ソフトバンクのガラケー(フィーチャーフォン)におとくに乗り換える方法とは?

平成の前半から中盤にかけて一世を風靡した存在の一つに、

ガラケー(フィーチャーフォン)

があります。

一時期は多くの人が持っていたガラケー(フィーチャーフォン)ですが、スマホ(スマートフォン)の爆発的な普及により、瞬く間に市場の主役を奪われてしまいました。

しかし、一時期は消えると思われていたガラケー(フィーチャーフォン)ですが、2019年現在、未だに消える事なく根強い人気を誇っています。

今回は、

ガラケー(フィーチャーフォン)

に関する話題です。

ガラケー(フィーチャーフォン)ってどういう意味?

よく、

・ガラケー

・フィーチャーフォン

などという言葉が使われますが、そもそもこれらはどういった意味なのか、少し振り返ってみたいと思います。

「ガラケー」とは?

まず「ガラケー」についてですが、

基本的に日本の事業者専用仕様で設計されているため、「ガラパゴス化した携帯電話機」という意味で「ガラパゴスケータイ」、さらに略して「ガラケー」

と呼ばれるようになったようです。

この多機能携帯電話は、日本の事業者専用仕様で設計されており、一部の例外を除いて、派生輸出モデルを持たない国内特定一事業者専用モデルである。また、これらの携帯電話は、ガラパゴス化の例として「ガラパゴスケータイ」、さらに略して「ガラケー」とも呼ばれる。

引用:ウィキペディア

「フィーチャーフォン」とは?

次に「フィーチャーフォン」ですが、「フィーチャー(feature)」は英語で「特徴のある」という意味で、(当時としては)高度な機能を持った携帯電話を指す用語として「フィーチャー・フォン」と呼ばれるようになったようです。

(当時としては)高度な機能を持った携帯電話を指す用語として「フィーチャー・フォン」という用語が使われるようになった。

引用:ウィキペディア

ガラケー(フィーチャーフォン)を使っている人は未だに多い!

次に、

ガラケー(フィーチャーフォン)を使っている人はどれくらいいるのか?

についてですが、下記の調査によると、

2018年現在、

18.1%の人がガラケー(フィーチャーフォン)を使っている

と回答しており、

5人に1人程の人が、ガラケー(フィーチャーフォン)を使っている

という事実が明らかになっています。

15歳から69歳の男女5,000人を対象に、現在メインで利用しているモバイルデバイスについて聞いたところ、スマートフォンを利用していると回答したのは75.3%、フィーチャーフォン(ガラケー)を利用しているのは18.1%となった。

引用:MMD研究所「メインで利用しているスマートフォン、Android利用率40.1%、iPhone利用率35.2%、Androidの利用率がiPhoneの利用率を上回る」より

ガラケー(フィーチャーフォン)の良さを再認識する声も多い!

さらに別の調査では、

約38%の人が、「ガラケーが良かったと思う」

と回答しており、ガラケー(フィーチャーフォン)の良さを再認識する方も非常に多いようです。

また、調査の番外編として「ガラケーが良かったと思うか?」と聞いたところ、38%が「思う」と回答。50代~60代以上だけでなく、10代を除いた全世代で3割を超えている。

引用:ITmedia MOBILE『スマホ疲れ年代1位は10代、理由の上位は「SNSや返事が面倒」「バッテリー消耗」――携帯市場のスマホ利用実態調査』より

おとくにガラケー(フィーチャーフォン)に乗り換えるには?

ガラケー(フィーチャーフォン)の良さを再認識し、スマホをやめてガラケー(フィーチャーフォン)に乗り換えたいという方も少なくないかと思います。

どうせガラケー(フィーチャーフォン)に乗り換えるなら、できるだけおとくに乗り換えたい!

という方には、

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

がおすすめです。

「おとくケータイ.net」では、

・ソフトバンクに乗り換える事でキャッシュバックが貰える

・ソフトバンクに乗り換える事で携帯電話を安く一括購入できる

などといった様々なキャンペーンを実施しています。

「おとくケータイ.net」は「日本企業開発支援株式会社」という会社が運営していまして、見るからに怪しい名前の会社さんではありますが(笑)、

・プライバシーマーク取得済

・ソフトバンク携帯の正規取扱店

・創業8年目、累計お申込み件数30万件

という、いたって普通どころか、しっかりした実績のある会社さんですし、

私も以前、ソフトバンクに乗り換えた際にはお世話になり、全く対応に問題は無かったので、安心して問い合わせをして全く問題ない会社さんです。

※関連記事:「おとくケータイ」利用体験談(スマホ編)

みなさんがスマホを変えるのはどんなタイミングでしょうか? 1:年数縛りが終わるとき 2:最新の機種が出たとき 3:...

まとめ

今回は、

ガラケー(フィーチャーフォン)

に関する話題をご紹介してきました。

消える消えると言われ続けてきた「ガラケー(フィーチャーフォン)」ですが、結局2019年になっても存在し続け、遂には

ガラホ

などという言葉まで出始めています(笑)

ガラホとは、スマートフォン用のOSや半導体部品を転用して開発された、日本国内向けフィーチャー・フォン(いわゆるガラパゴスケータイ)の一種を指す新造語。

技術基盤はスマートフォンと共通であっても、機能仕様設計の大部分は「ガラホ」の想定利用ユーザーのために、操作性も考慮して、従来のフィーチャーフォンに準じているか若干の拡張に留まり、機能が最低限に絞り込まれている点が特徴である。

引用:ウィキペディア

シンプル・イズ・ベスト

と言いますか、近年のスマホは何でもかんでも機能を盛り過ぎて、若干うんざりしてくるのは否定できないかもしれません。

もし、

どうせガラケー(フィーチャーフォン)に乗り換えるなら、できるだけおとくに乗り換えたい!

と考えている方は、今回ご紹介した

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

などといったサービスを利用して、おとくにガラケー(フィーチャーフォン)に乗り換えてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする