転職活動が好調なのは、あくまでも「経験豊富」な50代

しかし残念ながら、50代の誰もが転職活動が好調という訳ではありません。

先ほどご紹介した記事の中にも

経験豊富

経験求める

という言葉が踊っていたように、好調なのはあくまでも「経験豊富」な50代です。

さらに別の調査では、「経験豊富」に加え

専門性の高さ

も50代を採用する条件のとして重要な要素に挙げられています。

50代の傾向

大きくは40代と変わりませんが、特に規模の大きな企業において「専門性が高い」というポイントに着目していることがわかります。

「モラルや責任感が高い」ということも、評価されるポイントといえるでしょう。

正社員へのこだわりを捨てれば確率が上がる?

先ほどご紹介した記事の中では、

50代以上の転職は、正社員以外の選択肢も受け入れれば5割を超える確率になる

という事が言われています。

確かに人間が生きていく上では、捨てるべきこだわりというのも出てきてしまうのかもしれません。

しかし、せっかく積み重ねてきた人生です。

できる事なら最後までこだわりを捨てずに生きていきたい

という方も少なくないのではないでしょうか?

50代で正社員にこだわり続ける場合は、仕事を見つけられる確率は3割にも満たないですが、正社員以外の選択肢も受け入れれば5割を超える確率へと上昇します。

・これまで年収をいくらもらっていたのに…
・正社員以外で働くなんて…
・こんな小さな規模の会社で働くなんて…

などのこだわりを捨てられるかが、仕事を見つけられる大きなポイントといえるでしょう。

引用:マイナビミドルシニア「50代から厳しくなる中高年の転職。好転させるポイントはこだわりを捨てること?」より

ミドルシニア向け就労支援サービスとは?

近年では転職・就職支援サービスも非常に多彩になってきています。

その中には、

30歳~54歳までを対象にする

とはっきり明示しているサービスも存在します。

そういったサービスを利用する事で、

年齢制限をはなから気にすることなく、転職・就職活動サービスに専念する事ができます。

30歳~54歳対象!東京都内での就職支援サービス「ミドルコーナー」

30歳~54歳を対象にした正社員就職支援サービスには、

【ミドルコーナー】

があります。

こちらは

東京都内で働く事を希望する方向けに東京都が運営する就労支援サービス

で、

年間就職決定者数:約7,000件

の実績があります。

また、こちらのサービスは

無料で利用可能

ですので、50代の方でもこういったサービスを利用すれば確実に転職・就職へのチャンスが広がるはずです。

転職エージェントを利用する

ここまでは、54歳までの方を対象とした就労支援サービスをご紹介してきました。

しかし、先ほどご紹介したサービスは東京都で働くことを条件としたサービスでした。

2019年現在、50代の方を取り巻く転職環境は、20代~40代と比較すると決して簡単とは言い難いですが、特に経験豊富な50代の方に関しては、それ以外のサービスを利用するのも十分考えられる選択肢です。

そこでここからはそういった条件の縛りの無い、転職エージェントのサービスをご紹介していきます。

転職エージェントは、利用者からの高評価が多い?

ちなみに下記の記事によると、実際に転職エージェントを利用するまでは、

転職エージェントのサービス内容を詳しく知らなかった人が約53%

と半数以上に上ったそうですが、

実際に転職エージェントを利用した後の感想は、66%が高評価

という結果になったとの事です。

もし、これまで転職エージェントの存在を詳しく知らなかったという方は、転職エージェントの利用もおすすめできる選択肢の一つです。

■利用後の感想は66%が高評価 キャリアやスキルにネックがある人も使えるサービス

サービス認知度の低さが浮き彫りになった一方で、今回初めて転職エージェントを利用した人に対し「利用する前と後で転職エージェントへの印象はどう変わりましたか?」という調査をしたところ、66.3%の人が「良い方向に変わった」と回答しました。この結果から、よく知らないながらも転職エージェントのサービスを利用してみたら、想像以上に満足したという人が多いことが見受けられます。

引用:株式会社ワークポート「<転職希望者のホンネ調査>」より

求人情報・転職サイト「doda(デューダ)」

doda(デューダ)は、

職種、年齢、経験を問わず、様々な方が利用する事のできる、求人の紹介や、転職活動サポートのサービスです。

転職のプロが、

・応募書類(履歴書・職務経歴書など)のアドバイス

・企業へのエントリー

・選考結果のお知らせ

・面接日程の調整やノウハウなどのフォロー

・内定

までをトータルサポートしてくれます。

また、

80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人

であるため、自分では見つけられなかった求人も、doda(デューダ)に登録することで見つけることができます。

まとめ ~50代の転職、簡単ではないが希望は十分ある~

今回は、

50代の転職

に関する話題についてご紹介してきました。

50代の転職は以前と比べれば大分状況が良くなっているとはいえ、決して簡単では無い事に変わりはありません。

しかし、

【ミドルコーナー】

のように

30歳~54歳までを対象にする

とはっきり明示している支援サービスを利用する事で、求人の年齢制限などといった煩わしさを極力排除して、転職・就職活動に専念する事ができます。

また、職種・年齢・経験を問わず、様々な方が利用する事のできる

doda(デューダ)

のような転職エージェントも存在しています。

もし50代での転職を考えているという方は、今回ご紹介したサービスの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

【30歳~54歳対象】

【総合転職エージェント】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする