ローリングストックとは?災害時におすすめの非常食や備蓄法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

災害に巻き込まれた時を想定する場合、非常に心配になる要素のひとつとして食事や食料の確保が挙げられます。

共同通信社の調べによると、地域によって非常食の備蓄状況や意識にかなりの違いがあるようで、北海道や中国地方などは「非常食を備えたことがない」と回答した人が半数以上に上ったそうです。

地方別に見ると、備蓄率が最も高かったのは関東地方で、少なからず非常食を備蓄している人の合計が58.7%だったのに対し、最も少なかったのが中国地方で24.0%だった。また、「非常食を備えたことがない」と回答した人が半数以上に上った地方は、北海道(53.3%)と中国地方(60.0%)という結果に。

引用:共同通信社「OVO [オーヴォ]」ホームページ

しかし、この調査が発表されたすぐ後、2018年9月6日に北海道地方を震源とする最大震度7の巨大地震が発生した事を考えると、日本においてはどんな地域でも決して災害とは無関係ではないようにも思われます。

そこで今回は、災害が発生していない場合の非常食の活用方法や、災害発生時以外にもおいしく食べられる非常食などについてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東日本大震災の発生時に見た、食料事情

当ブログでは以前より度々、東日本大震災の体験などを例に挙げた防災関連記事をご紹介しています。

【防災】目の前の津波から生き延びた体験談から、防災対策や災害時の心構えについて改めて考える

こちらの記事内でも少々触れました、私が震災発生から3週間ほど後に岩手県の被災地に赴いた時の食料に関する率直な感想ですが、

・沿岸北部は比較的食料はあった
(ただし、例えば納豆や嗜好品など、必ずしも生活に必要ではないものはかなり少ない。もしくはほぼ無い)

・沿岸南部は、特に避難所などを中心に食糧不足が度々報道されていた

という、地域によってかなり偏りがある状況だったように思います。

おそらく、

・隣接する都道府県や市町村の被害状況

・自治体そのものの被害状況や、避難所の数や場所

・自治体による事前準備の差

などによっても、物資の補給状況に大きな違いが出たものと思われます。

非常食は常に備蓄しておくべき

近年の災害は、どこでどのような災害が発生するのか、予測がつかない面もあります。

万が一、食料の補給が追い付かないなどといった場合を想定すると、やはり非常食は常に備蓄しておくのが賢明です。

非常食の廃棄を防ぐ方法

しかし、もし災害がおこらずに非常食を使う機会が無かった場合、期限切れの非常食は廃棄せざるを得なくなります。

それは非常にもったいない事です。

そんな非常食の廃棄を防ぐ方法として、

「ローリングストック」

という備蓄法があるそうです。

非常食の備蓄法「ローリングストック」とは?

「ローリングストック」とは、

非常食を食べた分だけ買い足して、常に新しい食材を備蓄しておく備蓄法

の事を言います。

非常食を定期的に食べることで、期限切れを未然に防ぎながら、日常の中で食を通じて防災意識を高められるというメリットがあるそうです。

保存食を備蓄しておくことも、もちろん大切なことではありますが、日常の中に食料備蓄を取り込むという考え方もあります。

普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法をローリングストック法と言います。

ローリングストック法のポイントは、日常生活で消費しながら備蓄することです。
食料等を一定量に保ちながら、消費と購入を繰り返すことで、備蓄品の鮮度を保ち、いざという時にも日常生活に近い食生活を送ることができるはずです。

引用:一般財団法人 日本気象協会「ローリングストック法について」より

この「ローリングストック」という備蓄法を実践すれば、購入した非常食を無駄にする事なく、災害へも備える事ができます。

加熱や調理をしなくても食べられる非常食

近年では防災意識の高まりと共に、非常食にも多彩な種類が用意されています。

今回はその中から、非常時以外でもおいしく食べられる、ローリングストックに適した非常食をご紹介していきます。

調理不要!美味しい防災食セット(惣菜、白粥、ラーメン)

「調理不要!美味しい防災食セット」は、

美味しさそのまま、UAA食品(ウルトラアンチエージング食品)製法で作られた非常食です。

5年間もの長期保存が可能

・惣菜7種類と、白粥・ラーメンが2食分づつの計18食2人で約3日分のセット

加熱処理してあるので火がなくても食べられる

などといった特徴があります。

また、セットの中にはおかゆもあるので、

家族の中に歯の悪いお年寄りがいる場合や、被災中に体調を崩してしまった場合などでも安心です。

新食缶ベーカリー缶入りソフトパン・4缶セット (チョコレート・ストロベリー・ミルク・キャラメル味)

パン派の方には、「新食缶ベーカリー缶入りソフトパン」もおすすめです。

長期保存(賞味期間3年)が可能なのはもちろん、4缶セットは

・チョコレート

・ストロベリー

・ミルク

・キャラメル

の4種類の味をいつでもどこでも美味しく食べることができる、缶入りソフトパンです。

永谷園 あたためなくてもおいしいカレー

永谷園の「あたためなくてもおいしいカレー」は、

・「卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆」、「香料・着色料」、「化学調味料」不使用

の、アレルギーに配慮の商品ブランド「A-Label」のカレーです。

温めずにそのままご飯にかけてもおいしく食べられ

製造日から5年の長期保存が可能なので備蓄用の非常食としてもおすすめです。

水でも作れる非常食

尾西食品 アルファ米12種類全部セット

「尾西食品 アルファ米12種類全部セット」は、

・5年間、常温で保存可能

・お湯で約15分、水で約60分でふんわりご飯・お粥が作れる「アルファ米」保存食

といった特徴がある非常食です。

また、

・白飯、五目ごはん、わかめごはん、田舎ごはん、松茸ごはん、赤飯、山菜おこわ、白がゆ、梅がゆ、ドライカレー、チキンライス、えびピラフ

という、非常に多彩なラインナップが用意されているのも特徴です。

充実した内容の、セット非常食

最近の非常食は種類が本当に多彩で、正直なところ選ぶのが本当に大変です。

そういった時は、防災士が選んだ非常食セットを購入するという選択肢もあります。

防災士が本当に食べて考えた!イザという時の3日間に満足した食事がとれる非常食セット

こちらのセットは、

お湯だけでなく水でも戻すことができる、非常食として定番のアルファ米を6種類6食分

・5年保存アルファ米 五目ごはん
・5年保存アルファ米 山菜おこわ
・5年保存アルファ米 わかめごはん
・5年保存アルファ米 えびピラフ
・5年保存アルファ米 チキンライス
・5年保存アルファ米 ドライカレー

缶を開けるだけですぐに食べられる、パンの缶詰を3種類3食分

・5年保存パンの缶詰ベーカリー オレンジ味
・5年保存パンの缶詰ベーカリー コーヒー味
・5年保存パンの缶詰ベーカリー 黒糖味

常温でも美味しく食べられる缶詰3缶セット

・5年保存缶詰 さんま味噌煮
・5年保存缶詰 牛肉大和煮
・5年保存缶詰 国産鶏の炙り焼き

水がなくても常温で美味しく食べられるレトルトスープを3種類6食分

・5年保存レトルトスープ 野菜スープ(2食分)
・5年保存レトルトスープ 卵スープ(2食分)
・5年保存レトルトスープ みそ汁(2食分)

食後のデザートとして、小腹がすいたときの間食用に、おかしを2種類

・ビスコ
・えいようかん

という、充実した内容のセット非常食です。

これだけ多彩な非常食を備蓄していれば、いざという時でも当面の食料に心配はいらないように思われます。

まとめ

今回は、災害に備えた非常食や、非常食の備蓄法などについてまとめてみました。

非常食といえば、以前は「乾パン」や「ビスケット」など、味気の無いものばかりを想像してしまいがちでした。

しかし最近では、「炊き込みご飯」「お粥」「ラーメン」「パスタ」「カレー」「スープ」など、目を見張るような充実ぶりとなっています。

これであれば、「ローリングストック」による備蓄法も、楽しみながら実践できるように思われます。

みなさんもこの機会に、災害時の非常食の備えを検討してみてはいかがでしょうか?

防災関連記事

災害・防災用の備蓄水にもおすすめ!料金が安いウォーターサーバー比較ランキング
近年急成長を続けている商品に、「ミネラルウォーター」がありますが、さらに近年密かに注目されている商品に、「ウォーターサーバー」があります。手軽に美味しい水が飲めるだけでなく、災害、防災用の水の備蓄としても注目されています。 今回は、ウォーターサーバーに関する話題です。
大規模停電(ブラックアウト)などの災害対策におすすめのポータブル電源
大規模な災害時には大規模停電(ブラックアウト)の発生も大きな問題です。そこで災害時の暗闇の危険性や、大規模停電(ブラックアウト)への対策方法についてまとめてみました。
なぜ災害時にラジオが必要なのか?その理由と防災対策におすすめのラジオ
みなさんは災害が発生した時のための、情報収集用ラジオを用意をしていますか? 近年の大規模災害の増加に伴い、災害時のラジオの重要性が見直されています。 そこで今回は、災害時に便利かつ重要な、ラジオについてまとめてみました。
通電火災の危険性とは?対策におすすめの防災グッズ「スイッチ断ボール」
大規模な災害時には必ずといっていいほど「通電火災」が問題になります。そこで通電火災などの二次災害の危険性と、通電火災への対策方法についてまとめてみました。
タイトルとURLをコピーしました