私の仕送りは多い?少ない?平均は?バイト探しや洋服選びにおすすめのサービス

スポンサーリンク

特に大学生などにとって貴重な生活費のひとつとなるものに

仕送り

があります。

しかし近年、親からの仕送り額は減少傾向にあるようです。

今回は、

・大学生の仕送りや生活費

・節約

などに関する話題です。

みんなの仕送り額は?

まず、近年の大学生の仕送り額はどうなっているのでしょうか?

各家庭、仕送り事情は年々厳しくなるばかり・・・

2018年に行われた調査によると、

私立大学学生への仕送り額は、月平均83,100円

となっており、

過去最低を記録

した事が明らかになっています。

ちなみに、

この仕送り額は家賃込み(平均6万2,800円)の金額

で、

・仕送り額から家賃を除いた生活費は23,000円
・1日あたり換算で677円

と、こちらも過去もっとも低い水準となっているようです。

さらに、

入学費用の借入額は過去最高の199万円

を記録しており、

9割以上の家庭が費用負担を「重い」

としているなど、各家庭の厳しい状況がこれでもかとばかりに窺い知れる結果となっています・・・

私立大学学生への仕送り額が、月額8万3,100円と過去最低を記録したことが2019年4月3日、東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)の調査結果から明らかになった。一方、入学費用の借入額は過去最高の199万円となり、9割以上の家庭が費用負担を「重い」とした。

引用:ReseMom.『私大生の仕送り額、過去最低8万3,100円…9割以上の家庭「負担重い」』より

本当に景気拡大してるのか・・・?

内閣府は、

景気拡大が高度成長期の「いざなぎ景気」を超えて、戦後2番目の長さになった

などという発表もしているようですが、この結果を見る限りでは本当に景気が拡大しているとは思えないですよね・・・

少なくとも多くの一般家庭には景気拡大の恩恵が届いていないようにも思われます。

2012年12月から続く景気拡大局面が高度成長期の「いざなぎ景気」(1965年11月~70年7月、57カ月)を超えて、戦後2番目の長さになったと認定した。

引用:SankeiBiz『景気拡大、いざなぎ超え認定 内閣府 今月で戦後最長と並ぶ73カ月に』より

余談:私の大学生時代の仕送り

ここで少々余談になりますが、私の大学生時代の仕送りは、先ほどご紹介した月額83,100円よりは多かったと記憶しています。

あと家賃が平均額の62,800円よりはかなり安かったので、そういった意味では生活費に割ける仕送りは先ほどご紹介した調査よりかなり多かったはずです。

ただ、音楽なんぞをやっていたばっかりに、しょっちゅうお金に困っていた記憶はあります(苦笑)

機材費とかそれなりにバカにならないですしね~・・・

節約生活の注意点

いずれにせよ仕送り額が少なくてて生活が苦しい場合、当然

節約

をせざるを得ません。

炭水化物ばかり食べていると体調を崩す?

節約に関してですが、下記の記事をみると、

焼きそばは安くて、100円で3食食べられる

などといった学生のコメントが紹介されています。

こちら冷蔵庫、スカスカなんですけど。焼きそばは安くて、自分で焼いて、100円で3食食べられるので。

引用:FNN PRIME『「1日の生活費677円」大学生の仕送りが過去最低に』より

ちなみに私の場合は、お米にだけは困らなかったので、腹が減っていた、みたいな記憶はあまり無いです。

たしかに「焼きそば」は安いですし、その他にも「うどん」「そば」「パスタ」「ラーメン」あたりも安くてお腹がいっぱいになるので節約生活においては便利と言えば便利です。

ただし、

偏った食生活をしすぎて味覚障害みたいになってしまったことがある

という学生のコメントも紹介されていましたが、これは間違いなく本当です(苦笑)

一回、偏った食生活をしすぎて味覚障害みたいになってしまったことがあって。オレンジやレモンの酸味を全く感じなくなった時があって。それ以降、健康も大事にしようと思っています。

引用:FNN PRIME『「1日の生活費677円」大学生の仕送りが過去最低に』より

私も「米」「うどん」「そば」「パスタ」「ラーメン」などをロクな具材も入れないままに毎食ローテーションしていた時期もありましたが、これは本当に体調を崩しますので、絶対におすすめしません。

なんか変な湿疹が出たりした事があります・・・

「もやし」でも「カット野菜」でもなんでもいいので、炭水化物ばかり摂取するのは絶対にやめましょう。

あと、個人的には「餃子」が安くてお腹いっぱい食べられるのでおすすめです(笑)

いずれにせよ、スーパーなどに遅めの時間に行けば割引されて売っている商品も多くありますので、近所のスーパーなどで割引が始まる時間をリサーチしましょう。

生活費を稼ぐと言えば「アルバイト」

やはり生活費を稼ぐと言えば、

アルバイト

が真っ先に挙げられる選択肢です。

そこでここからは、アルバイト情報が豊富なサイトをいくつかご紹介していきます。

都内飲食店アルバイト求人サイト「ペコリッチ」

【ペコリッチ】は、

都内飲食店のアルバイト情報を3000件以上掲載しているサイトです。

・下見に行けるタダ飯クーポン(一人5000円以上の普段いけない高級店の利用も可能)

・バイト探し「お祝い金」がもらえる

・友達紹介やSNS投稿で、最大5000円の紹介ボーナス

などといった特徴のある、アルバイト求人サイトです。

採用されたらボーナス最大1万円!「マッハバイト」

マッハバイトは、

・バイト採用から最短1日で最大1万円!最低でも5,000円!が貰える「マッハボーナス」

・業界最大級、210,000件以上のアルバイト情報を掲載

などといった特徴のあるアルバイト情報サイトです。

最大15万円のお祝い金が貰える求人も!「ギガバイト」

ギガバイトは、

豊富な求人情報の中から複数一括で応募することのでき、「最速」「最適」のアルバイト探しを売りにしたアルバイト情報サイトです。

・気軽に稼げる短期・単発バイトから、スマホで3分で稼げるモニターバイトまで、求人の種類が豊富

・対象者全員が最大15万円のお祝い金を貰える求人あり

などといった特徴があります。

学生に必要な「私服」、洋服にこだわりたいならレンタルが安い?

先ほどご紹介した記事の中に、自由に使えるお金があったら、

「1万円分のメイク道具を一気に買いたい」

などといった学生のコメントがありました。

さらに、自由に使えるお金があったら何をしたいかと聞くと、「高級焼肉をたらふく食べたい」「1万円分のメイク道具を一気に買いたい」という答えがあった。

引用:FNN PRIME『「1日の生活費677円」大学生の仕送りが過去最低に』より

皮肉などではなく、慎ましい願い過ぎてちょっと悲しくなってきますね・・・

まあそれはさておき、

大学生の場合、毎日学校に来ていく私服が必要

ですが、特に女子大生などは洋服代もバカにならない額になり、生活費を圧迫する事も多いかと思います。

そんな生活の中で、

本当はファッションにもっとこだわりたいのに、予算がない・・・

と思っている方も多いものと思われます。

定額制の洋服レンタルサービスとは?

しかし近年注目されているサービスに

定額制の洋服レンタルサービス

があります。

定額制の洋服レンタルサービスを利用する事で、

・毎月決まった予算で自由に洋服を選ぶ事ができる

・「いつも同じ服を着てる!」と思われる心配がない

などといったメリットがあります。

月額制オンラインファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」

airCloset(エアークローゼット)は、

会員数22万人を突破した、メディアなどでも多数取り上げられている今注目のファッションレンタルサービスです。

毎朝クローゼットを眺めながら、「着ていく服がない!」と困っていませんか? 「洋服はあるのに、着ていくものがない」というストレスから解放され、毎日納得のいくスタイリングで出かけられたらいいですよね。

そんな悩みの応えてくれるのが、月額制ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」。

登録すると、スタイリストが自分のために選んでくれた洋服を、レンタルできるというもの。テイストやブランドなど、自分の好みをカルテに記入しておくことで、手持ちの洋服とも合わせやすいアイテムを届けてくれます。

引用:exciteニュース『毎朝の服選びがキマる!定額制の洋服レンタル「エアークローゼット」が便利』より

airCloset(エアークローゼット)は、

・ テレビや雑誌などで活躍するスタイリストが洋服を選んでくれる

・ 定額制で洋服が借り放題

・洗濯いらずで、汚れも気にしなくてOK

などといった特徴のある、「ムダな買い物とおさらば」できるファッションレンタルサービスです。

■利用料金

【レギュラープラン】
・月額9,800円で何回でも借り放題
・洋服を汚してしまったときの保証付き

【ライトプラン】
・月額6,800円で月一回(3着)の交換が可能

スタイリスト付きの月額制ファッションレンタル「Rcawaii(アールカワイイ)」

【Rcawaii】は、

・サービス開始から1年間で会員1万人を突破

・コーデ満足度96%

・1ヵ月15万円以上もお得

などといった特徴のあるファッションレンタルサービスです。

■利用料金

【スタートプラン】
・月額9,980円で月に最大12着が借り放題
・1回の発送で3着
・何度でも交換可能

【シルバープラン】
・月額19,980円で月に最大24着が借り放題
・1回の発送で6着
・何度でも交換可能
・汚しても安心保険
・同時交換サービス

【プラチナプラン】
・月額50,000円で月に最大48着が借り放題
・1回の発送で12着
・何度でも交換可能
・汚しても安心保険
・同時交換サービス

【月イチ定期プラン】
・月額6,800円で月に1回交換OK
・初月は2回着れる
・1回の発送で3着

まとめ

今回は、

・大学生の仕送りや生活費

・節約

などに関する話題をご紹介してきました。

年々少なくなっている親からの仕送り事情ですが、その反面、生活費などの出費を抑えるためのサービスは年々充実してきている印象もあります。

そういったサービスなどを上手に利用しつつ、ただの節約生活ではない、楽しい学生生活を送ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする