AGA(男性型脱毛症)とは?進行する、遺伝するって本当?遺伝子検査方法は?

世の中のほとんどの男性がなりたくないであろう症状に、

AGA(男性型脱毛症)

があります。

・遺伝する

・進行する

など、様々な話題が尽きることのない「AGA」ですが、今回は、

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAは進行する、遺伝するのは本当か?

などに関する話題です。

AGA(男性型脱毛症)とは?

まず、

AGA(男性型脱毛症)とは何なのか?

についてですが、

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

によると、「男性型脱毛症」を表す英語に、「male pattern hair loss」や「androgenetic alopecia」があり、このうち「androgenetic alopecia」の略が、「AGA」であるようです。

日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約30%とされている

さらに、AGAについてもう少し具体的に見ていきますと、

・毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり、休止期にとどまる毛包が多くなることを病態の基盤とする

・前頭部や頭頂部の頭髪が、軟毛化して細く短くなり、最終的には頭髪が皮表に現れなくなる現象

・日本人男性の場合には、20歳代後半から30歳代にかけて著明となり、徐々に進行して 40 歳代以後に完成される

・日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約30%で、20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%と、年齢とともに高くなる

などとされています。

全年齢平均で、日本人男性の3人に1人はAGAを発症するという事になりますので、これはかなり恐ろしい症状であると言ってよいのではないでしょうか…

 男性型脱毛症とは,毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり,休止期にとどまる毛包が多くなることを病態の基盤とし,臨床的には前頭部や頭頂部の頭髪が,軟毛化して細く短くなり,最終的には頭髪が皮表に現れなくなる現象である.

この病態は男女を問わず同一で有り,休止期脱毛と異なり,パターン化した脱毛が特徴である.

日本人男性の場合には 20 歳代後半から 30 歳代にかけて著明となり,徐々に進行して 40 歳代以後に完成される.25 年前の本邦における男性型脱毛症の統計から,日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約 30%と報告されている.

この発症頻度は現在もほぼ同程度であり,20 代で約 10%,30 代で 20%,40 代で 30%,50代以降で 40 数%と年齢とともに高くなる.

引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

読み方は「エージーエー」

また、読み方は「エージーエー」との事です。

少々余談になりますが、以前の私は「アガ」と読むのだと思っていました・・・(苦笑)

実は意外とそういう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そして、私は今でもその癖が抜けないところがあります・・・

AGAは、進行性?

ところで、都市部においてよく電車などの公共交通機関を利用する方は、

AGAは、進行性

という文字の書かれた、

AGAスキンクリニック

の看板を見たことがある方も多いのではないでしょうか?

薄毛が気になり始めた方々にとってはどうしても無視しきれない看板ではないかと思われますが、この看板に記載されている、

AGAは、進行性

というのは本当なのでしょうか?

「AGAは徐々に進行する」とされている

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

においてもやはり、

思春期以降に始まり徐々に進行する

男性型脱毛症(male pattern hair loss,androgenetic alopecia)は思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症である.

引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

とされています。

残念ながら一度始まったAGAは、途中で収まったりする事なく進行していくのは事実であり、いつかは落ち着くと思って放置していると、取り返しのつかない事態になる可能性は極めて高そうです。

AGAは遺伝する?

また、よく目にする情報に、

AGAや薄毛は遺伝する

とうものがありますが、この情報は正しいのでしょうか?

「AGAの発症には遺伝も関与する」とされている

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

に記載されている情報によると、

男性型脱毛症の発症には遺伝と男性ホルモンが関与する

とされており、

AGAの発症には遺伝も関与しているのは、残念ながら事実

であるようです。

男性型脱毛症の発症には遺伝と男性ホルモンが関与するが,遺伝的背景としては X 染色体上に存在する男性ホルモンレセプター遺伝子の多型や常染色体の 17q21 や20p11 に疾患関連遺伝子の存在が知られている.

引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

AGAが遺伝しているか調べる方法は?

ここまで、

AGAは徐々に進行する

AGAの発症には遺伝も関与している

などといった情報についてご紹介してきましたが、もしAGAのリスクがあるという場合、早めに対策を講じておけば、AGAの進行をできるだけ食い止める事ができる可能性もあります。

それでは、

AGAが遺伝しているか調べる方法

にはどのようなものがあるのでしょうか?

解析正確率99.99%!GENETIST「AGAリスク遺伝子検査」

近年では、AGAや薄毛のリスクを調べるための遺伝子検査キットは市販されているようです、

GENETIST「AGAリスク遺伝子検査」は、

解析正確率99.99%

とされる遺伝子検査キットです。

遺伝子検査付き育毛剤「Persona(ペルソナ)」

また、

遺伝子検査付き 育毛剤【Persona(ペルソナ)】

という商品も存在しているようです。

遺伝子検査付き 育毛剤【Persona(ペルソナ)】

は、

・専門家により薄毛関連遺伝子を検査

・遺伝子検査結果から薄毛リスクを評価

・購入者に最も適した成分を配合した育毛剤を選定

といった手順を踏んでから育毛剤をお届けするという、従来の育毛剤とは明らかに一線を画す、非常に手の込んだ育毛剤お届けサービスです。

AGAの遺伝子検査を行っている「TOMクリニック」

AGAの遺伝子検査を行っているクリニックには、

AGA治療専門のTOMクリニック

があります。

引用:AGA治療専門のTOMクリニック

AGA治療専門のTOMクリニック

は、薄毛治療薬の内服や外用などといった一般的な治療はもちろん、

・自毛植毛

・PRP療法

など、近年注目されている最新の薄毛治療も行っており、幅広い選択肢から薄毛治療に関する相談を行う事が可能です。

AGAの治療、おすすめの方法は?

AGAの治療方法には非常に多彩な種類があり、どの方法を選択すべきか悩まれる方も多いかと思います。

まず、基本的には専門医に相談するのがより確実性の高い方法ではありますが、

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

を参考に、奨められている主なAGA(男性型脱毛症)の治療方法をご紹介しますと、

・フィナステリドの内服:A(行うよう強く勧める)

・ミノキシジルの外用:A(行うよう強く勧める)

・デュタステリドの内服:A(行うよう強く勧める)

・自毛植毛:B(行うよう勧める)

などとなっています。

※引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

・フィナステリドの内服:A(行うよう強く勧める)

・ミノキシジルの外用:A(行うよう強く勧める)

・デュタステリドの内服:A(行うよう強く勧める)

・自毛植毛:B(行うよう勧める)

については下記の記事でご紹介していますので、よろしければ参考にしていただけますと幸いです。

「フィナステリド」関連記事

薄毛治療にも非常に数多くの種類がありますが、その中でも比較的有名だと思われる成分のひとつに、 プロペシア(成分名:フィナステリ...

「ミノキシジル」関連記事

薄毛対策として比較的有名だと思われるものに、 ミノキシジル があります。 しかし、この「ミノキシジル」には副作用の...
薄毛に悩む日本人の推定人口は、 ・男性1300万人 ・女性600万人 とされています。 男性1300万人、女性6...

「デュタステリド」関連記事

AGA治療にも本当に数多くの種類があります。 ・ミノキシジル ・プロペシア(フィナステリド) などはAGA治療にお...

「自毛植毛」関連記事

多くの日本人が悩んでいる切実な問題の一つに、 薄毛 があります。 薄毛に悩む日本人の推定人口は、 ・男性1300万人...
別記事、 では、 ・自毛植毛とは? ・自毛植毛の施術方式の種類 ・株(グラフト)とは? などに...

まとめ

今回は、

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAは進行する、遺伝するのは本当か?

などに関する話題についてご紹介してきました。

残念ながら、

AGAは徐々に進行する

AGAの発症には遺伝も関与している

というのは事実と見て間違いなさそうです。

もし、

AGAリスクに不安を感じながら生活している…

最近、生え際が怪しい…

絶対にハゲたくない…

などという方は、早めにリスクを調べ、場合によっては対策を講じておくのが、AGAの進行を食い止める理想的な選択肢であるように思われます。

「フィナステリド」関連記事

薄毛治療にも非常に数多くの種類がありますが、その中でも比較的有名だと思われる成分のひとつに、 プロペシア(成分名:フィナステリ...

「ミノキシジル」関連記事

薄毛対策として比較的有名だと思われるものに、 ミノキシジル があります。 しかし、この「ミノキシジル」には副作用の...
薄毛に悩む日本人の推定人口は、 ・男性1300万人 ・女性600万人 とされています。 男性1300万人、女性6...

「デュタステリド」関連記事

AGA治療にも本当に数多くの種類があります。 ・ミノキシジル ・プロペシア(フィナステリド) などはAGA治療にお...

「自毛植毛」関連記事

多くの日本人が悩んでいる切実な問題の一つに、 薄毛 があります。 薄毛に悩む日本人の推定人口は、 ・男性1300万人...
別記事、 では、 ・自毛植毛とは? ・自毛植毛の施術方式の種類 ・株(グラフト)とは? などに...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする