股間がくさい!デリケートゾーンのにおいのケア方法や、おすすめケアアイテム

体臭にも様々な種類がありますが、普段は目立たないものの、他人には言いづらい体臭に、

デリケートゾーンのにおい

があります。

もう少しストレートに言ってしまえば、

・股間のにおい

・外陰部のにおい

ですが、今回は、

・デリケートゾーンのにおい

・股間のにおい

・外陰部のにおい

などに関する話題です。

みんなのデリケートゾーン事情

まず、デリケートゾーンのにおいに悩んでいるという女性は非常に多いようです。

みんな密かに気にしているデリケートゾーンのにおい

下記の調査によると、

生理がある13~49歳の女性の66.7%がデリケートゾーンの「ニオイ」に悩んでいる

という調査結果が明らかになっています。

ユニ・チャームが実施したアンケート調査によると、生理がある13~49歳の女性5,460人中全体の66.7%がデリケートゾーンの「ニオイ」について悩んでいることがわかりました。

引用:Woman excite『アソコがツ~ンと臭う…男が幻滅した「女の部位」特別ケア』より

デリケートゾーンの悩みは人には相談できない

また、デリケートゾーンの悩みは、その名の通りデリケートな問題である事もあってか、人に相談できないという方も多いようです。

下記の調査によると、

デリケートゾーンの悩みについて誰にも相談したことがないという女性は全体の80%

に上っており、5人に4人の女性はデリケートゾーンの悩みを人に相談できないという結果となっています。

「デリケートゾーンの悩みについて誰にも相談したことがない」(全年代)※

※ 2012年2月持田ヘルスケアによるインターネット調査(対象:20~50代女性 412名)

引用:持田ヘルスケア株式会社「デリケートゾーン・女性の悩み」より

デリケートゾーンがくさいと人間関係、パートナーとの関係に悪影響も

また、デリケートゾーンがくさい事で、人間関係、パートナーとの関係に悪影響が出る場合もあります。

下記の記事では、男性から見た女性のデリケートゾーンに対して、

・彼女の下半身からひどい臭いがしてくる

・ちゃんと洗っているのか不安になる

・石鹸と体臭が混ざったような臭いがすることがある

など、面と向かって言いたくてもなかなか言い出せないような男性の声が紹介されています。

男性がベッドで幻滅した経験のある不快臭といえば、真っ先にあがるのが、デリケートゾーンの臭い。

「彼女の下半身からひどい臭いがしてくると、ちゃんと洗っているのか不安になる」(36歳男性)

「女性のデリケートゾーンから、石鹸と体臭が混ざったような臭いがすることがあるんですが、石鹸を洗い流してないってことですかね?」(38歳男性)

デリケートゾーンは、年間を通じて丁寧なお手入れが求められるパーツ。そして全身の乾燥が気になる冬の時期には、デリケートゾーンまわりも乾燥を感じやすくなりますよね。

保湿もしっかり意識を向けておきたいパーツですが、同じくらい清潔感にも気を付けておかないと、男性からの評価はだだ下がりに……。

引用:anan web『お前クサいよ… 男がベッドで幻滅する「女の臭い」3選』より

また、個人的な主観も述べさせていただきますと、デリケートゾーンがくさい、というのは正直なところ、非常に厳しいものがあるのは否定できません・・・

そして指摘できるかできないかで言えば、まずできないと思います。

デリケートゾーンのにおいの原因は?

それでは、デリケートゾーンのにおいの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

下記の記事によると、女性のデリケートゾーンのにおいの原因として、

・汗や尿

・生理の経血

はもちろんですが、

・多湿で暖かい上に、ムレやすいため、菌が増殖する

ためにおいが発生しやすい、という点が紹介されています。

ニオイ・ムレの原因

ニオイは、汗や尿、生理の経血だけでなく、菌が増殖することが原因です。デリケートゾーンは常に多湿で温かいうえに、下着やナプキン、パッドを着けているためムレやすく、菌が増殖しやすい環境です。

そのため、他の場所に比べてニオイが発生しやすいのです。

引用:持田ヘルスケア株式会社「デリケートゾーン・女性の悩み」より

デリケートゾーンのにおいを防ぐポイントは?

次に、デリケートゾーンのにおいを防ぐポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?

さきほどもご紹介した記事によると、

・通気性が良い下着を使用する

・おりものシートやナプキン、パッドをこまめに替える

・毎日のお風呂で、デリケートゾーンをきちんと洗って清潔にする

などといった点が紹介されています。

ニオイを防ぐためのポイント

ニオイの原因となる菌の増殖を防ぐことが大切です。
たとえば、

●通気性が良い下着を使用する

●おりものシートやナプキン、パッドをこまめに替える

●毎日のお風呂で、デリケートゾーンをきちんと洗って清潔にする。

このような、ちょっとした工夫で菌の増殖を防ぐことができます。

引用:持田ヘルスケア株式会社「デリケートゾーン・女性の悩み」より

デリケートゾーンのケアアイテムを使用する人も多い

また、先ほどご紹介したデリケートゾーンのにおいを防ぐ方法だけでは不安な事もあるのか、デリケートゾーンのケアアイテムを使用する人も多いようです。

下記の調査によると、「デリケートケア商品をしようしたことがありますか?」という質問に対し、

・現在使用している:26.7%

・過去に使用していた:30.0%

・使用したことはないが興味はある:41.3%

・使用したことも興味もない:2.0%

などといった回答の割合になっており、「使用したことも興味もない」と言う方の割合は圧倒的に少なく、いかにデリケートゾーンのケアに対して敏感になっている人が多いかというのが分かる結果となっています。

デリケートケア商品を使⽤したことがあるかお聞きしたところ、最も多かった回答は「使⽤したことはないが興味はある」の 41.3%という結果になりました。

「現在使⽤している」と⾔う⽅は 26.7%しかいなかったものの、「使⽤したことも興味もない」という⽅は 2.0%のみとなり、多くの⽅が興味はあるものの、使⽤したことがないということがわかりました。

引用:薬事法ドットコム『「デリケートゾーンのケアに関する調査」』より

デリケートゾーンのにおいをケアするアイテムにはどのようなものがあるのか?

それでは、デリケートゾーンのにおいをケアするアイテムにはどういったものがあるのでしょうか?

全成分における調査でNo.1を獲得!「デオシーク」シリーズ(日本マーケティングリサーチ機構調べ)

誰にも相談できないデリケートゾーンのニオイに!「デオシーク」

は、

日本マーケティングリサーチ機構が2019年4月に全成分における調査を実施した結果、『全成分数 第1位』の部門に選ばれる

など、非常に高い評価を誇るデリケートゾーンのケアアイテムです。

日本マーケティングリサーチ機構が、2019年4月に全成分における調査を実施した結果、株式会社キーリーの「デオシーク」が『全成分数 第1位』の部門に選ばれました。

株式会社日本マーケティングリサーチ機構公式サイト:https://jmro.co.jp/

引用:FNN PRIME「デオシークシリーズが、この度、全成分における調査でNo.1を獲得しました!!(日本マーケティングリサーチ機構調べ)」より

その他にも、

・ニオイの原因菌を99.999%殺菌 ※ユニオンバイテック社調べ

・モンドセレクション2年連続受賞

・厚生労働省が認可した医薬部外品

・永久返金保証付き

などといった実績、特徴のある、非常に効果の期待できるデリケートゾーンのケアアイテムです。

まとめ

今回は、

・デリケートゾーンのにおい

・股間のにおい

・外陰部のにおい

などに関する話題についてご紹介しました。

最後になりましたが、先ほど「デリケートゾーンの悩みは人には相談できない」という点についてご紹介しましたが、同性間で話しづらいのはもちろん、異性間ではなおのこと、股間のにおいを指摘しあうというのはそう気軽にできる事ではないように思います。

もし、

・デリケートゾーンのにおいが気になる

・デリケートゾーンがくさい気がする

などといった場合は、人間関係、パートナーとの関係が壊れる前に早めの対処を心がけてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする