消費税関係なし!増税前のまとめ買い不要でコンタクトレンズを安く買う方法は?

2019年10月より、消費税が8%から10%にアップします。

納得している方、憤っている方、諦めている方、様々な感情をお持ちの方がいらっしゃるかと思いますが、いずれにせよ2019年10月から買い物の度に消費税がさらに上乗せされるのは避けられない事実です。

たまに購入するような商品ならまだしも、定期的に購入する日用品や生活必需品ともなると、積み重なる出費は決して小さいものではありません。

視力が悪い方の生活必需品としては「コンタクトレンズ」があるかと思いますが、コンタクトレンズを増税前にまとめ買いしておきたいと考える人はかなり多いようです。

しかし、コンタクトレンズのまとめ買いにはそれなりのデメリットも付きまといます。

そこで今回は、

・コンタクトレンズを消費税なしで買う方法は?

・増税前のまとめ買いをせずにコンタクトレンズを安く買う方法は?

などに関する話題です。

増税前に買っておきたいものの有力候補「コンタクトレンズ」

増税前にコンタクトレンズを買っておきたい

という方は非常に多いようです。

下記の調査によると、増税前に多くの人が購入を検討するものの上位として、

美容・コスメ・香水

キッズ・ベビー・マタニティ用品

コンタクトレンズ・ケア用品

が挙げられています。

増税で多くの人が購入を検討するのは、高額な商品。言うまでもないが、単価が高ければ高いほど税額が増え、値段が上がるからだ。楽天市場の2013年1~3月と14年1~3月で比較すると、美容・コスメ・香水や、キッズ・ベビー・マタニティ用品、コンタクトレンズ・ケア用品がトップ3を占めた。

引用:livedoor NEWS「増税前の買い物のコツ 5年前にみんなが買ったのは?」より

コンタクトレンズのまとめ買い、デメリットは?

増税前に「コンタクトレンズ」を買っておくという事は、ある程度のまとめ買いをするのだろうと思われます。

しかし、コンタクトレンズのまとめ買いにデメリットが無い訳ではありません。

一時的に出費がかさむ

まず当然ではありますが、一度に大量のコンタクトレンズを購入する場合、一時的な出費が通常より多くかかります。

もしかしたら、家計の都合上、一度にそれほど多くのコンタクトレンズを購入できない、という方もいらっしゃるかもしれません。

そういった場合、増税後の消費税による出費増を甘んじて受け入れなければならないという事になります・・・

視力が悪くなった場合、目に合わなくなった場合などに無駄になる

また、目の状態や視力というのも、常に同じであり続ける訳ではありません。

大量のコンタクトレンズをまとめ買いした後で、例えば、

・視力が悪くなり、レンズの度が合わなくなった

・ドライアイなどになり、コンタクトレンズを付けられなくなった

などといった場合、まとめ買いしたコンタクトレンズは無駄になってしまいます・・・

増税前のまとめ買いをせず、消費税関係なしでコンタクトレンズを購入する方は?

しかし、

増税関係なし、消費税関係なしでコンタクトレンズを購入する方法がある

というのをご存知でしょうか?

消費税など無駄な費用が一切かからない!「レンズラボ」と「レンズスマイル」

消費税なしでコンタクトレンズを購入する事ができるコンタクトレンズのネット通販ショップには、

激安コンタクト通販★レンズラボ

【激安コンタクトレンズならレンズスマイル!】

などがあります。

この両ショップは、

海外流通の有名メーカー品を、お客さま自身が海外から商品を直接購入する

という方式をとっており、

消費税など無駄な費用が一切かからないため、非常に価格が安いショップである

という特徴があります。

サイト上の価格には便宜上(税込)という記載がしてありますが、日本の消費税に関係なくコンタクトレンズを安く購入する事ができます。

もちろん、国内商品でも海外商品でもコンタクトレンズそのものの品質に違いはありません。

海外流通の有名メーカー品のみ取扱っております。

お客さま自身が海外から商品を直接購入しますので、消費税など無駄な費用は一切かかりません。

高品質のものをお値段はお求めやすくご購入いただけます。

引用:激安コンタクト通販★レンズラボ

「レンズラボ」と「レンズスマイル」どちらが安い?

激安コンタクト通販★レンズラボ

【激安コンタクトレンズならレンズスマイル!】

の両ショップに関しては、以前の記事、

私は正直なところ、これまでけっこう眼科で散々な目にあってきました。 ※体験談はこちら その体験談を簡潔にまとめる...

などでもご紹介しているように、

他のコンタクトレンズのネット通販ショップと比較しても、非常に価格が安いショップ

です。

しかし、

どちらのショップを選べばよいか分からない・・・

という方もいらっしゃるかと思いますので、

激安コンタクト通販★レンズラボ

【激安コンタクトレンズならレンズスマイル!】

両ショップの価格面について、少し見ていきたいと思います。

※最新の情報は必ず各サイト内をご確認下さい。
※「-」は取り扱いが無かった商品になります。

カテゴリ 商品名 メーカー 1箱あたりの参考価格(税込)
レンズスマイル レンズラボ
1day フォーカスデイリーズアクア アルコン 1,380円 1,680円
ワンデーアキュビューオアシス 乱視用 (トーリック) 1日 ジョンソン&ジョンソン 3,680円 3,980円
ワンデーアキュビューモイスト ジョンソン&ジョンソン 1,660円 1,770円
ワンデーアキュビュートゥルーアイ ジョンソン&ジョンソン 2,090円 1,790円
メダリストワンデープラス乱視用 ボシュロム 2,040円 2,340円
バイオメディックスワンデーエキストラトーリック 乱視用 1日 クーパービジョン 2,680円 2,980円
2week アキュビューオアシス ジョンソン&ジョンソン 1,980円 1,890円
アキュビューオアシス乱視用 ジョンソン&ジョンソン 3,380円 3,680円
メダリスト2 ボシュロム 1,680円 1,980円
メダリスト66トーリック(乱視用) ボシュロム 2,480円 2,780円
バイオメディックストーリック 乱視用 2週間 クーパービジョン 3,380円 3,680円
バイオフィニティトーリック 乱視用 2週間 クーパービジョン 4,280円 4,580円

商品にもよるが、全体的に安いのは「レンズスマイル」

激安コンタクト通販★レンズラボ

【激安コンタクトレンズならレンズスマイル!】

両ショップのコンタクトレンズの価格については先ほどの表をご覧いただければと思いますが、商品による場合もありますが、

全体的に価格が安いのは「【激安コンタクトレンズならレンズスマイル!】

となります。

しかし、どちらのショップも並みのコンタクトレンズショップと比較すればはるかに安いのは、各ショップのサイト内をご覧いただければお分かりいただけるかと思いますし、サイトの雰囲気や価格を見比べながら、気に入った方を利用するのも悪くないように思われます。

まとめ

今回は、

・コンタクトレンズを消費税なしで買う方法は?

・増税前のまとめ買いをせずにコンタクトレンズを安く買う方法は?

などに関する話題についてご紹介してきました。

非常に鬱陶しい消費税ではありますが、

激安コンタクト通販★レンズラボ

【激安コンタクトレンズならレンズスマイル!】

のようなコンタクトレンズのネット通販ショップを利用する事で、消費税を気にせずにコンタクトレンズを安く購入する事ができます。

もし、

消費税を気にしないでコンタクトレンズを購入したい!

という方は、

激安コンタクト通販★レンズラボ

【激安コンタクトレンズならレンズスマイル!】

などのショップを利用してみるのも一つの選択肢ではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする