宅配トラブルや再配達防止、賃貸入居率アップに!宅配ボックス設置サービス

スポンサーリンク

近年ではネット通販の拡大などにより、宅配便の需要が急増しています。

そんな中、荷物受け取り時のトラブルや、再配達による宅配業者の負担なども増加しているようです。

今回はそんな宅配便に関する話題です。

私の宅配トラブル体験談

そんな私にも、宅配便に関する忘れられない体験があります。

宅配業者、他人様の宅配便を押し付け?

ある日、自宅のチャイムが鳴ったので出たところ、大きな段ボールを持った、ある宅配業者の方でした。

「荷物なんて来る予定ないのに?」

と思ったところ、その宅配業者の方が、

「この荷物、下の部屋の方のものなんですけど、渡してもらえないですかね?」

と言い出しました。

「え?本人にちゃんと渡して下さいよ!」

と返しましたが、その宅配業者の方は、荷物を押し付けるというか、半ば置き去りにするようにして逃げるように去ってしまいました。

もちろん、受け取りのサインなんてありません。

みなさん、これってどう思いますか?

正直、特に下の階の方とは親しくも無かったですし、親しくもない人間に勝手に自分の荷物を預けられるのって嫌じゃないでしょうか?

私がしらばっくれてその荷物を自分のものにしたら、どう対応するつもりだったのでしょうか・・・

再配達など、宅配に関する問題は多い

近年では、下記の記事にもあるように、

再配達による宅配業者の負担

も社会問題となっています。

先ほどご紹介した私の体験談も、おそらくは再配達の負担によるものだったのかもしれませんが、それにしても賛否は分かれるところであるようにも思われます。

国交省が昨年10月に実施した宅配便再配達実態調査では前年の15.5%から15.2%と減少した。しかし、都市部で昨年の17.1%から16.5%と0.6%減少しているものの、都市部近郊では14.7%から14.6%と0.1%しか減少していない。地方では15.5%から15.2%に減少しており、今後、都市部近郊での再配達削減が課題となる。

引用:物流Weekly『宅配再配達 「都市部近郊」での対策は進まず』より

宅配ボックスとは?

近年では、ネット通販の拡大による受け取りの手間の軽減や、再配達による宅配業者の負担軽減などを目的とした、

宅配ボックス

の需要が急速に高まっています。

「宅配ボックス」は、受取人が留守の時に宅配便や郵便物の受取を代行するロッカー型設備

ここで「宅配ボックス」について簡単に振り返ってみたいと思います。

宅配ボックスは、

受取人が留守の時に宅配便や郵便物の受取を代行するロッカー型設備

で、

・平日帰宅が遅くて宅配物を受け取るのが困難

・インターネット通販をよく利用する人

などのニーズが高い設備です。

宅配ボックス(たくはいボックス、英語: delivery locker)は、受取人が留守の時に宅配便や郵便物の受取を代行するロッカー型設備である。宅配ロッカーと呼ばれることもある。

留守でも荷物を受け取れるため、平日は帰宅が遅くて宅配物を受け取るのが困難な人や、インターネット通販をよく利用する人にニーズが高まっている。近年は特にマンションの共用設備として新築物件で導入が進んでいる。

このほか、作り付け設備として宅配ボックスがない一戸建住宅やマンションに置ける簡易な宅配ボックスが販売されたり、鉄道駅など公共スペースで宅配ボックスが設置されたりしている(利用に関しての注意点は後述)。

引用:ウィキペディア

自宅や、アパート・マンションなどの賃貸物件に宅配ボックスを設置するには?

そして、その宅配ボックスの導入の流れは、アパートやマンションだけでなく、戸建て住宅にまで広がりつつあります。

インターネット通販の利用が急速に拡大していることを受けて、マンションや戸建て住宅で受け取り手の不在時に荷物を保管する宅配ボックスの導入を推進する動きが広がっている。三菱地所は全住戸の玄関前に設置したマンションを発売。三井不動産や大京グループも導入に力を入れるほか、大和ハウス工業の新築戸建て向けボックスは、年間の販売目標を半年間で超えた。

引用:ITmediaNEWS「宅配ボックス導入、動き広がる 全ての住戸玄関前に設置する物件も発売」より

そこでここからは、比較的安価でアパートやマンションなどの賃貸物件や、戸建て住宅に宅配ボックスを設置できるサービスをご紹介します。

アパートやマンションなどの賃貸物件に本格的な宅配ボックスをが月額9,000円から!「レンタル宅配ボックス」

賃貸向け物件のオーナーさんや、管理会社さん向けのレンタル宅配ボックスサービスが、「レンタル宅配ボックス」です。

※公式サイト:本格的な宅配ボックスが月額9,000円から!【レンタル宅配ボックス】

こちらのレンタル宅配ボックスは、創業25年の実績を持つ、「日本宅配システム」社の宅配ボックスで、

メンテナンス付き月額9,000円から

利用する事ができます。

また、

・24時間対応コールセンター完備

・メンテナンス部隊を自社に完備

などといった特徴があり、導入後の運用管理やトラブルの際も安心です。

近年のレンタル宅配ボックス需要から、

空室対策や、物件の差別化

などといった効果にも期待が持てます。

※公式サイト:本格的な宅配ボックスが月額9,000円から!【レンタル宅配ボックス】

自宅に『本物』の宅配ボックスを設置できる「戸建て用宅配ボックス」

自宅に宅配ボックスを設置できるサービスが、「戸建用宅配ボックス」です。

※公式サイト:安全・確実・大容量。これぞ「本物」、顧客満足度No.1【戸建て用宅配ボックス】

こちらの宅配ボックスも、創業25年の実績を持つ、「日本宅配システム」社の宅配ボックスで、

・コンピュータ制御

・堅牢な電気錠扉

・大容量

・複数ボックス

などといった、「本物」の宅配ボックスを自宅に設置する事ができます。

※公式サイト:安全・確実・大容量。これぞ「本物」、顧客満足度No.1【戸建て用宅配ボックス】

まとめ

今回は、宅配便や宅配ボックスに関する話題についてご紹介してきました。

近年ではネット通販の拡大により、宅配便に関する問題やトラブルも増加していますが、一方で「宅配ボックス」をかなり容易に設置できるサービスも存在しています。

空室対策をしたいという物件オーナーさん

自宅に宅配ボックスを設置して再配達の手間を解消したい方

などは、ぜひ今回ご紹介した宅配ボックスの設置を検討されてみてはいかがでしょうか?

※公式サイト:本格的な宅配ボックスが月額9,000円から!【レンタル宅配ボックス】

※公式サイト:安全・確実・大容量。これぞ「本物」、顧客満足度No.1【戸建て用宅配ボックス】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする