真夏の猛暑!炎天下の路上!犬の散歩は熱中症や火傷の危険!絶対やめるべき理由

近年、真夏の日本は本当に暑いです。

真夏の猛暑、炎天下ともなると、人間が散歩するのも非常に危険であり、熱中症で搬送、最悪死に至るケースも少なくありません。

しかし、炎天下で危険なのは人間だけではなく、

も同じですが、最近特に問題視されている行為のひとつが、

炎天下における犬の散歩

です。

にも関わらず、その事を理解していない方が思いのほか多いように思います。

今回は、

炎天下における犬の散歩の危険性

に関する話題です。

炎天下における犬の散歩の危険性

ところで、この記事を書く直前にも、真夏の炎天下に散歩をしている犬と飼い主を見かけました。

早朝や夕方などではなく、まだ日も気温も高い昼の2時頃です。

そして土や芝生の上などではなく、市街地のアスファルトの上です。

普通、犬の呼吸音と言いますと、

「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ」

という感じかと思います。

しかしその犬は、

「ヒィィハー・・・、ヒィィハー・・・、ヒィィハー・・・」

と、未だかつて聞いたことのないような悲鳴のような呼吸音を発していました。

いやここまでくると、散歩じゃなくて、ただの動物虐待だろ・・・

と思ってしまいました・・・

では、

炎天下における犬の散歩の危険性

にはどのようなものがあるのでしょうか?

犬も熱中症になる

まず、

犬も熱中症になる

という事を忘れてはいけません。

下記の記事では、

・犬は全身毛皮を着たような状態

・犬は自ら体温を調節できない

などといった点について紹介されており、

年々過酷になる日本の夏の暑さは、人間以上に厳しく、犬の熱中症は命にかかわる事もある

とされています。

全身毛皮を着た状態のような犬たちにとって、地球温暖化などによって年々過酷になる日本の夏の暑さは、人間以上に厳しいものです。そして、犬の熱中症は命にもかかわる危険な状態になることも……。

そこで、今回は愛犬のために役立つ「自ら体温を調節できない愛犬におすすめ〈7つの熱中症対策!〉」をご紹介していきましょう! ぜひ参考にしてくださいね。

引用:tenki.jp「自ら体温を調節できない愛犬におすすめ〈7つの熱中症対策!〉」より

犬は体温調整が苦手

ちなみに犬の体温調節についてですが、

犬は体温調節が苦手

であり、

犬の皮膚には汗腺がなく、汗をかかない代わりに口を開けて「ハァハァ」と呼吸することによって、体温を調節している

そうです。

本当に、冒頭でご紹介した、

「ヒィィハー・・・、ヒィィハー・・・、ヒィィハー・・・」

という呼吸をしていた犬は、どんな思いで炎天下のアスファルトの上を散歩していたのでしょうね・・・

体温調節

犬は体温調節が苦手な動物です。人間には皮膚に汗腺があるため、汗をかくことで体温調節をすることができますが、犬の皮膚には汗腺がありません。

汗をかかない代わりに口を開けて「ハァハァ」と呼吸することによって、体温を調節しています。 肉球部のみに汗腺はありますが、発汗しても余り体温調節には影響しません。

自分で体温調節が余りできない犬のためにも、特に暑さ対策には気を配ってあげるようにしましょう。

引用:現代製薬株式会社「犬の健康管理」より

炎天下の道路の表面温度は60度で、低温調理もできる

また、

炎天下の道路の上というのも、犬にとっては非常に危険で最悪

です。

下記の記事によると、

・酷暑時のアスファルトは60度以上という低温調理ができる温度、つまり触れただけで火傷を起こす温度

・大人の人間の頭が気温36度に晒されている時、アスファルトから10cm程度の高さは50度以上にもなる

・小型犬はアスファルトからあまり離れていない状態の高さに頭があり、さらに熱の影響を受けやすい

などといった点が紹介されています。

酷暑時のアスファルトは晴れて太陽光を吸収している状態の時は60度以上という低温調理ができる温度、つまり触れただけで火傷を起こす温度と言えます。

ポスターもその点を強く主張、「夏の炎天下、道路の温度は60度」と強調しており、散歩時の火傷に対する注意を促す内容になっています。

■ アスファルトに触れなければ大丈夫、ではない

外気温が高い状態であればあるほど、日が落ちた後もアスファルトの黒い面は熱を保持してなかなか冷めにくい状態。また、表面が60度にもなるという事はその付近の温度、すなわち地面から近ければ近いほどその温度に近くなります。

大人の人間の頭が気温36度に晒されている時、条件にもよりますがアスファルトから10cm程度の高さでは温度は50度以上にもなると言われており、その温度だけでも熱中症から熱射病を引き起こすリスクはかなり高くなります

引用:おたくま経済新聞「灼熱のアスファルトの上をはだしで歩けますか?炎天下での犬の散歩に注意」より

人間の頭は、犬の頭よりも地面からの距離が離れており、靴を履いている人がほとんどですので、炎天下のアスファルトがどれだけ熱いかを理解していない方が多いように思います。

試しに、真夏の炎天下のアスファルト上で、靴を脱いで四つん這いになって重心を低くしてそのまま歩いてみて下さい。

何ならアスファルトに顔や鼻でも当ててみてください。

(ただし、火傷などを負った場合の補償はいたしかねます)

ただでさえ体温調節が苦手な犬が、どれだけ苦しい思いをしているか分かるはずです。

本当に、犬を炎天下の路上で散歩させるなど、

愛犬を焼いて食べようとしているのか?

愛犬を炙り殺そうとしているのか?

と疑いたくなってしまうような蛮行です・・・

愛犬が熱中症になったり、火傷を負ったら・・・

もし、

炎天下の路上で愛犬の散歩をしている

という方は、今すぐ愛犬の様子や肉球の状態などを確認してみて下さい。

下記の記事によると、

愛犬の肉球のやけどを疑ったほうがいい注意点

として、

・犬が痛がる

・犬が気にして肉球をなめる

などといった点が紹介されています。

この院長は、飼い主が犬の肉球の「やけど」を疑った方がいい注意点として、犬が「痛がる」「気にして(肉球を)なめる」などを挙げ、歩けないほど痛がる場合、動物病院に連れていくべきだという。

J-CASTニュース『炎天下の犬の散歩、「肉球」は「やけど」しないの? 獣医に聞いた』より

そして、もし愛犬が熱中症になったり、火傷を負ったりした場合、すぐに動物病院へ連れて行く必要があります。

動物病院を探すには?

全国の動物病院を検索して、予約ができるポータルサイトには、

EPARKペットライフ

などがあります。

・全国2万件以上の動物病院などを掲載

・魅力的な会員限定サービス満載

・お得に施術が受けられるキャンペーンが豊富

・24時間受付の簡単Web予約

・こだわり検索でサービス内容、診療内容から探せる

・施設の口コミ情報を多数掲載

・施設の様子が分かる写真を多数掲載

などといった特徴のあるサービスで、動物病院探しをこのサイト一つで完結する事ができる、とても便利なサービスです。

大切な愛犬の「もしも」に備えるには?

大切な家族である愛犬に対し、できることなら病気や怪我をしてほしくない、という方は非常に多いと思います。

しかし残念ながら、重い病気を患ったり、怪我を負ってしまう犬も決して少なくはありません。

そして愛犬の急な病気や怪我に対し、気になってしまうのは「医療費」ではないかと思います。

1回の入力で、複数の保険会社に一括で資料請求ができる「保険スクエアbang! ペット保険」

大切な家族である愛犬の「もしも」に備える場合、

ペット保険に加入する

という選択肢もあります。

しかし、

どの保険に加入すれば良いのかさっぱり分からない…

という方も多いかと思われます。

そんな時は、

保険スクエアbang! ペット保険

のような、

複数の保険会社からペット保険の資料を一括で請求できる、ペット保険比較サービス

を利用すると便利です。

保険スクエアbang! ペット保険

は、

・たった1回の入力で、複数の保険会社に一括で資料請求できる

・インターネットで加入申込みができる

・資料請求、ペット保険のご成約&アンケート回答でプレゼントがもらえる

・サイト内のペット保険情報が充実

などといった特徴のある、ペット保険比較サービスです。

まとめ

今回は、

炎天下における犬の散歩の危険性

に関する話題についてご紹介してきました。

最後にもう一度いいますが、

炎天下における犬の散歩など、もはやただの動物虐待

だと思います。

犬の散歩は、早朝などの路面が熱くなっていない時間帯を選ぶようにしましょう。

引用:おたくま経済新聞「灼熱のアスファルトの上をはだしで歩けますか?炎天下での犬の散歩に注意」より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする