子どもの身長を伸ばすには?必要な栄養素と、おすすめの食べ物やサプリメント

スポンサーリンク

近年では、非常に多くの若き日本人アスリート達が世界の舞台で活躍しています。

もちろん競技の種類にもよるところはありますが、スポーツ選手として活躍する上で大きなアドバンテージになるのが、

身長と、それに伴う体格

です。

やはり平均以下の身長の選手よりは、身長が大きく体格の良い選手の方がパワーに勝る傾向は少なくありません。

例えばボクシングや柔道などは、体格差がありすぎる選手同士に試合をさせるのは危険であるため、階級が明確に分けられています。

もちろん階級制のある競技を選択すれば身長というのはさほど関係ないかもしれませんが、もし我が子をスポーツ選手に育てたいと考えている場合、

いかにして身長が伸びるように導いてあげるか

というのは選択の幅を広げる上では非常に重要であるように思います。

今回は、

子どもの身長を伸ばすには?

に関する話題です。

日本人の平均身長は?

まず、現代における日本人の平均身長はどのくらいなのでしょうか?

厚生労働省が平成26年に行った調査「国民健康・栄養調査報告」によると、日本人の平均身長は下記の表のようになっているようです。

※出典:厚生労働省「国民健康・栄養調査報告」(平成26年)

年齢 男性(cm) 女性(cm)
1歳 80.2 77.4
2歳 87.5 85.8
3歳 96.2 96.2
4歳 102 103.7
5歳 110.1 107.8
6歳 117.4 114.4
7歳 122 119.3
8歳 126.3 125.7
9歳 134.6 133.7
10歳 139.2 139.3
11歳 145.1 146.8
12歳 152.6 150.8
13歳 158.1 155.2
14歳 164.1 156.4
15歳 165.6 155.8
16歳 169.4 158.7
17歳 170.9 156.1
18歳 172.1 157.3
19歳 172.4 155.9
20歳 171.8 158.3
21歳 171.4 158.5
22歳 172.6 156.1
23歳 170.9 157.4
24歳 172.9 157.9
25歳 173.7 159.6
26-29歳 172 157.8
30-39歳 171.5 158.3
40-49歳 171 158
50-59歳 169.4 156.2
60-69歳 166.1 153.2
70歳以上 161.9 148.3

上記の表を見ると、

・成人男性は170cm前後

・成人女性は150cm代中盤~後半

というのが日本人の大体の平均身長であるようです。

世界で活躍する日本人アスリート達の身長は?

次に、世界で活躍している、またはこれまで活躍してきた日本人アスリート達の身長を見ていきたいと思います。

(階級制のあるボクシング、柔道、レスリングなどの競技は除外しています)

競技 氏名 身長(cm) 性別
野球 ダルビッシュ有 196 男性
野球 大谷翔平 193 男性
野球 田中将大 191 男性
野球 佐々木主浩 190 男性
野球 野茂英雄 188 男性
野球 松井秀喜 188 男性
陸上(ハンマー投げ) 室伏広治 187 男性
ラグビー 五郎丸歩 185 男性
野球 黒田博樹 185 男性
野球 上原浩治 185 男性
野球 菊池雄星 184 男性
サッカー 本田圭佑 182 男性
野球 イチロー 180 男性
テニス 錦織圭 178 男性
水泳 北島康介 178 男性
卓球 張本智和 175 男性
サッカー 香川真司 175 男性
バスケットボール 田臥勇太 175 男性
フィギュアスケート 羽生結弦 172 男性
卓球 水谷隼 172 男性
体操 内村航平 162 男性

競技 氏名 身長(cm) 性別
バレーボール 木村沙織 185 女性
テニス 大坂なおみ 180 女性
ソフトボール 上野由岐子 174 女性
水泳 池江璃花子 170 女性
サッカー 澤穂希 165 女性
フィギュアスケート 浅田真央 163 女性
フィギュアスケート 本田真凜 162 女性
卓球 石川佳純 157 女性
スキー(ジャンプ) 高梨沙羅 152 女性
卓球 伊藤美誠 150 女性

もちろん競技によるところもありますが、パワーが必要な競技の選手ほど、男女共に日本人の平均より身長が高い印象を受けます。

イチロー選手などは一見細身で小柄な印象を受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、実は日本人の平均身長よりはるかに高い180cmあります。

どちらかというと、周りがデカすぎるんですね・・・

といいますか、野球選手は皆さん非常に身長が高いです。

また、女性では個人的に澤穂希さんや浅田真央さんなどは小柄な印象があったのですが、日本人の平均身長よりは高くなっています。

子どもの成長に必要なものは?

それでは、子どもの成長に必要な要素にはどういったものがあるのでしょうか?

高光製薬の「子供の成長のための3大要素とは?」によると、まず

・睡眠
・運動
・食事

が3大要素として挙げられています。

必要な栄養素は?

その中で、

カルシウム、マグネシウム、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどのさまざまな栄養素をバランス良く摂取することができる「3度の食事」

の重要性が取り上げられています。

さらにその上で子供の成長を促すのに必要な栄養素として、

「カルシウム」(ただしカルシウムは「骨を丈夫にする」栄養素で、「背が伸びる=骨を伸ばす」働きとは異なる)

・カルシウムを吸収し骨に定着させるための「マグネシウム」

・骨を伸ばす栄養素となる「たんぱく質」

・体に吸収しにくいカルシウムの吸収率を高めるのに重要な役割を果たす「ビタミンD」

・たんぱく質がエネルギーとして使われるために重要な役割を果たす「ビタミンB6」

などの栄養素が挙げられています。

「骨端線」も重要?

また同じく高光製薬の「子どもの身長と成長のはなし

によると、

成長期が終わりに近づくとほとんど見えなくなる「骨端線」

も、成長期を知る分かりやすい目安として挙げられています。

また、「骨端線」はレントゲンで確認できるようです。

成長期が終わりに近づくにつれ軟骨層は少なくなり、やがてすべての軟骨層が硬い骨へと換わると、骨端線はほとんど見えなくなります。この段階で骨の伸びが止まり、身長も伸びなくなります。 ですから、レントゲンで骨端線が確認できるかどうかが、成長期を知る分かりやすい目安とも言えます。

引用:高光製薬「子どもの身長と成長のはなし」より

ちなみに先ほどご紹介した身長193cmの野球選手「大谷翔平」選手が花巻東高校時代に

「骨端線損傷」

という成長痛に悩まされたのは有名な話です。

全国に大谷の名を知らしめたのが、昨夏の甲子園だった。1回戦の帝京戦で救援登板。5回2/3を3失点(自責1)で負けたものの、150キロをマーク。05年夏に駒大苫小牧の田中(楽天)が記録した2年生の甲子園最速に並んだ。それも、左太もも裏痛で「全力で投げられない」状態で。下半身を使わない「手投げ」で、驚かせた。

当時は肉離れと思われたが、精密検査の結果は左股関節の「骨端線損傷」。身長はまだ伸びており、その成長痛に伴うものだった。

引用:日刊スポーツ「花巻東・大谷160キロ全国制覇へ肉体改造」より

そして後年、プロ入り後にメディカルチェックを受けたところ、「成長が止まると自然に消える」はずの「骨端線」がはっきり写っていたそうです(笑)

その頃には成長痛などは無くなっていたようですが、「193cm」の長身と堂々たる体格であれだけ素早い動きと圧倒的なパワーを生み出すのですから、やはり「骨端線」は子どもの成長を知る目安として無視できない要素であるように思います。

衝撃事実が判明したのは、昨年末のメディカルチェックだった。エックス線写真に、はっきりと骨端線が写ったのだ。骨端線とは、成長期の人間に見られるもので「成長が止まると自然に消えてなくなるもの」(球団トレーナー)。通常の男性の場合、思春期と重なる10代前半から半ばくらいになくなるのが一般的だという。それが、大谷にははっきりとあったのだ。

だがこの一年、結局身長は変わらず、大谷本人によれば「骨の障害もなくなった」とのこと。成長途上だった驚異の肉体は“普通”になった

引用:日刊スポーツ「ハム大谷、骨成長止まりガンガン鍛える」より

近年はサプリメントなどで栄養を補う子ども達も多い?

先ほどご紹介した子供の成長を促すのに必要な栄養素、

・「カルシウム」
・「マグネシウム」
・「たんぱく質」
・「ビタミンD」
・「ビタミンB6」

についてですが、近年ではサプリメントで必要な栄養を補給する子どもも増えており、商品も充実してます。

 母親たちがこぞって買い求めていたものは「子供サプリ」というジャンルの商品。子供向けに栄養機能を強化することを目的にした栄養補助食品で、錠剤やカプセル、グミ、粉末などさまざまな形状がある。主にドラッグストアやスポーツ用品店、キッズ・ベビー専門店などで販売されている。

引用:livedoor NEWS『身長伸ばす、頭が良くなる… 「子供向けサプリ」市場拡大』より

しかし、

・「カルシウム」
・「マグネシウム」
・「たんぱく質」
・「ビタミンD」
・「ビタミンB6」

の全ての栄養素を補給できる食品やサプリメントというのも中々無いものではありますが(苦笑)、ここからはできるだけ多くの栄養素を補給できる食品やサプリメントなどをご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介する食品・サプリメント一覧

商品名 カルシウムグミ 【贅沢のびるんるん】 お子様の成長期をグーンとサポート!【SEGAGOON(セガグーン)】
カルシウム
タンパク質
(コラーゲン)
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンD
マグネシウム
葉酸
亜鉛
アルギニン
アミノ酸
(BCAA)
乳酸菌
食物繊維
DHA
ボーンペップ
α-GPC
価格 2箱:7,600円(税抜) 1袋:4,298円(税込) 1箱:13,500円(税抜)

栄養機能食品「カルシウムグミ」

カルシウムグミは、

・骨の形成に必要な「カルシウム」

・支える土台となる「コラーゲン」

・カルシウムの吸収を助ける「ビタミンD」

・骨の形成をサポートする「マグネシウム」

・骨の成長をサポートする「亜鉛」

を含有している食品(グミ)です。

また、「味覚」、「衛生」、「パッケージに記載されている成分などが正しいか」、「原材料」等を厳しく審査するモンドセレクションにおいて、

8年連続最高金賞を受賞

しており、食品としての信頼感も十分です。

お子様の成長を応援するサプリメント「贅沢のびるんるん」

【贅沢のびるんるん】は、

成長期に欠かせない成分、

・カルシウム
・アルギニン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンD
・葉酸
・鉄
・亜鉛

などを配合したサプリメントです。

また、子どもでも飲みやすいようにココア味に仕上げられているのも特徴です。

お子様の成長期をグーンとサポートする食品「SEGAGOON(セガグーン)」

お子様の成長期をグーンとサポート!【SEGAGOON(セガグーン)】 は、

子どもの成長に必要な栄養素、

・カルシウム
・アルギニン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ビタミンD
・ボーンペップ
・BCAA
・α-GPC
・マグネシウム
・鉄分
・食物繊維
・乳酸菌
・DHA

などを配合した食品です。

また今回ご紹介する中では、最も多くの栄養素を配合している食品であると言えます。

まとめ

今回は、

子どもの身長を伸ばすには?

に関する話題をご紹介してきました。

子どもが幼い頃から成長を促すような栄養摂取を意識する事で、子どもの将来の選択肢が広がる事は間違いないように思います。

もし、

・子どもの身長を伸ばしたい!

・子どもをスポーツ選手として育てたい!

などといった願望のある方は、子どもが幼い頃から必要な栄養を摂取するよう心掛けてみてはいかがでしょうか?

といいますか、スポーツ観戦好きとしては世界で活躍する日本人アスリートがもっと沢山出て欲しいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする