好待遇な介護のお仕事探し!給与や休みを交渉してくれるおすすめ求人サイト

もはや私が今さら語るまでないですが、現代日本は少子高齢化時代の真っただ中です。

確かに身の回りを見ても、高齢者の方々の割合は非常に多いように思います。

高齢化率、28.1%で過去最高を更新 70歳以上の人口が初めて2割超に 総務省

高齢者の人口は前年比で44万人増の3557万人。男性が1545万人、女性が2012万人となった。女性が2000万人を超えたのは今年が初めて。

高齢者の人口を年齢階級別にみると、70歳以上が2618万人、75歳以上が1796万人。総人口に占める割合はそれぞれ20.7%、14.2%まで上昇した。70歳以上の人口が全体の2割を超えるのは初。80歳以上の割合は8.7%となっている。

引用:介護のニュースサイト「JOINT」

そんな高齢化社会においては、家族の「介護」が必要になるケースが多く、その中で「介護離職」や「介護士不足」といった様々な問題が浮上してきています。

実際に私の身の回りでも「介護」が必要なケースが発生した事がありますが、正直なところ中々に大変な問題ではありました・・・

そこで今回は高齢化社会の「介護」という問題について考えてみました。

「介護離職」と「介護士不足」について

冒頭でもご紹介したように、現代日本は少子高齢化時代の真っただ中です。

そんな世の中ですから、家族の介護が必要となる状況も多く発生し、家族の介護のために仕事を辞めることを余儀なくされる、「介護離職」というケースも年々増加し、日本全体として大きな経済損失となっているようです。

介護離職で経済損失6500億円、受け皿整備費の13倍…経産省試算

家族の介護や看護を理由に仕事を辞める介護離職について、経済的な損失が年約6500億円に上るとの試算を経済産業省がまとめた。年間約10万人にのぼる介護離職は、収入源を失って離職者の生活が脅かされるだけでなく、企業などの経済活動への影響も深刻なことが明らかになった。

引用:YOMIURI ONLINE「yomiDr.(ヨミドクター)」より

介護施設も順番待ち・・・

私の家でも以前、祖母の介護の必要が発生したのですが、その時は専業主婦であった母が中心になって介護にあたったため、「介護離職」の必要はありませんでした。

しかし仕事をしていなかったとはいえ、介護は心身ともに大変な負担であったようです・・・

また最終的には自宅での介護が困難な状態になり、介護施設を探すこととなったのですが、施設はどこもいっぱいで、入居までかなりの期間を必要としました。

日本政府は2018年現在「介護離職ゼロ」を掲げて特別養護老人ホームなどの受け皿整備を急いでいるようですが、私の家族と同じように介護施設の順番待ちになり、介護が家族の大きな負担となるケースは非常に多く、その傾向はもうしばらくの間、続くようにも思われます・・・

介護士不足も深刻で、待遇も改善の必要がある

「介護離職」が多発し、介護施設も順番待ちといった状況であるのに、介護士不足も深刻な問題となっています。

現在介護士として働いている方でも、介護の仕事を辞めたいと思っている方は決して少なくはなく、業界全体として介護士の待遇改善が課題となっているようです。

介護職員の不足 待遇改善が喫緊の課題

敬老の日の前後には、超高齢社会ということもあり、介護についての報道がありました。介護職員などの労働組合「日本介護クラフトユニオン」の調査で、月給制で働く介護職員の14%が、介護の仕事を辞めたいと思っている、ということです。

引用:BLOGOSホームページ

給与や休みの交渉をしてくれる介護求人・転職情報サービス

近年は、介護士の求人・転職情報サービスも非常に多彩な種類があります。

しかし、施設側と給与や休みなどの待遇面を交渉してくれる、求人・転職情報サービスがあるのはご存知でしょうか?

直接施設側と交渉しづらい事でも、そういった求人・転職情報サービスを利用する事でストレスなく交渉を進めていくことができます。

最大20万円のお祝い金、担当者による給与や休みの交渉ありの介護求人・転職情報サービス「リッチマン介護」

リッチマン介護は、

日本最大級の求人数を誇る介護求人・転職情報サービスです。

・厚生労働省認可

・無料でサービスを利用可能

・面接ごとに交通費2,000円支給

・担当者による給与などの待遇の交渉あり

・最大20万円のお祝い金進呈

・月給40万円以上の求人が多数

といった点に特徴があり、

・担当による給与交渉により、年収が80万円以上アップした

・年休が120日で残業が全くない職場を探してもらう事ができた

といった例も多数あるようです。

リッチマン介護は、介護士の待遇向上のために積極的に動いてくれる、介護求人・転職情報サービスです。

アドバイザーにより給与や休みの交渉ありの転職支援サービス 「きらケア介護求人」

介護の求人・転職・募集なら【きらケア】は、

・サービスの利用は全て無料

・業界に特化したアドバイザーが転職活動をサポート

・施設内の人間関係や評判など、一人では知ることが難しい情報も充実

・面接の予定調整、待遇面の交渉など、様々な面をサポートしてくれる

・自分では行いづらい待遇交渉も、アドバイザーが代わりに行ってくれるので安心 

・就業後も専任スタッフが悩み相談などのアフターフォローをしてくれる

といった特徴のある介護士向けの転職支援サービスです。

自分から施設側には言いづらい、給与や休みなどの待遇面の交渉も、

介護の求人・転職・募集なら【きらケア】

のようなサービスを利用する事でアドバイザーが代わりに行ってくれるので、安心して転職活動を行う事ができます。

まとめ ~専門のアドバイザーに相談し、より良い待遇を手に入れましょう~

今回は、日本全体として問題になっている介護の話題や、介護士の待遇面の改善に力を入れている求人・転職情報サービスなどについてご紹介してきました。

やはり自分からは施設側に言いづらい事でも、アドバイザーなど専門の第三者を介すことにより、スムーズに話を進める事ができます。

もし現在介護士をされている方で現在の待遇や環境に不満をお持ちの方や、これから介護士になりたい方は、今回ご紹介した

リッチマン介護

や、

介護の求人・転職・募集なら【きらケア】

のような、給与や休みなどの待遇面での交渉を施設側と行ってくれるような求人・転職情報サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする